[PR]

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

「銭ゲバ」第7話

「命の値段も結局金ズラか…」

 茜の愛

予告がなかったズラ~~(・_・;)=(;・_・)間に合わなかったのかな…?
世話を焼いてくれていた新聞屋のお兄さんを自らの手で殺めてしまった風太郎が何処にも帰らずフラフラと渡り歩いた先で出会った一人の老人。
風太郎の事を受け入れてくれたけれど人を殺したと知った途端、警察に売り渡そうとしてたのがショックでした。
人を殺したという人間を警察に引き渡す。あのじいさんの行動自体は正しいと思う。
ただ、見返りとして金を要求していた…
これが悲しい。
いや…報酬を貰おうとするのは情報と等価だから別に悪い事ではないのかも知れない。あのじいさんも生きてく為に少しでもお金が必要だろうし。
でも、今までは優しく接してくれてた人が、自分が金づるになる代物だと知って態度を180度変えた。
風太郎はお母さんの時と今回で2度、金によって裏切られた事になる。
人を信じなくなったのは、この時からなのかもしれない。
心残りなのは、あの時風太郎が捕まっていればここまでの人間にならなかったのかもということ。
過ぎ去った時間は取り戻せないから…

拘置所での風太郎の手を広げて「銭ズラーーー!!!」の雄叫びは既視感がありました(^^;A
ショーシャンクの空に」「プラトーン」「Vフォー・ヴェンデッタ

死を受け入れた人間やある事から自分を解放できた人間の姿ですが、共通しているのは極限状態にある人間の姿。
風太郎もあの叫びで、自分と決別したのでしょう。
陰で涙をみせる事はありませんでした。もう前までの風太郎は何処にも居ません。
自分を殺して『銭ゲバ』の道を歩んで行くという決意表明だった様に思えます。

そういえば、プラトーンのあのシーンは監督が白土三平の「ワタリ」を読んでヒントを得たらしいです。
白土三平といえば「カムイ外伝」…松山ケンイチ氏も主演してるしもしや…(笑)
もしそうだったら、前回の地蔵堂といいこういうニヤリとさせる捻りを利かせた演出はいいですね。

健蔵は10億貰ってもやっぱり生きていましたね(=_=;)
故郷へ1億寄付した時の自分への待遇の良さ、やっぱり金で人は変わるんだと。
健蔵は風太郎とは違い、大人になってから銭ゲバの道を歩んでるので、ある程度の常識や世の中の仕組みは理解出来ているようです。
でも、風太郎をあんな人間にさせてしまったのは健蔵。
自分の非を緑から指摘されてちょっと堪えたかな?
もう風太郎の前に現れる事はないんでしょうか。過去を清算し彼を救う事が出来る少ない人間の一人であると思っていますが…
緑は風太郎の事を知る為に彼の生まれ故郷に足を運びますが、同情心ではなく「ちゃんと彼を憎む為」なんですね。
しかし彼の不幸な生い立ちを知る事に。
健蔵に対してのあの数々の言葉は、彼をこんな人間にしてしまった原因となった父親へ今の緑自身ができる最大の侮辱だったと思う。
彼女は風太郎に少なからず今までと違う感情を抱き始めてる?

自分の父親と友人の殺害容疑がある人物と食事(((;゚Д゚)))私には無理だ;
風太郎は変に隠す事も無く、洗いざらい喋ってしまいました。
妙に清々しくもありちょっと恐ろしく感じました。
あれは、緑達への挑戦状みたいなものだったのかな?
自分の悪事を全て曝け出した時どう出るか。
あのじいさんの様に、お前等も警察に突き出すんだろ?と挑発してる様な。
茜は人を殺していても関係ないと言ってましたが、実際はかなりショックを受けていましたね。
やっぱり本心では、風太郎の潔白をどこかで信じていた様に思う。
緑は「死ぬよりも辛い苦しみを味わえばいい」と言っていましたが、『死ぬよりも辛い苦しみ』って何だろう…って考えました。
今の風太郎の一番の苦痛は、母親が救えなかった事や伊豆屋の人達みたいに「金じゃない心だ」と否定される事だと思う。
それは今までの自分の全てを否定される事だから、辛いんじゃないかな。
現にそう言われた伊豆屋の人達に怒りをぶつけていたし。(その後保彦の持ってきた菓子折り?を拾ってテーブルに置き直した所にまだ良心は消えてないと感じた)
風太郎にとって、自分の核心が揺らぎそうになる事が一番恐いんだと思う。
自分に優しくしてくれる人物を遠ざけてしまうのも、それを恐れているからではないでしょうか。

