[PR]

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

僕等がいた(ベツコミ betsucomi 7月号)

Betsucomi (ベツコミ) 2010年 07月号 [雑誌]
B003O53D48

 ただ
 この同じ空の下に
 彼も変わらず生きているという事実が
 こんなに苦しく感じるなんて


Amazonで詳しく見る 

7月号読みました!ネタバレありです。
(今回のあらすじは下の「Read More」をクリックしてください)

betsucomi_bokura10_7.jpg bokura_08.jpg
今回のトビラを見て、感慨深いものを感じました。
8巻の表紙の七美と対になってるんですよね。

同じホームらしき場所にいる2人。
矢野は笑顔です。・゚・(*/□\*)・゚・。
いつか矢野が七美に言ってた、『鞄ひとつで迎えに来る』。
矢野の服装は半袖なので夏から秋。
その頃に七美を迎えにくる?
 betsucomi_zensa.jpg
前回のエントリーで記載したサイン会&原画展と全員サービスの告知。
詳しくは前回のエントリーに情報追加したのでそちらをご覧下さい♪


季節が冬に飛んでいてびっくりしました∑( ̄Д ̄;)
(その後有里のお母さんはどうなったのだろう…)

七美はお正月、北海道に帰ったみたいですね。
久しぶりの水ちん&タカちゃん登場(笑)
七美との交流は続いてたみたいでホッとしました…

でも、七美は親友?の2人にも竹内と別れた事を秘密にしてしまう。
竹内と別れたのは矢野絡みなので有里の事も話さなきゃならないとか…気持ちはわからないでもないけどなんだかズルい。
覚悟が出来てなくて無理というか、自分の保身のためにナイショにしてるように感じがしたから。
正直、七美にはすごく共感できる所とあまり出来ない部分があって。
でも全てが完璧な人はいないし、すぐ拗ねちゃったり、自分がかわいかったり、それが七美の魅力だよね。

タカちゃんが地元が一緒の人と結婚するらしくスピーチを頼まれる七美たち。
これは矢野再会への布石(^^;)?
新郎の友人伝手に矢野も参加とかあり得る。
ついでに有里も一緒だったりしたら、水ちんにもタカちゃんにもバレて修羅場だなーΨ( ̄∀ ̄)Ψ

竹内と矢野は何故か海の上。
釣りに竹内が誘ったぽいけど何処の海だろう?
七美へプレゼントするはずだった指輪を、矢野の目の前で捨てようとするなんて竹内…策士め( ̄ー+ ̄)
この指輪を矢野から七美に渡してもいいよ、みたいな事を言われて『なんでお下がりを』とちょっとムッとした様な矢野が個人的に可愛く見えて好き。
結局揉み合いの末、指輪を入れたケースは海へ落ちてしまいましたが中身ちゃんと入ってたんだろうか?
もしかして、矢野の気持ちを確かめるためのウソだったり?
でも今さら指輪持ってたってどうしようもないしね…。゚(ノД`)゚。


「高価なリングを海にポイと捨てるように高橋を見捨てた」


キタ──ヽ('∀')ノ──!!

今回もブラック竹内が見れて嬉しかったです(笑)


そしてついに矢野に言い放ってやりましたね。
「高橋が溺れているのが おまえには見えないのか」
と!!

『七美は強い』と信じている矢野、この言葉をどう受け止める?


余談:
今回は最後の方けっこう印象的なシーンだったのでラフに描かれた下絵は勿体なくて残念でした(T_T)
小畑先生、体壊さない程度にがんばってください(o・ω・o)ゝ



「僕等がいた」次回掲載は9月号(8月11日発売)です。

「ココロ・ボタン」
いや~めでたしめでたし♪正式に付き合う事になってハッピーエンドv
え?終わりじゃないの?
また一波乱あるの~??


