[PR]

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

アニメ 僕等がいた (第11話)

アニメ僕等がいた21 アニメ僕等がいた22

後悔なんかしない したことない ただちょっとしくじったかなと思うだけ
ただちょっと バカなことをしたと


矢野は奈々があの日香川の車に乗っていた訳を有里から聞かされる。
矢野からの電話に出なかった奈々はそのおよそ20分後、事故で亡くなった。
事故に遭ったのは全て自分の自業自得だと言う矢野に、有里は「じゃああんたの罪は?」と問いかける。

有里の逆襲が始まった…
有里とあんな事にならなければ…でも過去は変えられないって矢野も分かってるから「過去に負けない今作ろーぜ 」と七美に対しても言ってるんだけどそれを掘り返す如く攻撃する有里。
『罪』に関して。
矢野はもちろん罪がある。
死んでしまった後とはいえ、奈々を裏切って有里とそういう事をしてしまった罪。
有里は矢野に対して自分の事も裏切ったと言ってるけど、奈々の事を思えば同罪ではないか?
矢野が有里に無理矢理したわけじゃないし、お互い公認の上でそういう事に及んだのではなかった?
何故矢野に全ての罪を押し付けるんだろうか。

「踏みにじってズタズタにしてボロボロにして…」っていう七美に発した矢野の言葉が悲しいですね…
矢野の全てを知りたい七美と知らない方が幸せでいれると分かって黙っている矢野。
二人の価値観は全く違う。

「一生後悔するぞ」と竹内に忠告された矢野ですが結局七美に有里との事を話してしまう。
それは七美の気持ちを信じたからでしょうか。好きだからちゃんと伝えようと思ったんでしょうか。
でも七美は受けとめる事が出来ず泣いてしまう。
まだ高校生だもんね…しかも初めての恋愛。過去の事とはいえ、そんな大きな器持ってるはずない。それは仕方ないと思う。
もう少し大人だったら受けとめる事ができたかもしれない。
七美そして、矢野も…
幼さが悲しい。

今回のエンディング曲は「ふたりの季節が」ささきのぞみさんでした。

*関連エントリー
アニメ 僕等がいた (第10話)
アニメ 僕等がいた (第9話)
アニメ 僕等がいた (第8話)
アニメ 僕等がいた (第7話)
アニメ 僕等がいた (第6話)
アニメ 僕等がいた (第5話)
アニメ 僕等がいた (第4話)
アニメ 僕等がいた (第3話)
アニメ 僕等がいた (第2話)
アニメ 僕等がいた (第1話)
アニメ「僕等がいた」1巻 スペシャル・エディション&通常版DVD10月4日発売!
僕等がいたアニメ化決定!!
関連記事

| 僕等がいた*アニメ | コメント(4) | トラックバック(0)| | TOP↑

COMMENT

ちびさん、こんばんは!

ホントに何と言うか…私のただ長いだけの文章をあんな風に言って頂いて、ありがとうございます。
正直、最初は『僕等がいた』の記事を読む事だけが目的でこちらに来ていました。
最近になって僕等以外の記事やサイト内のあちこちを少しずつ覗かせて頂き、ちびさんの引き出しの数の多さに驚いている私です。
すごいですね!
私、ちびさんのファンになっちゃいました♪
私のこんな文章でよろしければ幾らでも書きますので、これからも『僕等がいた』談義をよろしくお願いいたします。

有里の逆襲…怖いです。
夕暮れ時に突然やってきて「知りたくない?」って…
しかも「高橋さんには なんの関係もないこと」って…
確かにアナタにはそうかもしれないけど、矢野には違うんだからー!

