[PR]

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

僕等がいた(betsucomi12月号)

Betsucomi (ベツコミ) 2006年 12月号
Betsucomi (ベツコミ) 2006年 12月号
 

残念ながら12月号は「僕等がいた」はお休み。
でも付録に「僕等がいた ヒミツbook」が付いています!
収録内容は番外編、HR通信拡大版、オリジナル小説などなど。
さて、では早速ですがネタバレです(笑)


番外編は「赤ずきんちゃん気をつけて!!」というタイトルで、七美似の赤ずきんちゃんと矢野似のオオカミ、竹内似の猟師が登場。
お見舞いに出掛けた赤ずきんちゃんをオオカミさんが(色んな意味で)食っちまおうと近づきますが、その余りにも子供っぽさにガッカリ。
眼中になかったので去ろうとしたオオカミさんに赤ずきんちゃんが花で結った飾りをくれて一目惚れしちゃいます。
初恋だったオオカミさんは赤ずきんちゃんとデートしたくてウズウズ。
ゆりちゃん家に行くと行き先を赤ずきんちゃんから聞いたオオカミさんは、先回りして行く事に決めました。
お見舞い用の花を摘むのに必死だった赤ずきんちゃんはうっかりオオカミのおとり用の穴に落ちてしまいました。
そこにやってきた猟師さん。赤ずきんちゃんがオオカミと会ったと聞いて何処に行ったか聞きます。
お見舞いの女の子が危ないと思った2人は急いで向かいますが赤ずきんちゃんは足を挫いて猟師さんにおんぶしてもらいました。
ゆりちゃんの家に着いた2人。でもゆりちゃんの様子が変です。
それがオオカミだとバレて猟師さんは銃で撃ちました。
すると、なんと倒れたオオカミは実は猟師さんの幼馴染みのモッチーだったのです…
モッチーはお母さんを病気で亡くしてひとりぼっちになり、愛犬のララと旅に出ていったという。
そしてとうとうララも失ったモッチーはララの着ぐるみを着ていたのでした…
モッチーとララのお墓を作ってあげて、モッチーの好きになった赤ずきんちゃんをお前の代わりに一生見守るよと猟師さんは誓いましたとさ。
おわり。

ガクガク(((( ;゚Д゚)))ブルブル

オオカミを退治したしこれで一件落着かと思いきやよく考えるとかなり恐ろしい話ではないですか(笑)!
ベースは童話の「赤ずきん」なのは言うまでもありませんが、これからの僕いたを暗に表してるかの様で怖いです(--;)
矢野(オオカミ)は竹内(猟師)に撃たれて死んでしまうし、七美(赤ずきんちゃん)を(本人殺しときながら)お前の代わりに一生守るとか言ってるしΣ(゜Д゜;;)
怖い…マジ怖いですよ(笑)!

それから続きにヒミツ座談会というオマケ漫画もあるのですが、そこで『ラストページは誰かのアップで終わるらしい』というウワサを元に矢野、七美、竹内がそれぞれのラスト予想してるんですが、竹内だけ自分だけいい感じで終わるラスト予想してて2人から「竹内は意外と図々しい」とツッコミ入れられてたのがウケました(^^;)
しかも矢野だけならともかく七美まで…(苦笑)

オリジナル小説は「same time same blue」というタイトル。
書いてるのは小出真朱さんという方ですが同姓同名が他にいなければ漫画家さんみたいですね。
この方は「アニメDVD付きプレミアム版僕等がいた」に収録している小説も書いてらっしゃるみたいです。
語り手は竹内。内容は矢野が東京に行ってからの竹内の出来事。
七美に手は出さないと矢野と約束したけどやっぱり好きだし…竹内は好きな人が自分の近くにいるのに遠くに感じてるんだよね。
自分の想い人がすぐ傍にいるのに…こんな辛い事はないだろうなぁ。

