[PR]

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

ジョゼと虎と魚たち

B0002JDUW4ジョゼと虎と魚たち
妻夫木聡 田辺聖子 犬童一心
角川エンタテインメント
2004/08/06

忘れたい、いとおしい、忘れられない。
DVD借りて観ました。
前から観たかった作品で、でもチャンスがなくてやっと観た。
本当にいい映画。もう一度、というか何度も観返したくなる様な作品でした。まだ観てない方、おすすめです。
どんなお話かというと…妻夫木演じる恒夫のバイト先で最近話題に挙っている乳母車で散歩をする婆さん。“その乳母車には麻薬とか大金が入ってる”と言われてて恒夫も気になっていた。
ある日犬の散歩をしていたら坂をあの乳母車だけが猛スピードで下ってきた。
行き止まりでぶつかり、恐る恐る乳母車の中を確認すると少女がうずくまっていた。それが自分を「ジョゼ」と名乗るくみ子との出会い。
ジョゼは小児麻痺で歩けない。婆さんはそんな孫を近所に見せたくなくていつもジョゼは乳母車に乗せられて散歩をしていた。
ひょんな事がキッカケで家に朝食を呼ばれた恒夫だがジョゼの料理の腕前に驚かされ度々ジョゼの家に足を運ぶ事になる。

以後感想。ネタバレも含みます。
まず、ジョゼが強烈に個性的なキャラクターで好きです。
ばりばりの大阪弁なんだけどお婆さんと暮らしていたせいか、喋り方のトーンや服装がとてつもなくババくさい(--;) 普段からあまり外出しない生活を送っているのでおしゃれというものを知らないのだ。
大阪らしくいうと「むっさい」カンジ(笑)
言い方も女の子らしくはない。でもどことなく自分の世界を持っていて、それに恒夫は惹かれていく。一見不釣り合いな2人だけどとても幸せだった。
乳母車から顔を出して町を恒夫と駆け巡る時にジョゼが周りに興味津々な所がかわいい。
恒夫に出会う前はどこか生気のなかったジョゼが人らしく、女の子らしくなっていくのがわかる。
恋というものがジョゼを少しずつ変えていく。
でも、恒夫は実家にジョゼを紹介しに連れてく途中、ジョゼがはしゃぐのをうっとおしく感じてしまう。
本当にこの先ジョゼと上手くやっていける自信はあるだろうか?
そして、恒夫は両親に紹介するのを辞めてしまう――
今は幸せだけど身体障害を持つ子との未来を考えたら怖くなったのかな。
だから健常者で色々な弊害が無い前の彼女の元にいってしまった。
そういう所がやけに現実っぽくて生々しい。
恒夫は卑怯な男だと思う。でもこれから先、支える事が出来ないとちゃんと答えを出したのは正しい選択なのかも知れない。
身寄りの無い、障害を持った子に同情で付き合っていくなんて残酷なだけだから。
それをジョゼはわかってた。だから別れる時も後を追わなかった。

その後2人はもう会う事もなかった。
この『短い恋』に意味があったのかは最後に出てくるジョゼを見れば自ずと答えが出ている気がします。

*ジョゼと虎と魚たち 公式サイト
シェアブログ1565に投稿
関連記事

| 映画 | コメント(7) | トラックバック(4)| | TOP↑

COMMENT

TB有り難うございます。最後二度と会うことはなかった2人。本当に切なくなりますね。
最後は結局また元の鞘(上田樹里)に戻った恒夫って・・・
なんか少し腹が立ったのは私だけでしょうか(笑)

| AK | 2006/05/27 22:11 | URL | ≫ EDIT

AKさんへ

こちらこそコメントありがとうございます!
別れても友達として関係を続けられる場合もあるけど、友達にもなれない。
ジョゼはそういうタイプの子じゃないんですよね。
切ないですよね。

あの恒夫の行動は男性から見ると「わかる気もするなぁ~」なのかな(笑)
女性からの視点だと最悪な男、かな?
元サヤは…って感じですかね(^^;)
でもそれがキッカケでジョゼは心の変化(あれだけ嫌がってた車イス、化粧とかちょっと自分を磨く)というか素敵な女性に生まれ変わっていったのは事実ですよね。

| ちび | 2006/05/30 01:18 | URL | ≫ EDIT

この記事を読んで、観てみたくなりました。
人との出会いが、急激に何かを変わる瞬間って確かにあると思います。

| わだ | 2006/06/01 04:22 | URL | ≫ EDIT

びっくり!

