[PR]

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

「僕等がいた」16巻(最終巻)& ミニイラスト付き限定版発売!

僕等がいた 16 ミニイラスト集付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
僕等がいた 16 ミニイラスト集付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)小畑 友紀

小学館 2012-03-26
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る

ついに最終巻発売されました!



せっかくなのでミニイラスト付きの方を買ってみましたよ♪
ちょうどコミックサイズです。中身もちょっとだけ紹介~。

bokuita16_1.jpg
bokuita16_2.jpg
bokuita16_3.jpg

雑誌連載時のカラートビラ絵などが収録されていて、ひとつひとつにコメント付きでした。
16巻の表紙にもなったこのイラストは、実は一番描きたくないラフだったようです^^;
青々とした緑の草原が絵の組み合わせとして好きじゃなかったそうですが、実際描いてみるとイイ感じに仕上がったとか。
先生の仕事場の写真なんかもありました。
前も見たことがありますが、あんなに売れっ子漫画家なのにオフィスというより普通のお部屋(自宅?)で描いてるんだな~ってのがよくわかります。個人のアトリエの様な感じ?
そして「僕等がいた」についてのインタビューも。
これについては後々触れるとして、まずはコミックを最後まで読んだ感想を…


なんと雑誌未収録の加筆ありです(@_@;)
七美と矢野の朝チュン的なシーンもあった…(〃▽〃)
ついに…って感じで~(笑)そういうサプライズもあって嬉しかったのですが、追加されたものや書き換えられてる部分もけっこうありました。
例えば、矢野が部屋で竹内の指輪を見つけるシーンが追加。
「おまえがこの指輪の意味をちゃんと理解したら、その時はおまえの手で捨てろ。」という竹内からの手紙が残されていて…
七美を幸せにするという決意が込められたその指輪を矢野に託す事で「代わりにおまえが幸せにしろ」という竹内からのメッセージだったんですよね。
そしてその竹内の想いのこもった指輪を『捨てる』事で、自分が七美を幸せにするという意志を見せろと。
雑誌では指輪の事がスルーされていたので、矢野が無事見つける事ができたのでよかったよかった^^;

そして、ちょいちょいセリフも違うんですが、全体的に矢野が『ダメな人間』から『まともな人間』に変わってた印象が…(笑)
例えば、七美の連絡をとろうとした時にララ美に話しかけるシーンで「オレ ナナちゃんに会う資格あると思う?」って聞いてたのが「オレ やっぱタケも大事なんだよなぁ」に変わっていて、自分だけじゃなく竹内の事も気にかけている感じになっていました。
それから、七美の会社に電話を掛けるか悩んでたシーンでは、どういう話をしようかとか七美に対する強がり的なものがうかがえたのですが、コミックスでは素直な気持ちを伝えようとする矢野がいました。

セリフの変更点はまだあります。
神戸出張で上司に心の内を打ち明けるシーン。
今まで七美にもらってばっかりな自分が幸せにできるんだろうかとか自分は何をあげられるだろうかと、これから自分が七美への支えになろうとしている矢野。
雑誌でははぐらかした会話しかできないと逆に自信の無さを吐露していました。
そして竹内についても「一番幸せになんなきゃおかしーだろ」と過去の彼へ申し訳ない事をしたと感じている矢野がいますが、雑誌では「生まれて初めて劣等感感じた あいつに」と自分を蔑む発言をしています。
ここなんで変えたんだろうなぁ~個人的には残念。。
竹内もずっと矢野への劣等感があって、ここで矢野が告白した事でお互いがお互いを『あいつには敵わない』と認めている存在だったとこちら側に気付かされるシーンだったんですよね。
その後の上司の「そいつも同じ様に感じてたんじゃね?そっから巻き返してすげーよなぁ けどおまえにだって出来るだろ?」って言葉で奮い起こされて、「出来ますよっ」って強く言い切った矢野がかっこよかったんだけどなぁ…
負けず嫌いな矢野らしいというか、学生の頃は自信だけはちゃっかしあって、そんなのが大人になってもまだ残ってるんだって…
大切なのは自分の心だって気付いた矢野が気持ちを素直に曝け出し七美へと走り出す。
そういう人間臭い矢野が好きだったんだけどな~。。
コミックスではようやく竹内が託した指輪の意味を理解したって感じでもうひとつな気がしました。
「おまえが見たいものを見せてやるよ」ってなんかちょっと…^^;
七美のお母さんが、七美が今付き合ってるのが矢野だって気付いてるのに変更したのは嬉しかったです♪