今回は、ちびさんの意見と私のはほぼ同じです。
日記を読ませて頂き、最後まで「うんうん」と頷きっ放しでした。
そうですよ、あれはお互いの合意の上での事なんですよね。
2人の中で違うものがあるとしたら、有里には恋愛感情があったけど矢野にはなかったという事でしょうか。
矢野にとってはその場限りの慰めだったんでしょうが、相手が誰でもよかった訳では決してないんですよね。
有里だから、奈々という大切な人を失ったという同じ思いを持つ人だからそうなった。

有里の家で事に及ぶ前に、矢野は躊躇するじゃないですか。
あの時、引き返すことが出来たんですよね。
「おまえ 〝初めて〟じゃねえの?」
「〝初めて〟だよ?おじけづいた?」
たとえ臆病者となじられたとしても、ここでやめておけば良かったのに。
そこが『幼さ』故ですかね。

有里の部屋はかつて奈々の部屋だった。
奈々とそういう時間を過ごした(かもしれない)同じ部屋で、今はその妹と関係を持っている…
これ、ある意味拷問に近いんじゃないかと。

有里の言う「罪を軽くしてあげる」という言葉はあまりにも一方的ですね。
夏休み中ずっと香川と連絡取り合ってたから、矢野より先に奈々が裏切ってたんだから、奈々に対する罪はチャラになる。
でも、自分(有里)に対する罪は変わらないからと言ってる訳ですよね。
うーん…この勝手な言い様は、私もちょっとわからないです。

「一生後悔するぞ」と竹内は言ったけど、ここまで限りなく黒に近い灰色状態で、黙ってろって事の方が無理なんじゃないでしょうか。
私は以前、自分なら騙し通して欲しいと言ったけど、それはこんな風に表にまだ出てきてなければの話であって、ここまで来ちゃったら言うしかないと思う。

矢野が七美に本当の事を話したのは、七美の気持ちを信じた(信じたかった)のと、好きだからちゃんと伝えようと思った、どちらかではなく『どちらも』矢野の気持ちの中にあったのでは?

「どんなことがあっても 受けとめるから」と心に決めた七美でしたが、こういう答えは彼女の『どんなことがあっても』の中にはなかったんでしょうか。
七美には想像すらできなかった答えだったのか。
それとも、こういう答えが返ってくる事は予測してたけど実際に聞いてしまったら、受けた衝撃は考えていた以上に大きかったという事なのか。

確かに大人なら、好きになった人が過去に誰かとどうにかなっていたとしても、嫉妬はあるでしょうが「それもアリ」として受け止める事ができる。
もっと綺麗に言うなら、そういう過去があったからこそ、今の、自分が好きになったこの人がいる…って事なんでしょうが。

ふと思ったのですが、こんな重大な話を昼休みで人がいないとはいえ、学校で、しかも教室で話すって…なんかスゴイ。
そういえば前にもロッカーのとこで「ラブホとか なんか…やだなあ…」とか言ってた様な…







| 黒糖 | 2006/09/27 03:00 | URL | ≫ EDIT

黒糖さんへ

こんばんは~!
私の他の記事やサイトにも目を通して頂いてたなんて光栄です!
全然引き出しは多くないです;広く浅いだけです(爆)

さて、11話ですが…なんと黒糖さんと私が同じ様に感じていたと…!
矢野は有里の術中にはまったというか…あれさえ無ければ…
そういえば部屋も奈々の部屋ですもんね。酷いと思います。
やっぱり有里は奈々の事あまりいい風に思ってなかったんでしょうか。

>こういう答えは彼女の『どんなことがあっても』の中にはなかったんでしょうか。七美には想像すらできなかった答えだったのか。

ある程度は覚悟してたと思いますが、それは最悪、『矢野は山本さんと付き合っていた』とかだったかも知れませんね。
でも実際はそうじゃなくても付き合ってもないのにそういう事してるって事がショックだった。と。
私もそうですが付き合うと気になって元カノや元カレの事聞いたりするじゃないですか(笑)
例えばそれが同じ学校の子とかでまぁ付き合ってるからする事はしてる訳で…でもそれは付き合ってたから許される行為で、付き合っても無いのにそういう事した、と言われるとそっちの方がショックですよね。
そういうのか、
それとも何も無いと最初から矢野を信じていて、裏切られたからか。
七美の場合は後者の気がします。

>こんな重大な話を昼休みで人がいないとはいえ、学校で、しかも教室で話すって

高校生っていう設定を押し出す為にわざと小畑先生がそういう所で話させているのかな(笑)
確かに学校でディープな話してますよね(^-^;)

| ちび | 2006/09/28 21:46 | URL | ≫ EDIT

ちびさん、こんにちは~♪
お返事をありがとうございます。
七美が受け止められなかった理由…納得しました。
そうですよね、彼女はまだ純真なオトメだという事を忘れてました。
『何かあった』というだけでそういう事考えちゃうのは大人だからで、七美的にはそこまで酷い事だとは思っていなかったんですね。
うーん…それは相当ショックでしょう。

