[PR]

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

劇場版アニメ「ピアノの森」

日曜日観てきました~!
「どうせ原作と同じなんやろ~」という連れを無理矢理引きずり。
原作と同じでも好きな作品は観たいんだもん!

公式サイトで花田少年史繋がりのマッドハウス製作だと知って嬉しい反面、キャスト発表された時実は不安だったんですよ。
みんなイメージしてなかった人達ばかりだったので…
カイは勝手に「オーディションするんだろうな~」と思ってましたから(笑)
上戸彩…?「えぇーー…」
その時の素直な感想ですファンの方スミマセン。

そういう不安もあったので期待半々な気持ちで行きました。
すると、チケット売り場はいつにも増して行列が!お子様が!
うわーチケット取れるかなぁと思ったらほとんどが「ハリーポッター」でした。
連れ「ハリポタにしよーや~」
私「…(ちょっと悩む)あかん」
ハリポタが売れまくって席が無くなるぅ~と嘆く人の中、余裕でチケットゲット(複雑な気持ち…)

シアター内に入って驚きました。
CMとかで見る限り、夏休みだしターゲットはきっと子供だろうなぁと思ってたら意外にも年齢層高し!
カップルや20代女性の2人組、親子連れも点々と居ましたが、中年のご夫婦が多かったです。
やっぱ掲載誌がモーニングだからそうなのか~と変に納得。
ピアノの森ファンはこういう層だったのね!と妙な感動を覚えつつ席に座る。
ちょっと前に観た「舞妓Haaaan!!!」はホント若い人ばっかりだったので、「この作品はこういう人達から支持されてんだナァ~」といいリサーチになりますな。
しかし、公開2日目なのに一番小さいシアターで入りは7割くらいでした。ちょっと扱い悪くない?
(ハリポタにポケモンと西遊記もあるしちょっと追いやられちゃった感じなのかなぁ…)

アニメは、原作にないシーンから入ったので新鮮でした!
こういうとこが劇場版って感じでいいな~と思いました。
ストーリーは、ほぼ原作をなぞってましたね。そのまんまアニメにしたって感じでした。
抜かり無く原作のまま。(でもお下品なシーンはカットされてた;)
だから原作を知る私としては、もうちょっとサプライズが欲しかったかも?
…いや、変に改変されるよりかはマシなのかな。
でも映画じゃなくてTVアニメで観たいと思いました。
続きをTVでやって欲しいなぁ。
あそこで終わられたらなんか不完全燃焼な気持ち。
声優は最初違和感あったけど観ている内にあまり気にならなくなった。
上戸さんもピッタリとまで行かなくてもすごく頑張ってるって感じで。
でも神木くんもうちょっと抑揚付けて欲しかったな;
変声期なので声が安定してないのかな~。

印象に残ってるシーンはやっぱり森の中のピアノでした。
映像にすると躍動感があり、葉が擦れる音や鳥のさえずりで癒されました。
「あぁ自分もここにいる」って感じ。
カイのピアノを弾く時の表情も良かった。
普段ガキンチョの顔が鍵盤に触れるとグッと大人びいて見えるシーンです。
だからこそ、普段のカイをもっとガキっぽく描いて欲しかったなー。
原作のカイは、いつもはかなりヘン顔したり鼻ちょうちんとか、いなかっぺ大将ばりの涙(あのブラーンとしてる涙 笑)とかなのに、ピアノを弾く時は人が変わったかの様になる。
その差が好きだったんで、アニメのカイはたまにヘン顔あったけど『基本はいつも美少年』でちょっと残念。

あと、ピアノを弾く時の「キラキラ』がなかった_| ̄|○
あれ、かなり好きなんだけどなー。
カイのピアノ!って感じで。

うーん、原作を知るあまり違うとこが目に付くのは仕方ないかも知れない。
その分何も予備知識が無い初めて観る人はすんなり見入れるかも。
でもピアノを弾くシーンは、カイも修平も便所姫もすごくよかったです。
カイと修平の弾き方の違いや、ショパンを指が絡まって上手く弾けないシーンも「おおーこういう感じなんだ」とカンドー。

自分は天才肌のカイも好きだけど、修平の葛藤がやっぱり好きかな。
アニメでも最初と最後で修平の存在が大きく扱われていました。
あ、そういえばピアノの森の大ファン高田純次は「今回はレベルが高いですね」の一言だけでしたね(^^;)

てゆーか、14巻出てたんですね。いつのまに(笑)

*ピアノの森公式サイト
関連記事

| 映画 | コメント(3) | トラックバック(4)| | TOP↑

COMMENT

どうしましょう・・・はまってしまいました。
映画での気になるところが頭から離れなくて、とうとう原作大人買いしてしまいました。
アレは恥ずかしいですね。十何冊も抱えてレジに並ぶ・・・
でも私の場合、最初二冊買ってみてちょっとずつってゆう予定だったのですが、その二冊を読み終えると再び本屋さんに向かってました(笑)
結局は残りの十二冊を抱えてレジに並んだんですけどね。

気になるところというのは、コンクールが終わって阿字野先生が海の母親に自分に預けてみないか的な事を言ってましたよね?
気になるところというよりは、単に続きがものすごく知りたくなったんですよ!最初からそう言えばいいのに自分・・・。
原作はやっぱり濃いですね。映画には出てこなかったシーンがたくさんあって、よりその世界に引き込まれるというか。
はぁ~ってため息がでるくらいホレボレしちゃいます。海。
すごくかっこよくなってるし!激ボレです!!
ピアノ弾く前に両手合わせる仕草早速真似てみたりして(笑)

