[PR]

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

僕等がいた(ベツコミ Betsucomi 2011年3月号)

B004KZHF04Betsucomi (ベツコミ) 2011年 03月号 [雑誌]
小学館 2011-02-12

 あたし最初からこんなに強くない

 強くなったのは
 矢野に出会ったからだよ

 矢野があたしを強くしたんだよ

3月号読みました。ネタバレありです。
(今回のあらすじは下の「Read More」をクリックしてください)




前回、イキナリ矢野が七美宅に行くという急展開で「またベロベロに酔っぱらってる状態じゃないの~」と思われた今回…
「帰る家間違えた」とかいいつつ足元はフラフラ。
やっぱり矢野、酔ってる~~!!

いつもの展開か~(;-ω-) =3 ハァ~


と思いきや、その後マジメな話もできたし会話で口調もしっかりしてるし…やっぱりシラフ(お酒の入ってない状態)だった!?
だとしたらあの『酔って間違えちゃった☆』な演技はうまいよね~(・∀・)
隣近所ならまだしも、けっこう離れたしかも一度も訪れたことない家を間違うなんてないもん。
みえみえなんですが~。
なんか今までも女の子に家に押し掛ける時に使ってそうでイヤだ(笑)

でもそこまでしないと、素直に七美に会いに行けないってのが…
矢野のあの『今は別の道を歩んでるから~』な態度は七美に対しての表ヅラや負い目もあるけど、自分の本心は隠していたいんだよね。

でも今までも七美に自分の気持ちを伝えるチャンスが幾度とあったのに肝心なところで去って(逃げて)しまってたけど、今度はちゃんと向き合って伝えたよね。
「本当は引き留められても良かった 5年前のあの時!!」って。
引き留めて欲しかった、なんて男なのにちょっと情けない告白。
だけども、女の子にそんな情けない自分をみせるのってすごく勇気がいるよね。
男だからいつも引っぱって行かなきゃならない。強くなくてはならない。
そんなプレッシャーが矢野を苦しめてたなら、本当の自分を隠さずにそのまま相手にぶつければいい。

だからやっと七美もその気持ちにこたえることができた。
自分は最初からこんなに強くない。強くなれたのは矢野に出会ったからだって…

ようやくふたりの気持ちは通じ合えた、と思う。

有里の存在だけを残して…


有里の母親がもう危篤だと知って、矢野は駆けつけるだろうと思う。
そしてその後、彼はどうするんだろう。
有里の傍に居たのは、母親を支える有里のため、そして支えることで正当化していた自分のため。
矢野にその必要がなくなってしまったら…

父親とも和解してない有里。
母親がいなくなって矢野も自分から去ってしまったら独りぼっち。
『何かにしがみついていないと 崩れ落ちてしまいそうな気がして』
母親の危篤を知ってとっさにケイタイから矢野に連絡を入れていた有里。
彼女にとって、頼れる人は矢野だけ…

う~ん。。苦しいね(´;д;`)
それぞれの想いが強過ぎて錯綜してしまって。
七美の言葉通り、「何が最善なんてわかんない」よ。
時間が解決するならこんなに悩まなくてもいいのに…


betsucomi2011_31furoku.jpg
今月号の付録。メモです。
betsucomi2011_32furoku.jpg
キャラのイラスト入りでこんな感じです。

「イズモがゆく。」
今回は柴犬エドくんのエピソード!
日本犬の、モノが欲しい時の飼い主へのチラ見(奥ゆかしさ?)とあのツンデレぶり。。わかる~わかるわぁ~~。
あのそっけなさがたまらんのです(*ノωノ)
イズモくんとの温度差がまたまたイイ感じ。

「ココロ・ボタン」
ニーナ、古閑くんをストーキング( ̄▽ ̄;)
あんなの聞いたらわからんでもないけどね(笑)
知らない内にまた新キャラが…古閑くんの家庭事情をよく知ってそう。何か訳アリっぽい!?