「金の為なら何でもする」という風太郎が許せないと言っていた荻野。
しかし自分も強大な金の力に屈してしまいました。
ただ純粋に愛する人の命を救うためだった。
でも想いだけでは届かない、解決出来ないものがあると荻野は知る事に。
弟の仇を取る為に今まで必死で、あともう少しで風太郎を追いつめれたかもしれない。
でも家族を選び弟を諦めた。この選択も辛かったと思う。
「金が全てだ」という人間を認めなかった自分も結局それを思い知らされてさ…
でも私は、荻野は決して金に負けたわけじゃないと思うんだ。
その先に愛する人を救いたいという強い意志や想いがあるから。
“お金に負ける”というのは、その先に何も無い状態の事だと思う。
人にばら撒いて幾ら感謝されようが、自分には幸せも喜びも何も得るものが無い今の風太郎の様に。
荻野の話を聞いている時の風太郎は無表情で、一体何を思っているのか明確にはわからなかった。
医者への紹介状まで書いていたので、荻野の家族の命を救えて「よかった」というのは本心かもしれない。
でもその裏では、荻野が来るのは計画通りだと考えていたと思う。
あの言葉を彼の口から聞き出す為に。
「大事なのは金だ」という言葉を。
そんな荻野を『お前も俺と同じ銭ゲバになったんだよ』と仲間を讃えるかの様に拍手で送り出していたのが印象的だった。

茜が本当に可哀相だった。
嫌われてもいい…でも「興味がない」という辛過ぎる言葉。
まだ嫌われていた方がマシだよね…少しでも関心があるという事だから。
「居ても居なくてもどうでもいい」なんて言われたら、私だって立ち直れないや(´・ω・`)
茜に対する仕打ち、この時ばかりは風太郎に殺意が芽生えたわ(^ω^#)
でも茜はそれでも風太郎の事を、どんな人間であろうと愛し貫いた人。
私は最初の頃、茜は風太郎の心を救える人物ではないか?と考えた。
でも前回で「人を殺していたとしてもいい」という茜は一緒に堕ちてしまう人だと感じた。
風太郎の銭ゲバとしての生き方を容認していたら、永遠に彼の心を救う事は出来ない。
でも茜は、それでも彼に添うというカタチを貫いた。
そんな茜の愛情を風太郎も気付いている様に思えた。
「なーんで来るんだよ」の言い方が、飽きれつつも仕方ないヤツだなという口調だったし、どうしてこんな自分から離れないのかと疑問に思ってたり。
茜は風太郎が耳を塞いで本音を言っていたのをわかっていたのかな?
もしそうなら辛過ぎるよ…例え内容は聞こえてなくても。
「愛してる あなたと一緒にいられて幸せでした ありがとう」と最後に伝えたけど、風太郎には茜の言葉は聞こえてない届かない…泣きそうでした(´;ω;`)
茜が自ら命を絶った事の意味を、これから風太郎は理解してゆくだろうと思う。

*ドラマ「銭ゲバ」公式サイト
関連記事

| ドラマ | コメント(0) | トラックバック(13)| | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chibilog.blog16.fc2.com/tb.php/575-bc1545fb

TRACKBACK

銭ゲバ 第七話「命の値段も結局金ズラか…」

傷害の容疑で逮捕された風太郎(松山ケンイチ)は、荻野(宮川大輔)からの厳しい取調べにも、抜け殻のような状態だった。「あの男は私達を騙して、白川くんやお父さんを殺したのよ」緑(ミムラ)は茜(木南晴夏)に真実を話すが、茜はまだ風太郎を信じる気持ちが強かった。そ...