あとね、加筆された一方でカットされてるシーンもあるんですよ。
ベツコミ2011年9月号、草むしりをしていてふと母親が育てていたバラの事を思い出し、以前母親と住んでた場所に向うシーン。
途中の道でここで色々な事があったなと回想するんですが、着いてみるとアパート自体が無くなっていて…
ここで矢野は「死ってなんだろう 命って何 生きるって何?」と感じます。
そして母親に対して、あの時想いを受けとめ切れなくてごめん。と…
「いつかまた出逢えたら もう一度チャンスくれるかな」とまた親子になりたいと感じている矢野がいました。
これ、なんでカット(T_T)?
母親との思い出が詰まっていたアパートが跡形もなくなった事で、母親の死によって背負っていたものや呪縛みたいなものから解き放たれ、過去に囚われず前に進もうとしてるすごく意味のあるシーンだったのに。。
あともうひとつ、矢野の告白は原点に戻って『あの海』でして欲しかったなぁと。

最終回は七美と矢野がメインでラブラブなラストでしたが、その前の結婚式がみんなのラストって感じでした。
懐かしい面々が勢揃いで、タカちゃんとアツシが結婚して水ちんは相変わらずで(笑)竹内はN.Y.に旅立つと。
そしてあの指輪は矢野がお金に換えて竹内に戻してました。
欲を言えば、そこにアキもどうにかねじ込んで欲しかったんだけどムリだった^^;
そして有里は結婚式に招待されていたんでしょうか…やっぱり2人と接点なかったから呼ばれてないか。
これがもし、同窓会だったらどうなってたんだろ……あぁまたドロ沼化を妄想してしまう自分がいる(笑)

なにわともあれ、「僕等がいた」本当に完結です!

そして、前の方で紹介したミニイラスト集内の小畑先生のインタビューですが、「僕等がいた」誕生のキッカケは妹さんが持ってたビデオだったそうです。
それを観て、かわいくてアイドルみたいなモテモテの男の子を描こうと…そのボーカルが矢野のモデル。
以前のインタビューでそれはチェッカーズのフミヤだったと発言しています。

当初は恋人を失った主人公の物語なので、ハッピーでもバッドでもないラストを考えていたそう。
色々あったけど新しい恋人ができました☆(ハッピーエンド)ってのもなんか違うしね^^;
そして先生自身『ハッピーエンド』がそんなに好きじゃないのだとか。
そこまでの経緯やリアルが大事と。
でも読者は『ハッピーエンド』が好きで求めていたので、そういう風にしようと思ったらしく。
えぇ~だって、矢野があんなんじゃ誰だって求めてしましますよ~!
でも難しいことじゃなく、読者が考える『ハッピー』とは矢野と七美が結ばれること。
ふたりに同時に幸せになって欲しい。ただそれだけでよかったんです。

いかに自然に、過去も受け入れつつ前向きに生きる。
そこに至るまでストーリーを練るのは大変だろうと思います。
途中でご家族の闘病も重なり、連載の途中に色々「迷い込んでしまった」事も…
休載という空白の時間もあったし、ストーリーがぶれそうになったりキャラがうまく動いてくれなかったりしてたのかもしれませんね。

