[PR]

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

僕等がいた(ベツコミ Betsucomi 2011年1月号)

Betsucomi (ベツコミ) 2011年 01月号 [雑誌]Betsucomi (ベツコミ) 2011年 01月号 [雑誌]

 本当はね 愛したい

 誰よりも
 愛する要求の強い
 あなただから

Amazonで詳しく見る

1月号読みました。ネタバレありです。
(今回のあらすじは下の「Read More」をクリックしてください)






今回も重かった。と同時にイライラした~(^_^;)

「依存してくれる人間じゃないと~」「高橋は依存しない人間だから」と、七美と距離を置いた理由にしていた矢野。

その他もろもろの矢野の建前な粋がり?をアキがバッサリ。アキ男らしかった~!
自分の本音をズバリ言い当てられてしまった矢野は、アキとも距離をとろうと…
そうして自分の心の中に干渉してくる人間を寄せつけず、だんだんとひとりぼっちになってくんだ。
もうホント、しょーがない人間だなぁ矢野って…
誰も見てないところで独りで泣いて…
そんなことしても、自分の心のうちを見せないと誰も気付けないし、気付かないんだよ本当は。
(アキだって、電車に乗れなくなってると知ってようやく矢野の変化に気付いたし)
でもそんな人間でも気付いてくれてる人はいる。
竹内と七美。
矢野の事をいつも心配し、前と変わらず愛してくれてる。
幾ら嘘ついたり全然平気だよ~と笑ってみせても、2人はそれを見抜く。
かなりの矢野マスター(笑)

矢野は、自分の聖域とプライドのようなものを捨て切れない自分と戦ってたのかも。
七美から離れた理由は、やっぱり自分にある。
でもそれを七美が受け入れてくれるのかわからなくて怖い。
ずっと「高橋なんかもう好きじゃない」とか「前を見ろ」とか強がって…
最後、その聖域を飛び越えて七美に会いに行った。
あのモノローグのように、
『誇りも 冷静さも すべて捨てて』自分から会いに行った矢野。
今まで相手から行動を起こすのを、愛してくれるのを待ってた受け身ばかりの恋愛の仕方が、やっと自分から掴みに行かなきゃいけないと気付いた。
これはとても嬉しかったです。

でも次回そこでまた突き放すような事を言いだしたら…もうさすがに矢野の事見切っちゃうかも( ̄▽ ̄;)?

そして、有里のお母さん。
もしかして意識が戻るかも?なんて思ってたのに、葬式の準備…?。・゚・(ノД`)・゚・。
植物状態っていってもどういうレベルかわからないんですが、脳死で延命してるんだろうか。
それだと、家族の意志で延命装置を外す選択をしたってこと?有里が?
ちょっと考えられないけど…
でも奇跡的に回復して、有里と和解して欲しかったな。
あと、父親ともちゃんと話をしなくちゃね…

2011年は重大ニュースの発表もあるとか書いてました。
なんだろ…やっぱ実写化??

僕等がいた」次回掲載は3月号(2月12日発売)です。


*関連エントリー
僕等がいた(ベツコミ11月号)
僕等がいた(ベツコミ9月号)
僕等がいた(ベツコミ7月号)
僕等がいた(ベツコミ5月号)
僕等がいた(ベツコミ4月号)
僕等がいた(ベツコミ3月号)
僕等がいた(ベツコミ2月号)
僕等がいた(ベツコミ12月号)
僕等がいた13巻
僕等がいた12巻
[Blogカテゴリ] 僕等がいた
*僕等がいたデジタルHR


『だるまさんが 転んだ』

終電の電車にギリギリ乗り込む矢野と同僚。
花見の予定などで談笑する中、次の駅で突然矢野が降りた。
「…え? おいっ 終電だぞ~~~~~!?」
呼吸が乱れる矢野…

泊めてもらうため竹内の家へ。
「ぶり返した!? 大丈夫かよおい…っ」心配する竹内。
「別によくあることだからいちいち大ゲサにとらえんなよ~」
と布団に潜る矢野。
「なあ …おまえあれから 高橋にあったか?」
「なんでオレが高橋に会うんだよ 頭おかしいんじゃねーの?」
「……そうか」
『まだ行動起こしてねーのかな高橋 それとも オレが高橋に 伝え切れなかったのか』
『つうかやべえ…オレ こないだこいつに余計なこと言って もしやこいつのトリガー(引き金)引いた?』

オフィスでデスクの上の『たいやき』を見つめる七美
そこへアキ「ダイエットは明日から(ハート)悩まないで食べちゃおうよ☆」
『どうしたら 矢野に会いに行けるかなァと この数日悩んで悩んで悩み抜いて』
どうやら七美は、デパ地下で1時間も並んで買ったたいやきを差し入れしようと計画していた様だ。
あきれるアキ…
「…やっぱ無理かァ…」
しゅんとする七美。