やっぱり好きで何かをやるってことは、好きなだけに呑み込みが早いし、もっとやりたいって思うんでしょうね。

学生の頃の授業は退屈で全然聞いてなくて、こんなん役にたたないって~ぐらいの気持ちで受けてて、検定なんかもモロ落っこちてました。社会人になり、ある理由がきっかけでその落っこちた検定を受けることになり勉強やりはじめたんです。
あんなに嫌いだった勉強なのに、自分で受けるって決めたからなのかすごい楽しくて、無事合格することができました。
やらされてる感がないからなんですかね。
ものすごく話がズレてしまいまして申し訳ないです。

何だか自分のなかにない新しいものを発見して、それにハマることって嬉しくないですか?そのことによって今日も一日がんばろうって思えたり、気分が全然違うんですよね。
だから、そのハマってることを誰かと共感できるってものすごく嬉しいし楽しいです。

「僕等がいた」もそうですけど、こうやってお話したり自分とは違う感じ方を知ったり、すごく楽しませてもらってます!
前にもお話したと思うのですが、私は言葉(文章?)にするのが得意ではないのでうまく伝えられないのですが、とにかくここにくると興奮します(笑)やっぱ難しい・・・


| 空 | 2007/07/27 05:22 | URL | ≫ EDIT

続けてすみません!言い忘れてました!
曲の名前や関連情報教えて頂いてありがとうございました!
CDはきっと買うことになる運命でしょう(^_^;)
原作読み終えて思ったことは・・・もう一回映画観たい!!
失礼しましたー!

| 空 | 2007/07/27 05:29 | URL | ≫ EDIT

空さんへ☆

こんばんは♪
もう原作読まれたんですね。行動が早い!
しかも最新刊まで一気読みですか~!
しかし一色まこと作品は1巻1巻が出るのが結構遅いんです;
次はいつなんだろう…(遠い目)

アニメは「続く」みたいな感じで終わってますもんねー。
あれはちょっと計算してるのかな(笑)

カイの魅力はすごいですよね。私も大好きです♪
でも私が好きなのは表情がコロコロ変わる子供時代なんですよね~。
青年のカイは隙がないっていうか、完璧な感じで…もっと子供の時みたいにオチャラケて欲しいんだけど(^^;)
原作、濃いでしょう?
アニメは子供向けって感じもありますが、原作は掲載誌がモーニングなので子供向けではないって感じです。

子供の時に興味がなくても、大人になってから興味を示すものってありますよね。
自分が好きじゃなくちゃ身にもついてこない。
カイは何も束縛されるものがなく愉しんでピアノを弾いてるけど、修平は親のプレッシャーとかノルマみたいなものが先行して、弾く事はある意味自分に課せられた『試練』なんですよね。
でも、音を楽しむと書いて『音楽』。楽しむ事に意味があるわけで。
生まれもっての才能があるカイと、努力と苦悩の人修平の、この2人の対照ぶりが「ピアノの森」の一番の魅力だと思ってます(^-^*)

空さん、自分にとって盛り上がれる何かがあるって素敵なことですよね!
私もこれからもどんどんアンテナを伸ばして好きなものをもっと探していきたいです。
空さんと「僕等がいた」と更に「ピアノの森」で共有できる事が嬉しいです♪
興奮冷めやらぬ中で書くのもいいじゃないですか~。
他のブログに書き込みとかもしますが少なからず私はそうです;
そして私は熱~いコメントも大好きです(笑)

CD、買われたら楽しんで下さい!

| ちび | 2007/07/31 00:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chibilog.blog16.fc2.com/tb.php/510-873d8ab8

TRACKBACK

「ピアノの森」 漫画版とアニメ映画版

「のだめカンタービレ」にくらべ、それぞれのキャラクタも薄く、ストーリーもオーソドックスである。また、内容もそんなにあるわけでもない。けれどこの「ピアノの森」は、妙に読ませるというか、続きが気になってさくさく読めてしまう。アニメ映画化されたのも、うなずける

| 赤い彗星ペンのミコちゃん  ジャパニメと甘味を楽しむブログ | 2009/09/13 21:56 |

[DVDソフト] アレクサンドル・アレクセイエ

【DVDご購入の際の注意事項】 ※必ずお読み下さい ※ DVDにつきましては、全て取り寄せとなっております。取り寄せにお時間がかかる商品もございますので、その際は別途ご連絡差し上げます。※ DVDにつきましては、配送日指定は出来ません。※ メーカー欠品により商品が入

| アニメがたくさん | 2007/08/15 19:07 |

ピアノの森 <ネタバレあり>

旦那が好きな漫画で ウチにも全巻揃ってますがワタクシは全く見た事が無く 内容を知らずに観に行った訳ですがぁそれでも十分楽しめる 分かり易い内容となっております海は自由奔放で ピアノが大好きなのが 森のピアノを弾いている時によく伝わってくる。自分の思うま..

| HAPPYMANIA | 2007/08/14 03:33 |

映画「ピアノの森」(2007、日)

        ★★☆☆☆  高校生の息子に誘われ一緒に見に行った。 映画を一緒に見たのは市川昆監督の 新版「犬神家の一族」(2006年)以来か。  しかし、感動してパンフレットまで 買っていた息子とは対照的に、 小生にとってはピンとこなかった。       

| 富久亭日乗 | 2007/08/11 10:12 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。