僕等がいた」次回掲載は4月号(3月12日発売)です。
次号は表紙&カラー!さらにクリアファイルの付録がつきます♪

*関連エントリー
僕等がいた(ベツコミ1月号)
僕等がいた(ベツコミ11月号)
僕等がいた(ベツコミ9月号)
僕等がいた(ベツコミ7月号)
僕等がいた(ベツコミ5月号)
僕等がいた(ベツコミ4月号)
僕等がいた(ベツコミ3月号)
僕等がいた(ベツコミ2月号)
僕等がいた(ベツコミ12月号)
僕等がいた13巻
僕等がいた12巻
[Blogカテゴリ] 僕等がいた
*僕等がいたデジタルHR


雪の中、七美の家に矢野が訪れる。
「…ど どうしたの?こんな時間に とりあえず寒いから入っ…」
「ごめん 間違えた」
「は?」
「帰る家間違えたみてぇ ワリィ!」
そう言って酔ってフラフラしながら(演技?)帰ろうとする矢野。
七美はその後を追いかける。
温めたたいやきをベンチで食べるふたり。

『間違えてウチ来たってことは…かなり酔ってんのかな』
矢野によると独りでバーで飲んでいたと…

『…なんとなく 今日は柔らかいね お酒のせい? それとも 雪の…』

「雪って味あるの? 東京の雪は不味い」
「ホント?」
矢野のマネして降ってくる雪を食べる七美。
それを見て笑う矢野。

『胸が しめつけられる笑顔があるって 思い出したよ』
『なぜ時間を 止められなかったのかな』

「…おまえさ 溺れてるんだって?」
「…え?」
「…タケが言ってた」
「……お酒に?」
ズッコケる矢野
「えっそれともあれかな あたし水泳得意じゃなくて小4の夏に…」
「や もういいワ」
そう言って立ち上がろうとする矢野に待ってとしがみつく七美。
「ねえ…それって 答えによっては何か変わるのかなあ?」

『何か 変わるの?』
有里の顔が浮かぶ。

「やっぱいいっ!!今のナシっ!!」
「大丈夫に決まってんじゃん やだなーもー」

『ズルい考えはナシ!! 矢野に対してはブレたくない』

「そんなヤワじゃないよ てゆーか矢野は今は自分のことだけを考えて大丈夫!!」
笑顔の七美にふっと笑う矢野。
「変わってねえなぁ~おまえ 5年前とおんなじ」

(矢野 もし必要だったらお母さんについて行ってあげて あたしに構わずよおく考えて あたしは大丈夫!!)
5年前、東京に行く前の矢野への言葉を思い出す七美。

『あ ああ あの時もあたしが矢野を 送り出したんだ』
『そして 変わらない 真っすぐの瞳で また あたしを試した 結果はいつも同じ』

「矢野にとって 幸せって何?」
降ってくる雪を手で握りしめ、手を開く矢野。
「…雪みたいなの」

『不安で 不安でずっと』

「今夜がヤマです」
「朝まで持たないと思うので ご家族の方がいらしたら呼んであげてください」
病院で主治医にそう伝えられ驚く有里。
「…今晩 死ぬって事ですか…?」
「…?そういうことです」
その言葉を聞いてふらつく有里。
ケイタイに手をのばす。

『何かに しがみついていないと 崩れ落ちてしまいそうな気がして』

矢野の元に着信が。
冷静にそれを見て「行かなきゃ」と矢野。
「…うん」
七美も引き止めない。

『本当はね 後悔したよ』
『矢野を送り出す決意をした後 たくさんたくさん けどね 後悔することを後悔しないって決めたから』
『だって何が最善なんてわかんない 今だってわかんない』

振り返る矢野。
「本当は 引き留められても良かった 5年前のあの時!!」
「おまえ どうしていつも そんなに聞き分けいんだよっ」
「どうしてそんなに強いんだよっ」
涙が溢れる七美。
「…あたし最初から こんなに強くない…強くなったのは…」
「矢野に出会ったからだよ」

矢野の目にもひとすじの涙が流れ、思わず七美を抱きしめた。

『矢野があたしを強くしたんだよ』
関連記事

| 僕等がいた*コミック | コメント(11) | トラックバック(0)| | TOP↑

COMMENT

更新久しぶりですね!お疲れ様です。
今回はいい話でしたね、これからの展開に期待です!!

| Crystal | 2011/02/16 20:45 | URL | ≫ EDIT

もうすぐラストなのかなぁ~?!