*関連エントリー
僕等がいた(ベツコミ5月号)
僕等がいた(ベツコミ4月号)
僕等がいた(ベツコミ3月号)
僕等がいた(ベツコミ2月号)
僕等がいた(ベツコミ12月号)
僕等がいた13巻
僕等がいた12巻
[Blogカテゴリ] 僕等がいた
*僕等がいたデジタルHR


『ガンバレッ』

正月過ぎ、雪の中佇む七美。
そこへ水ちんとタカちゃんが車でやってきた。
「てゆーか久しぶり3人で会うの」
「ナナいつまでこっちにいるの?」
「6日出勤だから5日には東京に戻るよ」
「じゃゆっくりできるねー」

「実は結婚が決まったの」
驚く七美と水ちん。
「相手誰!?」
「えー 取引先の人」
「何歳?」
「同い年だよー」
「札幌の人なんだ」
「ううん それが偶然地元一緒で」
「えーマジ?どこ高?」
「M高」
「じゃ知らないな」
「で この夏にこっち帰ってきて式挙げようって話になって で 友人代表のスピーチをね…」
とタカちゃんが言ったところでスピーチを譲り合う七美と水ちん。
「そーいえばナナは?」
「え?」
「竹内くんと」
「そろそろ結婚するんじゃないの?」
「…あー うん えっと…」
「まだまだ仕事忙しいしねあたしたち そーゆー予定は当分ないかな?」
笑顔で誤摩化す七美。

『本当のことを言えなかった』
『水ちんたちに竹内くんと別れたことを話せば 矢野の話をしなければならない』
『矢野の話をしたら…山本さんのことも言わなきゃならないわけで』

(あ~無理 今のあたしにはまだ無理)

『ただ』
『この同じ空の下に 彼も変わらず生きているという事実が こんなに苦しく感じるなんて』

海の上に浮かぶ船。
ブルブルと矢野が震えている。
「…なんでこんなクソ寒い朝っぱらから沖釣りしてんだオレら…?」
「ホットココアもあるぜ?」
そう言って差し出す竹内。
「たまにはいいかと思ったんだよ 広い海と空を眺めんのもな」
「てかそんな青い顔で言われても…」
「…思ったよりけっこう揺れるな…」
「これを捨てるならこの海がいいかなと思って」
七美に渡せなかった指輪を出す竹内。
「…何そんな思いつめて アホか質屋にでも持ってけばいいだろ?」
「…なんかもう…どうでもいいぜんぶ」
2人は沈黙し波の音だけが響く。
「そーだ おまえ買え!!」
「はあ!?なんでオレが!?」
「定価で買い取るんなら これおまえが高橋にやってもいいから」
「いらないね」
「…ははっ」
「よしわかった」
指輪の入った箱を掴むと海に投げようとする竹内。
「あっおい何しやがる やめろっ」
矢野が止めようとしたが指輪は海に…
呆然とする2人。
「ふっはは…あははははは はははははは」
笑い出す竹内。
「…笑い事じゃねーよ 何やってんだよっ」
声を荒げる矢野。
「こりゃすげースッキリするわ …そーゆーことかよ」
「ふざけんなっ おまえ頭おかしくなったんじゃねーのか!?」
「そーか? おまえのやったことと同じだよ?」
「どんな綺麗事を言ったって…これがおまえが高橋にやったことだろ?」

「高価なリングを海にポイと捨てるように高橋を見捨てた」
「高橋が溺れているのが おまえには見えないのか」
関連記事

| 僕等がいた*コミック | コメント(10) | トラックバック(0)| | TOP↑

COMMENT

今月号読みました☆

こんばんは~☆6月中旬、総理大臣も(又も8カ月の短命総理大臣)政府(内閣)も変わり、イマイチ盛り上がりに欠けるワールドカップが現在開催されていますね(・・;)
今年の上半期最後の月だと思うと、今年も後もう、半年と僅かしかないんですよね~(+o+)滝汗。です(苦笑)