私も、ちょうど同じ日(!)にDVD観ました!ずっとずっと観てみたくて、その日にはじめて観たんですけど。 切ない気持ちでいっぱいになりました。ジョゼは強い人だなと、最後のシーンでそう思いました。ああいう経験はないのだけれど、どこかで体験したことのあるような気がして。あと、ジョゼの口調に影響されました(笑)

| きい | 2006/06/01 14:05 | URL | ≫ EDIT

わださん>初めまして。モノポータルの運営の方がわざわざレビューを読みにきて下さるなんて光栄です♪今後も利用させてくださいね!
この映画、オススメです。是非ご覧になって下さい。
特に女性に観て貰いたいです。私はジョゼのファンになっちゃいましたw
きいさん>初めまして。奇遇ですね!
私はジョゼみたいに付き合って振られた経験があるんですけど相手が恒夫みたいに泣いたんですよね。
別れを切り出したのは自分やろ!と当時その時の彼の心情がわかりませんでしたが「その時こう思ってたのかな…」と恒夫に重ねて見てちょっとわかった様な気がしました。
それからきいさんと同じ様にジョゼの口調、影響されましたよ(笑)
私は元々関西弁なのですが「なんや…」とかうっとおしく言ってみたり?「そんなんもわからんのか…(´-ω-)=з」とちょっと見下してみたり(笑)

| ちび | 2006/06/02 21:48 | URL | ≫ EDIT

TBありがとうございました。

TBありがとうございました。
この映画を見ると過去の恋愛について振り返ってしまいます。
ハリウッドの恋愛映画のような臭い台詞やシチュエーションが
なく、リアルな恋愛を体現できます。
過去に一度でも誰かを振ったことがある人は
胸が痛くなります。

今度、訪れた際には、
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

| シムウナ | 2008/10/15 22:50 | URL | ≫ EDIT

シムウナさん♪

こちらこそありがとうございました♪
ちょっと古い映画ですが、内容はどんな人でも抱く心情が描かれていて、すごく印象深い作品でした。
私もフラれた事もフッた事もあるので、2人のどちらの気持ちもとてもわかります…
でも同じ女性として、後ろを向かないで前に進んでいったジョゼの捉え方、生きかたがすごく格好よくて、大好きになりました。

個人的に共感したレビューにぽちっとさせて頂きました☆

| ちび | 2008/10/20 16:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chibilog.blog16.fc2.com/tb.php/389-025036cc

TRACKBACK

ジョゼと虎と魚たち

忘れたい、いとおしい、忘れられない。

| Addict allcinema 映画レビュー | 2009/07/24 16:12 |

No.138 ジョゼと虎と魚たち

自分が今まで見た恋愛映画の中で、これほど リアルな別れを体現させてくれる作品は出会ったことが なかった。数多くある恋愛映画は泣かせる演出だったり 言葉だったり作られた世界というイメージが定着していたけど この作品は、違った。

| 気ままな映画生活 | 2008/10/13 22:51 |

ぴあフィルムフェスティバル/第125週

こんにちは。 月曜担当中島梨英です。 東京は久々にちょっと涼しく、雨も降らず、過...

| menstrend renew | 2008/01/28 16:32 |

ジョゼと虎と魚たち

ラストが衝撃的なこの作品。結果として一般的には高い評価を得ていないようだ。だが、僕は二人の成長という観点から見て、未来に繋がる素晴らしいラストだったと思っている。確かに恒夫は最終的にはジョゼを捨て、香苗とくっついたわけだから、その行動はいかにも無責任で、

| Let's go for it! | 2006/05/27 00:41 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。