そして「僕等がいた」は、傷つけられもしたし守られてもきた作品で、自分そのものみたいな作品だったと書かれていました。
10年という月日は長いもので、当初感じていた想いや事柄もずっと同じわけではない事も。
色々なことが自分の周りで起きて、それを受けとめながら、成長し、新しい自分に生まれ変わるのかもしれません。
矢野や七美たちが物語の中でそうであったように、描いてる側も、読者も、私も。
そこにはこの先もきっと忘れられない、『僕等』がいました。




スポンサーサイト

| 僕等がいた*コミック | コメント(3) | トラックバック(1)| | TOP↑

≫ EDIT

「僕等がいた」実写映画化

bokuita_movie.jpg

※この記事は映画公開終了までTOP記事となります。
「僕等がいた」の実写映画が前後編2部作で全国東宝系で公開決定!
前編…2012年3月17日(土) / 後編…2012年4月21日(土)
七美たちの高校生活がメインの前編(北海道編)と東京に出た姿を追った後編(東京編)は、前編を4~5週上映した後連続で後編を公開。
映画は漫画とは違う結末が描かれるそうです。

僕等がいた 映画公式サイト
Blog
Twitter
Facebook
mixi
僕等がいた 公式応援サイト ver.Winter
Twitter

原作
小畑友紀ベツコミ / 小学館
・初日舞台挨拶でのインタビュー1(写真あり)
・初日舞台挨拶でのインタビュー2(写真あり)

僕等がいた 1 (フラワーコミックス)僕等がいた 1 (フラワーコミックス)
小畑 友紀

僕等がいた 2 (フラワーコミックス) 僕等がいた 3 (フラワーコミックス) 僕等がいた 4 (フラワーコミックス) 僕等がいた 5 (フラワーコミックス) 僕等がいた 6 (フラワーコミックス)

映画公式ガイドブック
4091343899「僕等がいた」公式ガイドブック―Love to Infinity― (フラワーコミックス〔スペシャル〕)
小畑 友紀 「僕等がいた」製作委員会
2012年2月24日発売!

原作&映画関連本などはこちら

キャスト
■高橋七美…吉高由里子Twitter
■矢野元晴…生田斗真
■竹内匡文…高岡蒼甫
■山本有里…本仮屋ユイカブログ
■山本奈々…小松彩夏ブログ
■千見寺亜希子…比嘉愛未ブログ
■矢野庸子(矢野の母)…麻生祐未
■竹内文香(竹内の姉)…須藤理彩
■アツシ…柄本佑
■水ちん…緑友利恵ブログ
■タカちゃん…滝裕可里ブログ / Twitter
■舞花…

監督
三木孝浩ブログ / Twitter
代表作…ソラニン(映画) / 資生堂マキアージュ(CM) / JUJU feat. Spontania「素直になれたら」(SM) / ミュージックビデオ(FUNKY MONKEY BABYS / ORANGE RANGE / いきものがかり / YUI / mihimaru GT 他

スタッフ
脚本:吉田智子ブログ / Twitter
代表作…働きマン / Life~天国で君に逢えたら / クローズド・ノート 他)
音楽:Mr.Children前編主題歌「祈り ~涙の軌道」、後編主題歌「pieces」)/ 松谷卓(劇中曲)

TOPICS
[ドラえもん]最新作がV3 「僕等がいた」が2位
[注目映画紹介]「僕等がいた 前篇」 琴線に触れる名ぜりふの数々…
生田×吉高W主演作『僕等がいた』主題歌が、ミスチルの書き下ろし新曲に決定!
生田斗真&吉高由里子、壮大な純愛劇「僕等がいた」2部作にW主演
『僕等がいた』の主演は生田斗真&吉高由里子! 高岡蒼甫と本仮屋ユイカも出演
生田斗真「学生服はこれが最後かも」 吉高由里子と初共演・W主演で『僕等がいた』映画化
僕等がいた:生田斗真&吉高由里子がダブル主演 人気少女コミックを実写映画化
生田斗真&吉高由里子、実写版『僕等がいた』でW主演&初共演 恋愛映画としては異色の前後編2部作に
・映画「僕等がいた」エキストラ&ボランティア大募集!!
【募集要項】
撮影場所:北海道釧路・厚岸 近郊 / 東京都&関東 近郊
撮影日程:2011年5、6、7月(詳しくは、順次発表していきます。)
募集対象:学園祭の客、バスの乗客、高校生、会社員、通行人 etc. 老若男女
・「僕等がいた」実写映画化、監督は「ソラニン」の三木孝浩:ナタリー

