[PR]

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

夕凪の街桜の国 こうの史代

夕凪の街桜の国夕凪の街桜の国
こうの 史代


Amazonで詳しく見る
このオチのない物語は、三十五頁で貴方の心に湧いたものによって、はじめて完結するものです。

私自身興味があったのとしんプレで紹介があったのとずっと前にBBSで寛さんがお勧めしてくれてたので買いました。本自体は100ページ位のちょっと薄めなのですがその少ないページ数から読み取るものは非常に多かったです。
絵はなんとなく懐かしく感じ、ほのぼのとした印象なんですがたまに挟み込まれる原爆の描写にハッとしました。その落差がこの作品の魅力なんだと感じました。
私は普通は1回読んだら期間があいてから読み返すんですが10回程繰り返して読んでしまいました。そうやって読み返している内に「読み手」から「物語の当事者」に摺り変わっていき他人事の様に感じていた事が自分の中に溶け込んできました。これから読まれる方へぜひ何度も読み返す事をお勧めします。
それから詳しくはわかりませんが2007年夏に映画化するそうです。

物語の構成は「夕凪の街」と「桜の国」の2本立て。この2つの物語は繋がっています。
ここからは感想を述べる上でネタバレがあります。

最初の「夕凪の街」は皆実の物語。原爆で父と姉と妹を亡くして10年、自分は未だに生きている事に疑問と罪悪感を抱きながらも幸せに暮らしていた。そして人並みに恋をし、結ばれる。
ようやくあの日の出来事を昇華できたと思った矢先、『現実』に引き戻されるのだ。

それまでなんにもなかった自分の体が10年経って10年前自分に降り掛かったものが襲ってくる。
これほどおそろしいものはないと思う。
原爆という『兵器』は他のどの武器よりも強靭でしつこく、逃げても逃げても追ってくる、影の様な実体が見えないものなんだと思った。

桜の国」は七波の物語。2つの物語は繋がりがあると書きましたが七波は皆実の弟の娘。七波は幼い頃母親を亡くして父と弟の凪生と3人暮らしをしていた。
何処かにフラフラと出掛けてしまう父を怪しんで後をつけると広島に行き着いたがそれには訳があったのだ。
七波は父の行方を追い広島の地を巡り、それまでずっと抱いていた事、自分の母親が幼児の頃被爆していた事で若くして死んだのではないか、自分にはその二世としての後遺症が残っていていつ死んでも不思議じゃないのではないかという気持ちを「自分は2人を選んで生まれてきたのだ」と信じることで、やっと拭い去る事ができる。

弟の凪生も交際相手の親から拒絶されていたのが描かれている通り戦争が終わっても被爆二世である人への差別がある事を意味します。
私は驚きました。現実にこういう事があるとは知りもしなかった事だったんです。
私の中での『戦争』はあの日、昭和20年8月6日に原爆を落とされてから15日に無条件降伏をして終わったものだと思っていた。
でも、戦争はまだ終わっていないんだと感じました。

最初に紹介した文章は作者のあとがきにあるもの。『オチの無い物語』ほど気持ち悪いものはない。
「心に湧いたものによって、はじめて完結するもの」
読んだ人それぞれの受け留め方によって成り立つ物語。
夕凪の街」の最後の方に自分はまだ闘っているという描写がある。
「やった!またひとり殺せた」とちゃんと思うてくれとる?という言葉がある。
この出来事は幾つも夜を重ねても、年月が流れていっても、いつまでも終わらない、終われない物語なのだと私は受け留めました。

*平成16年度(第8回)文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞
*朝日新聞手塚治虫文化賞 新生賞
*Yahoo!ブックス こうの史代インタビュー
*同人誌「ナルカワの日々」通販
*COMITIA こうの史代ページ
シェアブログ1192に投稿
関連記事

| 漫画 | コメント(5) | トラックバック(3)| | TOP↑

COMMENT

『夕凪の街桜の国』

ちびさん、はじめまして。
touch3442といいます。
『夕凪の街 桜の国』にTBしていただいて、ありがとございました。
ぼくからも、TBさせていただきました。
原爆の問題だけでなく、シベリア抑留や中国残留孤児など、戦争は様々な傷跡を残しています。
しかも、ぼくたちはそうした経緯を全然知らないんですよね。せめて、原爆の悲劇だけでも、永遠に語り継がれるようにしたいものです。

| touch3442 | 2006/04/22 18:23 | URL | ≫ EDIT

!!

自分が歳をとって色々なことを経験していけばしていくほど、深くなっていく作品だと思いました。
と、1年ほど前読んだ時に感じました。今でもそう感じます。
コロコロ変わる自分にしては珍し
そんな作品だと思いました…。

| 寛 | 2006/04/23 02:55 | URL | ≫ EDIT

touch3442さん>
わざわざコメントありがとうございます!TBもありがとうございました。
強制連行、生き別れ、音信不通等…戦争はそれ自体が終わっても後世に色々な副産物まで生み出してしまうんですよね。
それによって生まれた憎しみの感情もいつまでも消えない。
堂々巡りだと思います。
ただ、相手国に対する憎しみの心を伝えてゆくんではなく、そういう心を初めから生み出さない(戦争は絶対しない)環境を作ってゆくのが大事だと思いました。

寛さん>
おすすめして下さっただけあって本当に読んでよかったなと思えました。
私も年を重ねる毎に読むと新たな感情の発見があるのかも知れません。

| ちび | 2006/04/24 00:27 | URL | ≫ EDIT

すばらしいですよね

 こんにちは、TBさせていただきました。
 私も、買って2日で、10回近く読み直して、その後、ネットで、あれはああだったんだ!と気づくたびに、奥深さを思い知りました。

| カツミアオイ | 2006/10/27 00:13 | URL | ≫ EDIT

カツミアオイさん>
どうも初めまして!コメント&TBありがとうございます。
そうですよね。この作品って読み返してこそ意味があるものだと思いました。
映画も公開されるみたいなので機会があればぜひ観に行きたいと思っています(^-^*)

| ちび | 2006/10/29 20:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chibilog.blog16.fc2.com/tb.php/379-3fe7d95f

TRACKBACK

雪風三部、高村三部と、No6五巻

 広島の影響で、'''『夕凪の街、桜の国』'''を買いました。 伏線がちりばめられた、濃密な、悲しくも残酷さも美しくも前向きなのも、人のすべて(女のすべてと言ってもいいかも)が、存在するお話です。 私ごときが、感想を書けなさそうなので、

| EncycRopIdia | 2006/10/27 00:11 |

夏休みの思い出、読書感想文

ブログ村に参加しています。一票応援よろしくお願いします。 夕凪の街桜の国こうの 史代 (2004/10)双葉社 この商品の詳細を見る今日から9月、小学生や中学生や高校生は、新学期始まりますね。僕は、この時期にな

| 旅に、グルメに、読書に、映画……週末ライフの過ごし方 | 2006/09/16 10:12 |

『夕凪の街 桜の国』こうの史代著(双葉社)

夕凪の街桜の国 町には沈丁花の花の香りが漂うようになって、ようやく春らしくなってきました。会社の近くの民家では、気の早い桜が七分咲きというところもあります。 さて、「桜」つながりで、思い出したのが、このコミックです。2年程前に、『ダ・ヴィンチ』で取り....

| 生きることにも心急き、感ずることも急がるる… | 2006/04/22 18:15 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。