1月号は僕いた、連載開始です。
矢野がついに登場するかそれともアキの思い違いか、楽しみです。

*関連エントリー
僕等がいた(betsucomi11月号)
僕等がいた(betsucomi10月号)
僕等がいた(betsucomi9月号)
僕等がいた(betsucomi8月号)
僕等がいた(betsucomi7月号)
関連記事

| 僕等がいた*コミック | コメント(7) | トラックバック(0)| | TOP↑

COMMENT

雖然看不明白日文的意思,不過大概是講一個繙外篇的故事(我猜的)
結果等了這麼久...等来的不是『我們的存在』...哭...
還要等多一個月...真無奈!!!!!!!!

| 小糖糖 | 2006/11/14 00:39 | URL | ≫ EDIT

雖然不明白,不過還是謝謝ちび !!!

| 小糖糖 | 2006/11/14 01:01 | URL | ≫ EDIT

小糖糖san

Hello!
I'm sorry in Japanese language(>▽<;)
"僕等がいた" does a serial restart from the January edition.
The enjoyment!!

| ちび | 2006/11/16 00:51 | URL | ≫ EDIT

「ヒミツBook」読みました!
ちびさん、こんばんは。
付録のためだけにベツコミを買う…
オマケのためにだけお菓子を買うような、これもある意味「大人買い」のひとつなのでしょうか。
とはいえ、今月号はまだだけど、先月も先々月も一応他の作品にも目は通してるんですけどね。
毎回通学バスから恋が生まれるって設定の「春行きバス」を結構楽しみにしてる私だったりします。(今回はこっちもお休みでした!)

「赤ずきんちゃん気をつけて!」はちびさんが言うように怖いハナシです。
3頭身キャラのギャグ漫画風でもまったく笑えませんよー。
実は私掲示板の方で、かってに妄想した「ねつ造最終回」がいくつかあるってバカみたいな事言っちゃったんですが、その中にはこんな話が実際あるんです。
もちろん竹内が撃ち殺したりなんかしませんが、矢野が死んで竹内が七美を…ってのは可能性のひとつとしてはあるんじゃないかって。
でもできればあって欲しくない展開なので、ちょっとショックでした。
あと、座談会の七美がなにやら「おばちゃん」入ってる感じで笑っちゃって…せんべい食ってるトコが特に。

オリジナル小説はまたしても竹内目線で、小説の時は竹内が語りというのはもうお約束なんですね、きっと。
この中で竹内は、矢野が七美との初デートで手をつないだ時の事を聞いてえらく驚いてましたけど、DVD付きプレミアム版の小説でも、矢野や七美の(竹内にとっては)予想外な行動にいちいち驚きの声を(心の中で)上げてましたっけ。
今までに公表された小説が、一冊の本になって発売されたらいいのにな…って思います。

本編の連載まで、あと1ヶ月待たなくちゃならないんですね。
名刺の人はホントに矢野なのか…
私は矢野だと思っているのですが、そうだったとしても矢野と七美が会うのはもう少し後になるのでは…と思ってます。
私の勝手な予想では9月27日の夜は最終回かその少し前の号くらいまでお預けになって、それまでは矢野が東京を離れてから今に至るまでの事が語られるんじゃないかと。
ちょうど竹内が「3年前矢野に会った」と橋の上で七美に話した時のように…
だから次号はアキが「○倉」なる矢野に会って、「今までどうしてた?」って話を聞く形で過去にタイムスリップするか、いきなり庸子の死後から始まるかのどちらかなのではないかと、ホントにホントに勝手に思い込んじゃってます。

