[PR]

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

僕等がいた関連情報 (10月)

僕等がいた」関連の情報で把握してるものをお知らせします。
私もビックリのビッグニュースが!

1. 僕等がいた」スペシャルツアー決定!

僕等がいたの舞台となったあの場所へのツアーが実施されます!

催行日:12月16日~17日(1泊2日)
旅行方面: 北海道・釧路(阿寒湖温泉)
出発地:羽田空港
旅行代金: お一人様 68,000円
※和室定員利用のお部屋です。
基本的には同性の方と相部屋になります。
募集人員: 30名
最少催行人員:25名
利用予定航空会社:全日空
利用予定ホテル:ホテル阿寒湖荘、またはホテルエメラルド
添乗員:釧路空港より1名同行します。
羽田空港では係員がお世話させていただきます。
募集期間: 10月13日(金)~11月22日(水)
※受付は先着順になります。お申込みが定員に達した場合〆切前でも募集を終了する場合があります。

詳細&申し込みは僕等がいたスペシャルツアーサイトをご覧下さい。


2. 前回お伝えした通りケイタイで僕等がいたグッズを買えます!

販売品はパソコンサイトと同じものです。(商品内容はこちら
購入方法はメールで申し込むことになります。

メールの件名に『「僕等がいた」グッズ申し込み』
メールの本文に
1. 注文する商品名(品名は正確に!)と個数(書き方例:クリアファイル×2)
2. あなたの郵便番号と住所、氏名(ふりがな)、電話番号、学年

を記載して
bokuragaita@movic.co.jpに送信してください。

購入する前に必ず読んでください
※送料は一律600円です。(商品代金+送料(600円)=支払い代金となります)
※商品が届いたら同封されている「郵便振り込み用紙」で商品到着後2週間以内に振込をしてください。(別途、振込手数料100円が掛かります)
※送料を含めて3000円以上のお申し込みの場合、郵便局員に支払い代金を渡す「代引き」扱いになりますので、事前に金額を用意しておいてください。(手数料100円などは無し)
※メール注文受理後、商品が届くまで約15日程度掛かります。
※商品が届いてから1週間以内は返品可能。電話にて承ります。(返品の際の送料はお客様負担になります)
※グッズには限りがあるので品切れする場合もあります。


お問い合わせは(株)ムービック TEL:03-5995-7204まで
(受付時間帯:月~金曜日の10:00~17:00 (祝、祭日、12/22~1/4を除く)
※電話での注文は扱っていませんのでご了承下さい。


3. 「僕等がいた」アニメDVD付きプレミアム版10月26日に発売!
僕等がいたプレミアム版アニメDVD付きプレミアム版 僕等がいた


Amazonで詳しく見る

[PR] Amazonギフト券
アニメの第4話を収録したDVDとそれに準ずる原作の6~7話収録の冊子&オリジナル小説がセットで発売!限定3万部発行。(税込600円)
オリジナル小説は小畑友紀先生描き下ろしの挿絵入りです!


4. TVアニメ「僕等がいた」のエンディングテーマソングCDが10月25日発売!
僕等がいた エンディングテーマTVアニメ 僕等がいた エンディングテーマ selection「想い」
加藤いづみ/ささきのぞみ/麻生かほ里


Amazonで詳しく見る

[PR] Amazonギフト券
僕等がいたのエンディング曲は毎回変わるんですがどれもそのシチュエーションに合った曲選ですごくいいです♪
収録曲の「好きだから」と「ふたりの季節が」は僕等がいた用に書き下ろされたものですが、「ここにいて」はアニメ「ナースエンジェルりりかSOS」の挿入歌を僕等がいた用に歌詞をアレンジしたもの。

*収録曲
1.好きだから(歌:加藤いづみ)
2.ふたりの季節が(歌:ささきのぞみ)
3.ここにいて [僕等がいたver.](歌:麻生かほ里)
4.好きだから(インストゥルメンタル)
5.ふたりの季節が(インストゥルメンタル)
6.ここにいて [僕等がいたver.](インストゥルメンタル)


*関連エントリー
僕等がいた関連情報 (9月)
僕等がいたアニメ化決定!!
TVアニメ「僕等がいた」オープニングテーマ「君だけを…」Mi 8月に発売
アニメ「僕等がいた」1巻 スペシャル・エディション&通常版DVD10月4日発売!
関連記事

| 僕等がいた*コミック | コメント(4) | トラックバック(0)| | TOP↑

COMMENT

アニメDVD付きプレミアム版買いました!
3軒目に行った本屋に1冊だけ残ってたのをゲットしました。
やっぱりDVDは画像がキレイですね。
私は書き下ろしの短編小説めあてで買ったんですが、2005年付録のファンブックに載ってたバレンタインのお話同様、今回も語り手は竹内でした。
小説のときは竹内目線ってのは、もしかしてお約束なんでしょうか…

| 黒糖 | 2006/11/07 23:30 | URL | ≫ EDIT

黒糖さんへ

おぉっ!買われたのですね!
私も迷ったのですがアニメは既にDVDで買っているしなぁーと思い見送りました。
でも小説があるんですよねぇ(^^;)
竹内の目線なんですか。だったらもしかして七美と矢野のお話なのでしょうか。
竹内のモノローグはあまり存在しませんが片恋の想いなのでいつもかなり切ないものですよね…

| ちび | 2006/11/13 00:10 | URL | ≫ EDIT

竹内目線
小説は、「クラスで0点取った女子がいる」と矢野が竹内に話す所で始まって、七美に好きだと告白した後夜祭翌朝の、通学途中の竹内と矢野の会話で終わるというものです。
奈々の死後心を閉ざしてしまうことが多くなった矢野の口から「高橋」という名が頻繁に出るようになる。
それから矢野が少しずつ以前の彼に戻っていく様子を、竹内の細やかで思いやりのある目で描写していく…って感じのお話です。
この時点ではまだ竹内の心の中はほぼ矢野が占めていて、七美のことは「矢野を変えた子」として気に掛けてるという感じでした。
思ったのは、竹内は矢野のことが大好きなんだなぁってこと!
竹内…いい奴だ。

| 黒糖 | 2006/11/13 01:51 | URL | ≫ EDIT

これいい!

 黒糖さんの書き込みを見てから竹内目線の小説すごく気になってました。近くの書店で見かけず、とうとうアマゾンで買ってしまいました。
これ、自分じゃ気づかない矢野や七美のいいとこがわかって竹内の素直な目線がすごくいいです。
矢野が七美に惹かれていく様子や、竹内も段々七美が気になっていく心の動きもわかり小説としても読み応えあります。
ここでは七美と矢野が付き合い始めるまでの話ですが、この続きも読みたいです。
いつか、ノベライズで出版されないでしょうか?
今回、ファンブックも一緒に購入してしまって、はまりまくってます。
釧路って素敵なとこだったんだと、前に少し寄った事ありましたが、あんまり記憶になくて・・・もう一度行ってみたくなりました。
そして矢野が自分と息子と同じ蟹座と知り息子が矢野みたいな子にならないかなぁと密かに期待してしまいました。(親バカですみません!)
もう一度1巻から読み直そうかと思います。

| 蜜柑 | 2006/11/25 02:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chibilog.blog16.fc2.com/tb.php/442-a62c0caf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。