今回私もちびさんが記されている様に、絵柄が下書き風になっていて(・・;)???と違和感がありました。
意図的なのか、体調不良なのかわかりかねますが、本当に、残念でしたね~(>_<)

そして、季節もとび、戸惑う間に、タカちゃんの結婚報告会。
七美も近況を訊かれ、答えられない七美はやはり、ズルいかなぁ~と私も思いましたけど、ただ、あんなに好きだった(今も好きでしょうが)矢野の事を「ただこの同じ空の下に~こんなに苦しく感じるなんて」と感じる程有里との同棲は、有里を選んだ事実に、七美自身が自分で思っていた以上にそうとう堪えている様ですよね~(>_<)
「何故?又山本さんなの?」という七美の中に相当強い感情があるのでしょうね~、きっと。

竹内と矢野の会話。ラストの竹内の「高価な~おまえには見えないのか?」という言葉を矢野がどう、捉えるかですよね~☆

矢野は今まで、七美は強い、今まで自分が知っている、関わってきた女性達(母親も含めて)とは違うと確信していましたからね~。一方、竹内はひたすら、矢野を待ち続け、何度も何度も矢野を想って泣いている七美を傍でみてきて、七美の弱さや脆さを知っているので、ついに、投げかけてみた言葉でしょうが、これを、この先本当に矢野がどう想い、考え、行動するかですよね!
七美は溺れながらも、必死で矢野の存在を求めていると 矢野自身が実感しないと動けないかもですね~☆

続きが楽しみですが、どうなるのか?絵柄も含めてドキドキです(^^ゞ(苦笑)とにかく、次号を待ちましょうね♪

別冊マーガレットは映画化の情報が掲載されていましたが、正直(;一_一)・・・。漫画の内容は良かったです♪
相変わらず、ピュアで、爽やかで、初々しくて良いですね♪
「君に届け」は(^u^)♪

先日まで、村上春樹著者の1Q84Book3を読破していたので、さらに、君に届けの、わかりやすく、初々しく、交際が始まっても知る、初めての気持ち(感情)に癒されました(笑)

今週から、遅ればせながらの梅雨入り宣言が全国的に発表され終わり、梅雨時期に入る様ですが、どうなんでしょう?
地球温暖化で異常気象や今日も地震が福島県で発生した様らしく・・・天気や気温だけは、わかりませんよね~(ハラハラ)
ちびさんも、お身体にはご自愛下さいね~(^_-)☆ミ

| キャラメルアイス | 2010/06/13 22:07 | URL | ≫ EDIT

初めまして!
ななみと申します
いつも拝見させていただいております
ここを覗いて、こういう見方があるのかととても勉強になります

今月号の僕等、なんだか淋しい気持ちになってしまいました
このまま矢野と七美が終わってしまうなんて悲しいです
有里が矢野から自分で離れるしかなさそうですね…
有里と矢野がこのまま同居っていう訳にもいかないですし…

前本屋に僕等のチラシが置いてありました
小畑先生の直筆で、「ずっと交際が続きそうなカップルのその後をかいてみたかった」とかかれてありました

次号どうなるんでしょうか
楽しみです
長々と失礼しました

| ななみ | 2010/06/14 18:22 | URL | ≫ EDIT

キャラメルアイスさんへ♪

コメントありがとうございますv
W杯、日本なんとか勝ちましたね~。
次は強敵ですが頑張って欲しいです。ベスト4は無理だろうと思うけど…(^_^;)

先生、サイン会とかイラスト集&原画展用の描き下ろしとかあるのかもしれないし、大変なんじゃないでしょうか…
ラフすぎてちょっと掴めない表情もあったので早くコミックスでちゃんとした絵を見たいです(=_=;)

そうですね~。
ずっと待っていた矢野と再会したのに、元には戻れないと言われその上有里と一緒に暮らしてるなんて知ったら…モヤモヤと切なさが残りますよね。
でもなんで季節あれだけ飛んじゃったんだろう?(これから夏になろうというのに…)
今月号読んだ時、前回掲載されてて買い忘れちゃったっけ?とびっくりしましたよ(笑)