1月号発売まで、掲示板で皆さんのご意見を聞きながら「僕いた」のドップリな日々を送りたいなと思ってますので、ちびさん、これからもどうぞよろしくお願いしますね。

| 黒糖 | 2006/11/16 23:23 | URL | ≫ EDIT

黒糖さんへ

こんばんは(^-^*)ノ
ヒミツBook色んな意味ですごかったですよね;
番外編私はてっきり、七美と矢野のほんわかストーリーだとばかり思ってたのです。
それがこうですからすごく衝撃が走りましたよ(^^;)
「…えっ…?」って(笑)
小畑先生はいつもファンの期待を翻す方ですね;
掲示板でも書かれていた黒糖さんの考えてる最終回、気になります!いつか教えてくださいね♪
私も実は妄想かなりしてまして、こうなったらいいなーと思うラストがあるんです。
もしそれが叶ったらすごく私としては嬉しいんですけどね。

小説、竹内の心のリアクション結構激しいですよねー。
こんな色々考えて悩みまくってるんだと思うと彼に同情してしまいます。
こういうのって付録ならではのものなんでしょうか。いつか本になったら嬉しいですよね。
私としては矢野サイドの小説が激しく読みたいです!

27日はおあずけになって矢野が東京を離れてから今に至るまでの事が語られる…
うーんさすが黒糖さん、読みがすごいですね。
今までもそういう感じで飛んだりしてましたもんね。
一番肝心な所は最後に取っとくって感じでしょうか。
そうなると私達読者は多少やきもきさせられる事になりますが、みんなが知らない矢野の過去もちゃんと知りたい。

今月号は載ってなくても付録目当てで買いましたが私も他の作品もちゃんと読んでいます!
春行きバス、私も好きです♪
宇佐美さんの絵が好きなんですよv
あと僕いたと180度くらい違う感じですがギャリズムなんかも毎回笑えて好きだったりします(笑)
(でもあと2回で終わるらしいのでサミシイ)

掲示板、どうぞどんどん使ってくださいね!
こんなに熱く語ってくれる方がたくさんいて作ってよかったと思えます(^-^*)

| ちび | 2006/11/17 01:57 | URL | ≫ EDIT

こんばんはちびさん。うにです。今月って、ちびさん書かれるのかなと考えてました。
私もベツコミ買いましたよ。今回は読むと、あれ?って感じでした。
私、特に予想と考察もしないのですが、このヒミツBOOK一体...何の暗示かと思いました。
まず、あかずきんちゃん(七美)&オオカミくんのモッチーの出会いがありました。「ゆりちゃんとやらを喰って」という表現もこれまでの流れにどことなく共通しています。
更に、読者が知り得なかった未来の描写もあり。独りぼっちになり、ヤケになったオオミはたくさんの娘を被害にあわせ、最後に猟師(竹内)に射殺されてしまう。薄幸のオオカミはララ美と共に墓場へ。元々グリム童話は怖い話ですけれど、またしても「事故」「自殺」「行方不明」から「死」「墓場」という不吉ワード全開。私はふと「僕等がいた」は何故に過去形かと考えました。駅で七美と矢野が別れたシーンでは、確か矢野の姿を見たのが最後だと書いてあったような記憶もあったな。まぁ私は気にしないでおきます。これ以上暗い展開は疲れる。理由はないけど矢野の苗字は変わってほしくない。矢野と七美とララ美はこれから幸せになってほしいし、そうであればいいのに。単なるギャグまんがだと思おう。

| うに | 2006/11/20 23:35 | URL | ≫ EDIT

うにさんへ♪

こんばんは~(^-^*)ノ
うにさんも買われたんですね!
ヒミツBook…すごい色んな意味で期待を打ち砕かれた感です(笑)
小畑先生は何を思ってなんであんな話にしたんだろうとか…;
うにさんが仰った通り『ギャグまんが』として私も捉える事にします。
というかそういう設定だったんだと思うんですが、如何せん話が今の話と沿っていて生々しく『リアルでありそう』な感じだったのでちょっと怖いと私は感じてしまう次第であります(--;)
本編であれだけ不幸に陥れているのだから番外編だけでもハッピーな漫画が読みたかった(笑)

| ちび | 2006/11/21 01:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chibilog.blog16.fc2.com/tb.php/458-358687e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。