『…ああイライラする』
電車で訪問先の矢野のオフィスに向かうアキ。
(なぜ今更 七美の肩を押すようなことを…竹内)
(でも彼はいいかげんな気持ちや考えナシの言動する人じゃない …つまり 何か 確信があるんだ)
(悔しいけどあたしにはわからないな だからこそ今回はあたしは七美の肩を押すつもりはない)
『…でもこれが つき合いの長さから来る差なのかな…』

お菓子のネタで談笑するアキと矢野の同僚。
矢野の姿を見つけるが『あたしは応援しないっ』
「来週の大阪の展示会どうしますかねー」
矢野に行かせたらと提案が出るが…
「なんでも近々…身内に葬式出るかもしれないらしくて…」

『もしかして 山本さんのお母さん…?』
心配になったアキは帰宅する矢野の後を追う。
「…あのっ どう?最近」
「どうってフツー…」
「あ あのララ美元気?」
「? …元気 なんだよさっきからー」
「や 山本さん元気?」
一瞬沈黙する2人。
「興味ねーくせに なんなの急に」
「…あの お葬式決まったら 知らせてもらえないかな」
「多分 密葬にすると思う」
「……そっか」
『…バカだな あたし 今更 何をしようと思ってんだろ』

矢野とアキ@駅
急行に乗らず各駅停車に乗るという矢野。
「ゴメン オレ今 急行苦手 先行っていいよ」
「…え?」
「急行だと途中で降りたくなっても降りられないから 久々にぶり返した けどすぐ元に戻るから大丈夫」
そう笑顔でこたえる矢野。
『…治ったんじゃ なかったの?』

矢野が着くのを改札口で待っていたアキ。
「…大丈夫じゃないじゃん ぜんぜん あんたらしくない」
「それでどうして 山本さんがあんたを 助けられるって信じられるというの?」
笑い出す矢野。
「山本が オレを『助ける』てか はは」
「つーか 山本なんて カンケーねーーし!」
「わかってねーなあ てゆーかおまえらの言いたいことは これだろ?」
「『自分をこれ以上責めるな』『どこまで他人の人生に責任持つつもりだ』『弱い人間に同情するな』
『おまえはおまえで好きなように生きるべきだ』『重いものは全部投げ出せばいい』」
「そんなの みんな おカド違いだっつーの」
「おまえ昔オレに 『つけ入られるスキがある』って言ったよな?」
「鋭かったねーー 昔の千ちゃんは まさにその通りでした!!」
「……オレ 依存してくれる相手がいないとダメな人間なんだよ」
「依存されることで 満足を満たされる どうしようもないヤツなんだ なんでかな」
「子供の頃からかな そーゆーふうに育てられたんかな もともと こーゆー性分なのかな」
「…つーわけで おまえらが思ってるほど 自己犠牲とか殊勝な人間じゃねーの」
「キレイ事の裏側は ただの自己満な人間ってわけ 山本じゃなくたって 誰だっていんだよ」
「…じゃあ それが七美だっていいわけじゃ…」
「アホだな 高橋は 依存しない 人間じゃん?」
笑顔でそう言う矢野。
「…は ははっ …そーか うまい言い訳 見つけたねえ」
「本当はただ 逃げてるだけのくせに ただ七美が怖いだけじゃん あんた」
「そうだよねえ 繰り返すのは怖いよね? 思い知らされちゃうもんね? また捨てられちゃうのはゴメンだよね」
「…捨てられる? 誰が」
「あんたが お母さんや 奈々さんに」
「『捨てられた』ってか?」
「『裏切られた』と思ってる 『裏切って』『自分を置いて行った』って」
「『大事にしてきた』のに 『いつも誠実で忠実だった』のに 『捧げた』のに 『約束を破った』」
「依存されるのがスキだって言ったよね それはあんたも自分を預けるのが好きだからでしょ?誰かに抱えてもらうのが」
「でもあんたは今 誰にも自分を預けてない 自分を預けたら裏切られるからだよ」
「でも期待するから 裏切られるって思うんでしょ? なのに不思議だね だって本当はあんた」
「七美の期待に応えたかったはずなのにね 一番」

『でも怖くて 逃げた あっんたは自分のことをよくわかってる』
『誰よりも 愛する要求が強くて 次は誰をがんじがらめにするか』
『あまり愛しすぎると上手く逝かないのよ そんなのわかってる』
『だから色んな理由をつけて 離れた そんなやり方で守ったの 自分を? ううん』
『あんたの 聖域を』