何年も七美と一緒に居た竹内だからこそ、矢野の心にグサリと来るのは間違いないでしょうね。
他人に言われて改めて気付くものってあると思うし、竹内の言葉は絶大ですからね(^^;)


「君に届け」アニメもこちらで遅れて放送してるので毎回観てますが、実写は果たしてどんな感じに仕上がるのでしょう?
もうクランクアップしたらしいですが何だか早い様な…(内容が薄くありませんように=人=;)
あ、11巻買いました☆これから読みます♪

『1Q84』どうですか?いつもの春樹ワールド健在?
夫が小説にハマってて色々な作品読みあさってるんですが1Q84は躊躇しています;
以前読んだ『ノルウェイの森』が自分にはあまりにも受け入れ難く感じたそうで…でもあれはそういう作品ですよね(笑)

こちらも本格的に梅雨入りしました~(T_T)ジメジメ…いや~~!!
キャラメルアイスさんも体調崩されませんように☆
ではまたお話しましょう♪

| ちび | 2010/06/15 17:25 | URL | ≫ EDIT

ななみさんへ♪

初めましてコメントありがとうございます♪

>今月号の僕等、なんだか淋しい気持ちになってしまいました
ありゃ!そうですか…
私は逆にほくそ笑んだのですよ( ̄ー+ ̄)キラーン
竹内が矢野にキツ~いお灸を据えてくれましたから(笑)
これでも矢野の心に変化がないのなら相当鈍感です;

でも有里が動かなければ進展がないのは同感です。
矢野は自分のためでもあるけれど、支えてあげなきゃらならない(と思って)有里と一緒にいるわけですしね…
有里が「行かないで!」と言えば矢野は自分の気持ちを殺して引き留まるでしょうね。

「ずっと交際が続きそうなカップルのその後をかいてみたかった」
この触れ込み、私もどこかで見た記憶あります!
学生時代はとても仲が良くてお似合いで結婚しそうだったカップルが、数年後には別れていてお互い他の人と付き合っていた…
そういうエピソードをベースに描き始めたそうです。
今の時点では、その流れに沿って進んでいますよね。
でもその後は…?

2人はどうして別れなくてはならなかったのか、
どうしてお互い他の人を選んだのか、
そしてまた再会したら2人はどうするのか。

を、丁寧に描こうとしてるんだと思います。
だから私は、これからは起承転結の『結』に入っていると思うんですよ(^-^)
矢野が七美への気持ちを殺したまま有里エンドで終わっちゃうのは腑に落ちないですしね(笑)

| ちび | 2010/06/15 17:41 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/06/17 14:01 | | ≫ EDIT

非公開コメの方へ

ありがとうございます。
アドレスがあったのでメールをお送りしました♪
返事書きましたので読んでくださいね。
私でよかったら協力させてください。

| ちび | 2010/06/18 17:40 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/06/20 10:13 | | ≫ EDIT

七月号に関係なくて申し訳ないんですが
ビッグニュースです!!
なんと8月26日に僕等がいた14巻発売です。

| まーしゃん | 2010/07/01 19:06 | URL | ≫ EDIT

遅くなってすみません><

Tさん、いつも覗いて下さってありがとうございますv
14巻発売の情報あります!

私も竹内に惹かれつつ矢野を選んでしまうでしょう(^_^;)
逆に読むのも面白いですね!
過去から繋がってるものもあるし。
また遊びにきてくださいね♪

| ちび | 2010/07/01 22:10 | URL | ≫ EDIT

まーしゃんさんへ♪

発売日の情報、知りませんでした(ノ*´Д`)ノ
教えてくださってどうもありがとうございました!

| ちび | 2010/07/01 22:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chibilog.blog16.fc2.com/tb.php/643-c73000ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。