ちびさんの文の中にあった
『有里は奈々の事あまりいい風に思ってなかったんでしょうか』
これは私もいつも考えるんですが、ちっともわからないんですよー。
たぶん小さい頃からいつも比べられて、劣等感の塊みたいになってたんでしょうね。
ただひとつの救いは、自分は姉の様なバカ女じゃないって事で。
秘かに想いを寄せていた矢野がその姉と付き合いだしたから、劣等感はもっと強くなったんじゃないかと思うんですが…
そうなると当然姉への妬みや憎しみがあっただろうと推測しちゃいますけど、私自身、きょうだいがいない一人っ子なもので、その辺の感情というのが経験としてわからないんです。
聞くところによると、きょうだいには好き嫌いの感情があったとしても、肉親としては愛しているんだそうですが…
有里にとって奈々は何だろうって、今現在の所に来てもわからないです。(写真は大事に持ってるし)

学校で重大な話…考えてみれば、学生時代って生活の殆どが学校なんですよね。
私は中学からずっと女子校だったので、こういう色っぽい話とはまったく無縁な10代だったんですよぉー!
ちゃんと恋愛したのなんて、恥ずかしい話ですが社会人になってからだし。(笑ってください!)
学生だった頃は何とも思ってなかったんですけど、大人になってから、制服姿で手ェつないで歩いてる子達見かけて「ちょっとイイなー」と思った事があります。
すでにいい歳でしかも主婦の私(言っちゃった!)にはもう別世界の事なんですけど、『僕等がいた』は矢野や七美、その他の子達も「がんばれ!」って応援したくなる不思議な本です。

| 黒糖 | 2006/09/30 11:28 | URL | ≫ EDIT

黒糖さんこんばんは~♪
有里が奈々をどう思っていたかは私にも未だわかりません。
ただやはり、血が繋がってるのに性格も容姿も全く正反対なので劣等感はありまくりだったでしょうね。
奈々はまた男変えた?とウワサされるくらい目立つ存在でしたし。
でも死んで『ざまぁみろ』とまでは思ってないと思いたいです;
そこまで思ってたなら有里は本当に人として最低です(--;)

私は弟がいますが奈々と有里のような同性のきょうだいではないので断言できませんが、ケンカはしょっちゅうしててもやっぱり“きょうだい”なので憎いというかそこまで本気で嫌いとか思った事はありません。
一緒に育ってきた者同士で付き合いも長いのである意味愛情というか、例え意見が食い違ってもそういうヤツだからと割り切れるんですよね。
有里も同じ環境で育ってきてるハズなのにいつまでも奈々の性格を受け入れられないでいるのは、恋愛が絡んでいるからなんだと思います。
きょうだいで同じ人を好きになった時、もう“きょうだい”ではなく“ライバル”になるわけですよね。
親友と同じ人を好きになり、すごく仲がよかったのに仲が拗れるのと同じ理由です。

黒糖さっは女子校だったんですね。私は共学でしたが高校生の時はこんな恋愛まったくノータッチでした;
悲しいかな友達の恋の相談役に徹していましたよ(-_-;)
私も専門学校生になって付き合いだしたので余計この幼い時期に恋愛してた2人が羨ましく、ほほえましく思えます。
ノートの貸し借りとか放課後残っておしゃべりしたり授業をサボったり一緒に帰ったりしてみたかった…(笑)
だから僕いたを読んでると違う意味で切なくなります;

私も既婚者ですよ♪境遇が同じで嬉しい!
学生当時は恋人は居なかったけれどすごーく好きな人は居て、でもずっと片思いで切なかったいい思い出としてあの頃を懐かしむという感じで僕等がいたを読んでいます。
だから一生懸命恋をしている矢野や七美に頑張って欲しいから応援したくなるんですよね(*^-^*)

| ちび | 2006/10/01 02:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chibilog.blog16.fc2.com/tb.php/434-3db3a2c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。