[PR]

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

僕等がいた スペシャル・エディション4 (初回限定特別版)買いました♪

僕等がいた スペシャル・エディション4 (初回限定特別版)僕等がいた スペシャル・エディション4 (初回限定特別版)
ささきのぞみ 矢崎広 川久保拓司


Amazonで詳しく見る

[PR] Amazonギフト券

初回限定版特典
★映像特典[コンテ撮映像付きスペシャルコメンタリー](第12話収録]出演:大地丙太郎監督&ささきのぞみ&加藤いづみ)
★ノンテロップオープニング
★フルカラー解説ブックレット16P(ささきのぞみ×小畑友紀インタビュー他)
★B3サイズ折りたたみポスター
★スペシャル・スリーブケース仕様
★カラーDVDケース仕様
★ピクチャーレーベル


4巻スペシャルエディション版買いました!
bokura_dvd_s03.jpg bokura_dvd_s03_1.jpg
4巻には第10~12話が収録されています。
映像特典として収録されているコメンタリーに今回は、大地丙太郎監督、ささきのぞみ(七美)さん、「好きだから」「言葉」などのエンディング曲を提供している加藤いづみさんが参加。
加藤いづみさんは私にとって懐かしい人なんですよ。昔よく耳にしていた歌手だったのです。
だから同じ人だと知った時ホントにびっくりしました。
この方の優しい歌声が「僕等がいた」の世界にピッタリですよね。
さて、コメンタリーですが加藤いづみさんを起用した理由なども語ってくれていました。
それを聞くと何か運命な様なものに引き寄せられて成るべくして成ったものなのかなと思いました。
前にアニメ12話のレビューで「なんで矢野のモノローグが省略なんですか~!」と残念に思ったのですが、制作者の方はあのモノローグが誰の物でもないと感じたらしく、誰かに言わせるよりいっそ省こうという事になりそこに曲を挟もうという結論に至り、加藤いづみさんの「美しすぎて」が起用されたとの事。
そっかー…あれを目にした時、疑いもなく『矢野のモノローグ』だと直感視していたのですが…でも矢野だけに限定してみるのではなく、「僕等がいた」全体に漂うイメージモノローグとして捉える事は妥当なのかも知れません。
でもだからこそ個人的にやっぱり省いて欲しくなかったモノローグなんですよね。言わせるのは誰でもいいから…
そして出来たらDVDに収録して欲しかったなぁ(・ω・`)

解説ブックレットは七美たちが通っている学校の設定画や、2巻に収録されたささきのぞみさんと小畑友紀先生のインタビューの続きが収録されていました。
小畑先生は登場人物のなかでは水ちんに似てるそうで学生時代は世話役にまわる事が多かったらしいです。だから逆にこういうラブストーリーを描けるんだと。
うーん!すごくわかる気がします!
私も中高校生の時も片思いだけで終わってしまってちゃんと恋愛し始めたのは卒業してからなんです。
だから『学生時代の恋愛』っていうのが今はできないもので、すごく羨ましくて憧れでした。
小畑先生はそういった憧れをまさに描いているんですね。
僕等がいた」を読んでほとんどの人が「こういう恋愛したいなぁ」と思わせるのは、きっと矢野や七美が自分のしたかった『憧れの恋愛』をしているからなんでしょう。
この対談の続きはスペシャル・エディション6巻に収録されます!

僕等がいた 4 (通常版)僕等がいた 4 (通常版)
ささきのぞみ 矢崎広 川久保拓司


Amazonで詳しく見る

[PR] Amazonギフト券

通常版仕様
アニメ版描き下ろしジャケット

*関連エントリー
僕等がいた スペシャル・エディション3 (初回限定特別版)買いました♪
僕等がいた スペシャル・エディション2 (初回限定特別版)買いました♪
僕等がいた スペシャル・エディション1 (初回限定特別版)買いました♪
アニメ「僕等がいた」1巻 スペシャル・エディション&通常版DVD10月4日発売!
僕等がいた関連情報 (1月)
僕等がいた関連情報 (12月)
僕等がいた関連情報 (11月)
僕等がいた関連情報 (10月)
僕等がいた関連情報 (9月)
僕等がいたアニメ化決定!!
関連記事

| 僕等がいた*アニメ | コメント(3) | トラックバック(0)| | TOP↑

COMMENT

はじめまして♪私も「僕いた」にかなりはまっています。なんか語りたいって思っていた矢先検索したどりつきました。(笑)アニメはBGMやこの後の展開を知っていると終盤特に泣けました。コミックも毎回切なくなります。アニメは最終回以外がほぼ原作に近かっただけに最終回がオリジナルで残念でした。やはり飲酒シーンが描けなかったからでしょうかね。これまでも飲酒(酔っ払う)シーンはなにげにカットされてましたからね。私もDVD買いたかったんですが結局今のところレンタルDVDを観ただけです。続編はなんか期待できそうにないですね。あったらみてみたいんですけどね。(勿論原作通りのもの)登場人物一人一人のそれぞれの視点に立つと感情移入していまい共感したり色々考えてしまいます。そして泣けてきます。キャラはメインキャラは勿論ですが亜希子ちゃんがいい味出してるというか好きですね~。今は来月の続きが楽しみというかハラハラします。たしかその後の矢野君がわかるんですよね~。「僕いた」は台詞に重みがあり入り込んでしまいます。でも七美ちゃんと矢野君には七美ママのように結婚し矢野君の夢を叶えてほしいです。それでは今回はこのへんで。

| キャラメルアイス | 2007/01/19 21:08 | URL | ≫ EDIT

キャラメルアイスさんへ

こんばんは。初めまして♪
アニメが終わってしまい寂しいです。
キャメラルアイスさんは原作もお読みでいらっしゃるのですね。
アニメと原作、どうしても比較してしまいますよね…
未成年の飲酒ネタが漫画がOKでアニメはNGというのはちょっと疑問だったりするんですが、アニメは幅広い人に観られるものですし倫理的にもタブーでしょうから、カットは致し方なかったのかなと今は感じます。
でもでもやはり「僕等がいた」に限ってはその飲酒シーンが『ミソ』で、大事な言葉を言ってるシーンが多くて最終話(原作では旅行時)の矢野と七美の会話はカットして欲しくなかったなぁとも思います。
原作はこれからどうなってゆくのか気になって仕方ありません。
待ってる1ヶ月が長いです;
七美の両親は学生から付き合って結婚したんですよね。
矢野と七美も今は気持ちも距離を置いてるけどきっといつか結ばれて欲しいと思います。
また遊びに来て下さいね♪

| ちび | 2007/01/25 23:02 | URL | ≫ EDIT

12巻はいつ出るのか知っている方・・・
教えて下さいィ!!!v-393

| ??? | 2007/03/15 20:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chibilog.blog16.fc2.com/tb.php/480-bb46fc41

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。