| 掃き溜め日記~てれびな日々~ | 2009/03/03 19:33 |

銭ゲバ 第7回 感想

『命の値段も結局金ズラか…』

| ぐ~たらにっき | 2009/03/03 19:03 |

銭ゲバ第7話「命の値段も結局金ズラか…」

「今さら、地獄なんて怖くない・・。 地獄とひきかえに証明してやるよ・・(涙) 人間は金で動くってな・・。銭ズラ・・!銭ズラ!」 風...

| shaberiba | 2009/03/03 18:39 |

銭ゲバ(7)

視聴率は 8.7%・・・前回(10.2)より 「命の値段も結局金ズラか・・・」

| ドラ☆カフェ | 2009/03/03 11:34 |

「銭ゲバ」レビュー

ドラマ「銭ゲバ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松山ケンイチ、ミムラ、宮川大輔、木南晴夏、石橋杏奈、鈴木裕樹、たくませいこ、志保、齋藤隆成、山本圭、奥貫薫、光石研、りょう、椎名桔平、他 *原作:ジョージ秋山 *脚本:岡田惠和 *音...

| ドラマレビュー トラックバックセンター | 2009/03/03 10:33 |

「銭ゲバ」7☆☆☆☆

ついに刑事が”転んだ”か!!ここ、奥さんが死んでしまったら金を借りる理由もないし恨みは強まるしで台無しな訳で、本当にギリギリ綱渡りな風太郎。「全部俺がやりましたー」告白も、録音されたら一発なのに……。”お金持ち”はそんなことしないのかしら……。と、そこ...

| ドラマでポン! | 2009/03/03 08:58 |

銭ゲバ 第7話「命の値段も結局金ズラか・・」

第7話「命の値段も結局金ズラか・・」

| Happy☆Lucky | 2009/03/03 08:24 |

銭ゲバ 命の値段も結局金ズラか…

ますます、容赦なさとダークネスに磨きがかってきましたね 朦朧とする留置所での、風太郎の回想シーン。ひょっとして、かくまってくれた?と思われた、食事と居る場所を提供してくれた、優しげに見えたオトナも、結局、警察に彼を売ってました。それが、彼の最後の何か...

| のほほん便り | 2009/03/03 07:42 |

日本テレビ「銭ゲバ」第7話:命の値段も結局ズラか…

茜が死を選ぶとは…。こうなる展開は予想されていただけに、別の展開を期待していました。風太郎の心を変えるとしたら、緑ではなく、茜であってほしいと思っていたので

| 伊達でございます! | 2009/03/03 02:06 |

「銭ゲバ」第7話

ついに逮捕された風太郎。 でもやっぱり彼はタダでは終わらない。 命さえも、所詮お金で買える…と改めて感じる風太郎。 彼に向けられていた茜の真実の愛を受け止めることもできず…。 銭ゲバ オリジナル・サウンドトラック TVサントラ,金子隆博 JUGEMテーマ:エ

| fool\'s aspirin | 2009/03/03 00:35 |

銭ゲバ 第7話

警察署にて、荻野の厳しい追及を受ける風太郎。 すっかり魂も抜けきって、目が死んだ魚のようになっちゃってましたよ… 一人牢獄の中で倒...

| 日々緩々。 | 2009/03/03 00:29 |

銭ゲバ 第7話

茜の愛の示し方は「死」だった!衝撃のあまり放心(?)している風太郎も意外な様子で驚きます。

| エリのささやき | 2009/03/02 23:26 |

銭ゲバ 第7話:命の値段も結局金ズラか…

予告が無いズラヾ( ̄□ ̄;)ノ なんでやねん~ 今週の【Q.E.D.~証明終了】なんて、2話分の予告を見せるサービスぶりだったと いうのに、ケチくさいズラ~{/face2_lose_s/} つか、茜ちん{/face2_shock_s/}何で死んでしまったのぉぉぉ~{/rabi_cry/} 風太郎にとって茜は「...

| あるがまま・・・ | 2009/03/02 22:52 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。