こんばんは☆彡ちびさん。最新号・・・。私も最初ちびさんと同じ感想を抱きました。でも、向き合って話せて良かったです。七美の笑顔を「胸がしめつけられる笑顔」と表現した矢野。これまで矢野は女性から頼られること、依存してもらえることに自分の存在価値を見出してきたけれど、七美は、いつでも逆で、自分が依存する方に回ってしまう。どうしても何があっても手放したくなかった大切な聖域を手放してしまうことになってしまったんですよね。矢野は、自分は誰かに(女性)に依存されることでしか満足できないと自分で悟っていたのかも知れないですね。おそらく七美の笑顔だけが矢野の胸を締め付けることができる唯一の存在だったと感じますし、自分が甘えられる存在なのも七美を置いて他いなかったと思います。おそらく今後も七美の他にはあらわれないと思います。

どうして、5年前引き止めてくれなかったんだ?!と母親を見捨てられなかった自分も確かにいたのに矛盾している問いかけでしたが、本音は「行かないで、傍にいて」と引き止めてほしかったのでしょうね・・・。そして矢野は、初めて知ることになります。七美は強いんじゃないと。最初から強くなかったけれど、矢野とであって強くなったと。矢野と出会い、矢野を好きになるには、どうしても強さが行ったのでしょうね・・・。恋人に裏切られた後亡くなられ、母親にはいつも父親の代わりの様な目で愛情を注がれ「女って信用できない」という概念が七美と出逢い交際したことで初めての感情を沢山知っていったのでしょうね・・・。七美と同じように。もしかしたらそれ以上に。続きが楽しみです。感情のままに矢野は七美を抱きしめたけれど・・・その後の展開はどうなるのでしょうか?
ドキドキしますね~(o^∀^o)♪

ところで絵柄(イラスト)がペン書きのように雑と言ったら表現がキツくなりますが、違和感を抱く絵柄だったと感じました。(^_^;)

君に届けのアニメもそして別マもとっても良いですよ~♪

アニメより原作漫画が勿論良いですが・・・「俺の好きとは違うね・・・」のシーンにはキュンときました。

別マは今沖縄に修学旅行中です^m^♪

それでは、また。2月のいよいよ下旬に入りますが、その日の気温の高低さに翻弄されている感じがして、体調管理が難しいです。ちびさんも昨年末は、ご体調がよろしくなかったとの事でございますし、どうぞご自愛なされて下さいね~♪

犬関係の小説ですか?探してみますね~^m^♪

| キャラメルアイス | 2011/02/17 21:47 | URL | ≫ EDIT

キャラメルアイスさん

どうしても気になることがあったので
横入りのレスで申し訳ありません。

「胸が締めつけられるような笑顔」
とは七美の笑顔のことなんですか?!
この台詞の前に矢野の、まるで高校生のときのような笑顔があった(台詞の横にも描写あり)ので
矢野のだとばかり思ってました!
もし良かったら七美だと思われた理由を教えていただけませんか?

| えむ | 2011/02/18 13:35 | URL | ≫ EDIT

sariです。
返信ありがとうございました。
えっと‥
ちびさんに直接メールってどうすればできますか??

| sari | 2011/02/19 19:04 | URL | ≫ EDIT

少々テンション↘です

ベツコミ3月号読みました。

まず最初に謝っておきます。
ごめんなさい。
けっこう暴言です。




ガッカリした。

今月号の『僕等がいた』掲載内容に。
そして矢野に。

もはやお約束となってしまった隔月掲載。
だからこそ、前月号のネット予告『長編で掲載』に期待していたのですよ。
それが24ページしかない上にほぼ下描き状態って…

小畑先生、どうしちゃったんでしょうね。
長期休載前には持病の腰痛の通院だと仰っていたのが、
連載再開時には家族の事情とか何とかにすり替わってましたが。
再び休載なんて事態になったとしたら、もう以前の様にひたすら待ち続ける自信が今の私にはありません。


と…言ったところでどうにこならない文句をたれてしまい、ご挨拶が後になってしまいました。
ちびさん、お久しぶりです。黒糖です。

前回は、まっすぐに切り込むアキと図星をさされて殻に籠ろうとする矢野が対照的で、
竹内に愚痴るアキを見て、どうせ矢野は愚痴る相手さえなく独りウジウジするんでしょと思っていたのですが…
まさかまさかの意外な行動に出ちゃって!

正直、今月号の発売が待ち遠しかったです。
久々でしたよ、そういう「ウキウキ」した感じが。

それが帰る家間違えたって…
あなた、ピンポン押したでしょ?
自分ちならピンポンしないでしょ?
自分の方からやって来ちゃった事への苦しい言い訳かしら。

以前、七美とアキが酔いつぶれちゃった時おんぶして送りとどけたから場所は憶えてたんでしょうね。
でも、矢野酔ってないですよね。
アキと言い合った後、かなり時間が経ってるように思われるけど…
飲んでないとすると、それまで何してたんだろう?
散々さまよい歩いた結果に向かった先が七美の部屋だったって事?