「…言いたいことは それで終わり?」
「もうオレの前に…現れるな」

アキと竹内@バー
うなだれるアキ…
「…他人の身体を傷つける行為は 法的に許されなくても 心を傷つける行為には さほど注意を払われてないのは何故だろう」
「そりゃ身体あっての心だからよ!!」テーブルを叩くアキ。
「だって 生きてる限り チャンスはあるわけでしょ 心なんて本人の意思の問題じゃないの?」
「でも例えば 傷つけられたことによって 目が見えなくなってたら そこに何かがあったとしても気付かないよね」
「傷ついて 嗅覚が衰えていたら そこに花の香りを見いだせるかな
傷ついて 触覚を失っていたら 触れても『それ』だとわかるかな
傷ついて 著しく感覚を失ってたとしたら」
「…じゃあ 運 なのかな…」
「運かぁ~ なんか哀しいね」

駅のホームに向かう矢野。
『本当は 七美の期待に応えたかったんでしょ?』『でも怖くて 逃げた』
アキに言われた言葉が浮かぶ。
『逃げた』
列車内で待つ矢野。
『逃げた』
ドアが閉まる瞬間、外へ飛び出してしまう矢野。
手が震えていてうずくまる。
そこへ有里からのメール。
いよいよ母親の容態が悪くなり、病室に泊まり込みになったらしい。
涙が溢れる矢野…

七美は家で結局渡せずのたいやきを食べていた。
『…いくじなし』
窓の外を見ると雪が。
そこへ誰かがやってきた。

有里@病院
安静にしている母親の傍で本を読む有里。
『意識はなくても ちゃんと聞こえるんだって』
一瞬舞花の言葉が浮かぶも、また本に目をやった。


七美の元を訪れたのはーー
矢野だった。
涙が溢れる七美。

『本当はね 愛したい』
『誰よりも 愛する要求の強い あなただから』
関連記事

| 僕等がいた*コミック | コメント(9) | トラックバック(0)| | TOP↑

COMMENT

矢野君とななみさん、そろそろ幸せになるかもしれませんね。って事は最終回近いのでしょうか。

| holi | 2010/12/19 18:28 | URL | ≫ EDIT

今年最後の僕いたでしたね~☆

こんばんは☆彡12月師走も後僅か・・・。今年も僕いた完結には至りませんでしたが、おそらく来年2011年は完結されると思います(^_^;)

今回は、というより今回もアキはすごく格好良くて、見抜いていたなと、確信をついていたなと感じました。矢野が、母親と東京へ行き、七美と離れた事で精神的に自分が想像していたよりずっと、失望感を抱き不安定になり、更に追い討ちをかけるように母親の重病、そして母親の親友であり、自分の父親の正妻の登場、有里の度々の手紙&訪問等あり、そしてこの現状をみても、矢野が母親と東京に一緒に行かなければ良かったのに・・・と何度も思いましたが、アキとの出会いだけは矢野にとっても七美にとっても唯一良かった事だったのではないかなぁ~と改めて感じました。アキは本当に素敵ですよね・・・。竹内もですが。

竹内に背中を押されても七美は苦悩しながらも、中々動けずにいる状態の中、アキが矢野とした会話は、すごく考えさせられました。只、矢野は高橋は依存しない人間だと考えていた事が、理解に苦しみました。(-_-)七美がどんな気持ちで矢野を東京へ送り出したかがわかっていない・・・そう竹内が矢野に「おまえには、高橋が溺れているのがみえないのか?」と竹内でさえ気づいていたのに。有里の積極性と自分の七美への依存度と比較してしまったのかも知れませんが、七美はいつも、いつまでも矢野だけを待って、求めていたのに。淋しかったのは七美も同じなのに。只それ以上に矢野の気持ちが見えてきたから、あの時矢野自身に遠距離をするか、しないかを選択させ、それを尊重し、応援し、支えると高校生心に決めて、そして一年後再会する事だけを支えにして受験勉強をしてきて、結局第一志望大学には合格できませんでしたが、それでも約束通り矢野のいる「東京」にきた。矢野との約束を果たす為に・・・。
その事を実感できていないですよね・・・。

竹内とアキの会話もすごく考えさせられて、とにかくこんなに矢野の事を想ってくれている人達が傍にいるのに、矢野が、心を開かないのには、私も(-_-)不可解な心情を抱きました。
アキが七美の事を「聖域」だと称した様に、矢野にとって「最も裏切られなくて、愛したくて失いたくない」人が七美だったのだと改めて感じました。