雪が舞い落ちる中、たいやきを食べる二人。
落ちて来る雪を舌でキャッチしてはしゃぐ二人。
こういうトコだけ見てると、釧路にいた頃の二人と何も変わってない。
それが読者を余計に切ない気持にさせる。

『ズルい考えはナシ!! 矢野に対してはブレたくない』

七美のこういう姿勢も、一貫してずっと同じ。
でも、昔は七美もけっこうズルいトコあったと思う。
それが一つ二つと何かを乗り越えるたびに、今の七美になって行ったんですよね。
あの七美の想い…

── あたしの願いは矢野の願いがかなう事 ──

こんな七美の想いを知る由もない矢野は、ついにあんなセリフ吐いちゃいました。

「本当は 引き留められても良かった 5年前のあの時!!」

これ、矢野はずっと口にしなかったけど、ホントはいつも心の中で燻ってたんじゃないだろうか。
キツいようだけど、私から言わせればこのセリフは責任転嫁以外の何物でもないと思う。
あの時七美が引きとめてくれたら、自分達は今、こんな事になってなかった筈…

ズルいだろ、矢野。
(しかもアナタが東京に行くの行かないので迷ってたのって、5年前じゃなくて6年前の事だから!)
あまりにも人と違った境遇で育ってきた事や、同じ様なタイプの女性と関わった事。
そういう事を考慮に入れても、他人の気持ちを推し量れない矢野に今回は今までにないくらい苛々させられましたよ。

泣いて縋りつかれることだけが〝必要とされている〟ことではないんだよ。
七美も竹内もアキも、矢野にとっては〝強い〟〝頼らない〟そういう種類の人間に見えてるんだろうけど、
彼等が笑顔の裏で、分別のある冷静な顔の裏で、叱咤激励する熱い表情の裏で、どれだけアナタを求め必要としているかなんて事、
わかってないでしょう?

最後に流れたアナタの涙。
気付いたの?
ホントに気付いてくれたのかな?

まだまだ山積みの問題ばかり。
予告によると何か〝大事件〟が待っているらしいですが…
正直に言うと、私すでに疲れちゃってます。
この先まだ、ひと波乱もふた波乱もあるのでしょうか。
早く穏やかな空気を感じたいものです。


最近は、矢野×七美 よりも 竹内×アキ を見る方が楽しみになりました。
あんな風に、男女でありながら自分の弱いトコを見せあえる関係。
それでいて、けっして傷をなめ合ってる訳じゃない、前向きな姿勢。
いいなぁ。
メインの2人がグダグダになってるだけに、あの美男美女が気になって仕方ない私でありました。

それでは次回にまた。
ひさびさに隔月じゃないですね。
期待しすぎない様に…でもやっぱり期待してしまう(結局かい!)

| 黒糖 | 2011/02/20 15:54 | URL | ≫ EDIT

えむさんへ

こんばんは☆彡初めまして♪ご質問の件ですが、ちびさんが書かれていらっしゃるあらすじを読ませていただき別コミとリンクして書き込みしておりましたが、えむさんが、思っていらっしゃいます通り、矢野が七美ではなく、七美が矢野に対しての
思いだと思います(>_<)すみません(滝汗)混乱させてしまいまして・・・。
でも、矢野も七美の笑顔に救われ、支えられてきたことは間違いないと思います。矢野は、これまで唯一の肉親である母親にも父親の代わりのようにしか想われていないと感じていて、初めて好きになった奈々も最初に関心を抱いたのは、奈々が彼から暴力を振るわれていたにも関わらず笑っているからで・・。七美に一度「俺は、いつも一番ほしい女に逃げられる」と言ったことがありましたが、自分だけを頼って縋ってくれた母親と奈々の愛情を一番ほしいと想っていたけれど、結局得られずというトラウマがあり、またこれまで大切な女性を守ることが自分の生きている意味だとさえ矢野は感じていたんだと思いますが、七美だけは自分を頼らず、自分の想いよりも矢野の想いを最優先する、そしていつもここにいるよと笑顔で初めて守ってもらえる、心から無償の真っ白な想いをダイレクトに自分に与えてくれる七美に戸惑いながらも、七美だけは失いたくなくて遠距離恋愛をしましたが、いざ離れて恐怖感と母親と同じような束縛(依存)感情を抱いていることに矢野は気づき、愕然としたり・・・依存されることで存在価値を見出しているけれど、実は、本当は守ってもらいたいという、無償の絶対的な安心感のある愛情がほしくて、でもそれは望んでも叶えられなくて、だからおそらく矢野の幸せは雪なんでしょうね・・・。温かく振り注ぐけれど、必ず消えてしまうものだと思っていて、でも七美の幸せは矢野の幸せだから、あの回答は七美としたら何とも言えない心境になりますよね・・・(^_^;)