ようやく、力尽きた、恐れを感じた様な表情で七美の元へと来た矢野・・・。今度こそきちんと真正面から向き合ってほしいなと強く願わずにはいられませんでした。
特に、矢野の姿を見た瞬間、驚き、涙があふれてくる七美をみていると、ずっと矢野に再会する日を夢見ては、夢だと悟り、その度に落胆してきて、夢の中で矢野と再会した時の七美の表情とかぶったのもありましたし。
本当に、初めて矢野から行動を起こしましたが、七美と次回どの様な会話がなされるのか?矢野は、七美に本音(心)でぶつかる事ができるのかが、ドキドキします。

有里は、矢野の言葉を思い出し、おそらく母が好きな本を読んで聞かせているのでしょうね・・・。有里は変わってきてる気がします。只、ここにきてまた、死ネタはキツイですよね~(>_<)正直。奈々に、実母庸子、更に・・・となるともう良いよとなりますね。矢野父も亡くなっていましたし。

来年は2月から読めますね~(*^^)v重大ニュースとは「実写化」ですか~?どんな重大ニュースなのでしょうね~(ドキドキ)実写化は難しいなと思いますけど(^_^;)テーマ的にも重たいので・・・。どうなんでしょうね~(苦笑)

「君に届け」は、来年1月からアニメ第2部が放送される事がまたも深夜放送ですが、決定したようです。雑誌の方は今回も、下の名前を呼び合うだけで、ときめく幸せ感が絶妙に描写されており、胸キュン、キュンでした♪ここにきて初の風早一家登場で、黒沼一家に翔太が気に入られた様に風早一家に爽子も気に入られたというシーンてした♪確かに翔太の面影や性格は似ているのかもしれませんが、あの両親からあの爽やか美男子が誕生したのには驚きました(笑)翔太と翔太弟は格好良いのですけれどね~♪昔は、翔太父も格好良かったのかも・・・(^_^;)と思うしかないかなぁ~って感じでした(笑)

来年もちびさんとお話できる事を心から楽しみに致しております♪その為にも連載・・・とまらないでほしいですね~(>_<)(願)

| キャラメルアイス | 2010/12/19 20:04 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/12/19 20:22 | | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/12/20 16:20 | | ≫ EDIT

holiさんへ♪

コメントが遅くなりすみません(>_<)

今年中には終わるんじゃないかな~って思ってます。
というか願っているが近いかな?
もうこれ以上、矢野や七美たちが苦しむのはこっちも辛いので(^_^;)

幸せな最終回が見たいですね。

| ちび | 2011/01/17 20:21 | URL | ≫ EDIT

キャラメルアイスさんへ♪

コメントが遅れてすみません(>_<)
年末年始もバタバタ、あとノロウィルス?にかかっていました(^_^;)

今回も矢野ウダウダするんだろうなぁ…(笑)と思っていたら、最後に七美の家に行ったのがとてもビックリしました!
『矢野が七美に会いに行く=全ての荷物を降ろして心が解放された証』と考えていた私。
「え?もうこれは完結するんじゃ?!!」って…
この後話し合いをしてお互いの誤解が解ければ、周りの問題はあるけど気持ちは繋がってるんだとわかれば、怖いものはなくなります。

でもまだまだわかりませんよね~。
次回、矢野酔っぱらってベロベロになってて七美ん家に行った記憶が無いとかになるんじゃないか?と推測したりしてしまいます(笑)

「重大ニュース」はアニメの続編とかだったらちょっと嬉しいかも…実写は止めといた方がよさそうですよね;

「君に届け」続編、こちらでは放送がちょっと遅くなるみたいです。
風早が家に来た時の爽子の父親にはウケました(^▽^;)
今度は逆のパターンなんですね。風早の両親編も早く読みたいなぁ~!

小説のオススメもありがとうございました。
今旦那が読んでいた「犬飼さんちの犬」という小説を読んでいるのです。犬関係のオススメがあったら教えてくださいね♪
今度からコメント返し遅くならない様に気をけますヾ(o´ω`o)ノ

| ちび | 2011/01/17 20:43 | URL | ≫ EDIT

非公開コメのhさんへ

コメントが遅れてすみません(>_<)

以前から来て下さっていたのですね。ありがとうございます♪
矢野、ちょっと(いやかなり?)しんどそうでした(T_T)
乗り越えていってくれるといいなって思います。

これまでずっと大変だったからみんなが幸せになってほしいですよね。

| ちび | 2011/01/17 20:47 | URL | ≫ EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011/01/24 18:57 | | ≫ EDIT

holiさんへ♪

コメントありがとうございます。

学生時代からの読者も、休載などもあってみんな成人になってしまいましたね~。
キャラも同じく社会人になり自分達と重ね合わせることができ、また共感してしまうんでしょうね。
矢野もちょっと頼りないですが(笑)それがまた同性から支持を得ているんですね。

| ちび | 2011/02/16 19:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chibilog.blog16.fc2.com/tb.php/657-223c472d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。