実際矢野も一度別れて再び後夜祭で「俺の心をわしづかみにして・・・」と言っていたので、矢野にとっても七美の笑顔、存在そのものが胸をしめつけられる程の感情を抱くということはあるかと思います。

言い訳になっちゃいますが、今月の別コミは、上記にも書いておりますが、下絵みたいなあまりにも雑な絵柄でそこに目がいってしまったこともありまして・・・(^_^;)

| キャラメルアイス | 2011/02/21 00:16 | URL | ≫ EDIT

Crystalさんへ♪

コメント遅れてすみません!

のんびり更新してます♪
ちょっとスッキリしました。七美も矢野も自分の気持ちちゃんと伝えたし…
もう次の号が出てますね(^_^;)

| ちび | 2011/03/19 22:15 | URL | ≫ EDIT

キャラメルアイスさんへ♪

コメント遅れてすみません!

七美がすごく自分の意思をしっかり持ってるコで「他とは違う」と矢野も感じていて、だからこそ自分に関わって汚したくないという想いも持っていたのでしょうね。
何も辛い事を経験してないだろう七美に、一緒に背負わせるわけにはいかないって思って突き放してしまったけれど、七美にとっては矢野が一人で背負い込むのが一番辛いこと。
お互いをすごく想ってるだけに、すれ違ってしまっていたけれど今回はやっとその気持ちが通じあった気がしました。

「君に届け」13巻まだ買ってないや~(>o<)!
修学旅行ですか~なんかワクワクするなぁ~(//▽//)

今月号もう出ちゃってますが近日中にアップします(汗)
実写映画化が発表されましたね…もう読まれましたよね(-_-;)

| ちび | 2011/03/19 22:35 | URL | ≫ EDIT

sariさんへ♪

前に書いたアドレスに送って頂ければ届きますよ♪

| ちび | 2011/03/19 22:36 | URL | ≫ EDIT

黒糖さんへ♪

コメント遅れてすみません!

休載理由ですが、最初と段々状況が変わってしてしまったのかもしれませんね(あくまで推測なのですが)
でもちゃんとした理由が知りたいファンもいる事は確かで、如何なる理由でも公言して安心させて欲しいってのは私もあります。
理由がわかれば、原稿が遅れたりしても「大変なんだな」って理解が得られると思うんですよね。
でも家族の事となるとプライベートな事にも触れないとダメなので言えないっていう感じなのかも…?

矢野が『間違って』七美の家に来たのはズルいですよね~(^_^;)
酔ったのを装って言い訳して…なんで素直に「会いたかったから来た」って言えないんだろう。
黒糖さんが仰る様に「引き留められても良かった」発言もだけど、いつもそうやって後々言いだしたり、遠回しな事しか言えないから七美を不安にさせてしまう。

それに七美たちに一線を引いてしまったのは矢野自身。
七美や竹内やアキはいつでもオープンで迎えてくれていたのに…
矢野は矢野自身を自ら追いつめてしまってただけなんですよね。

今月号すでに発売中ですね(汗)
諸事情により手に入らなくて明日やっと読みます;
大事件はきっと有里関係なので読むのが怖いけど…(笑)

| ちび | 2011/03/19 23:00 | URL | ≫ EDIT

キャラメルアイスさんへ

まずはじめに、ちび様へ
何度もこの場をお借りして申し訳ありません。

そして、キャラメルアイスさんへ
いきなり名指しで疑問をぶつけたにも関わらず、
ご丁寧な返答をいただきありがとうございました。
御礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

休載中に「僕等がいた」という作品を知り、以来こちらを覗かせていただくようになったのですが

管理人のちび様をはじめ、常連さんたちの深い深い推察は毎回頭が下がる思いです。
皆さんのレビューを参考に何度も読み返していると、読むたびに新しい発見があり
ますます「僕等がいた」の世界にどっぷり浸っています。

今回の、矢野は七美の笑顔に救われてきた―も、4月号を読み、確かにその通りだなと感じました。
前月号の時点で気づいていた読解力は素晴らしいと思います。

物語はいよいよ最終回に向かってストスパートになりそうですね。最後まで楽しみましょう!

| えむ | 2011/03/21 19:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chibilog.blog16.fc2.com/tb.php/658-f25a2da3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。