※情報は随時更新&追加していきます。

| 僕等がいた*コミック | コメント(12) | トラックバック(1)| | TOP↑

≫ EDIT

原作&映画「僕等がいた」関連グッズ発売!

2012年3月日に公開される映画「僕等がいた」に合わせて原作の関連商品が続々と発売されます!
グッズは映画上映劇場やイベント会場、そしてオンラインショップなどで購入可。


★僕等がいた ポストカードブック(原作柄) →購入はこちら

bokuita_postcard.jpg
コミックの表紙にもなっている春夏秋冬の色彩豊かな原画を一冊にまとめました!
●各約10×14.8cm
●12枚組
販売価格:\600(税込)

★僕等がいた クリアファイル(原作柄) →購入はこちら

bokuita_file.jpg
矢野と七美のツーショットクリアファイル♪
●PP製 
●A4サイズ
販売価格:\350(税込)

*「僕等がいた」オリジナルグッズ:ステラ
劇場でお買い求めいただけなかった場合でも、2012年3月17日(土)より上記のサイトにてご購入いただけます。
■電話窓口注文:03-3503-6006(営業時間:月~金(祝・祭日を除く)11:00~17:00)
代金は商品代金+配送手数料500円となります。また、3,000円以上のお買い上げで配送手数料は無料になります。


★【僕等がいた×THE KISSコラボ】 ダイヤモンド ピンク&ブラックコーティング シルバーペアネックレス →購入はこちら

bokuita_acc1.jpg
bokuita_acc2.jpg
ふたつの流れ星が出会い2人の願いが叶うようにとメビウスの輪を辿るようにセットされたダイヤモンド。
裏面には舞台・釧路の雪景色を思い起こされる雪の結晶模様と共に、「Everlasting happiness」(幸せよ、永遠に)という願いを込めたメッセージが刻まれています。
販売価格:23,100円(税込)
こちらの商品はペアでの販売(2点分含めた価格表記となっております)
→単体販売はこちら(ピンク)
→単体販売はこちら(シルバー)


★【僕等がいた×THE KISSコラボ】 キュービック PGコーティング レディース シルバー ネックレス →購入はこちら

bokuita_acc3.jpg
bokuita_acc4.jpg
原作コミックの中で矢野が七美にクリスマスプレゼントで贈ったお花のリングをイメージしたネックレス。
リングにお花の刻印とピンクとホワイトのストーンがセットされ可憐な印象を演出します。
2つのリングが揺れてヒロイン七美にぴったりのキュートなネックレスです。
販売価格:10,500円(税込)

*映画「僕等がいた」×THE KISS コラボネックレス



★僕等がいた 缶入りキャンディ(全4種)

bokuita_can.gif
4種類の缶に入ったキャンディーはレモン味。『僕等』の素敵なイラスト缶は、食べ終わったら小物入れとしても使えます☆
販売価格:525円(税込)
3月中旬より全国劇場などにて販売!(一部取り扱いのない店舗もあり)
■お問い合わせ先:03-5824-1850(株式会社MACスタイル)


★僕等がいた チョコスティッククッキー

bokuita_snack.gif
二人がいるのは、釧路市に実在する橋の上。そんなイラストをパッケージにしたチョコスティッククッキーは、お土産にぴったり! オリジナルのシールシートのおまけ付きです。
販売価格:700円(税込)
3月中旬より北海道キオスクの売店などにて販売!(※一部取り扱いのない店舗もあり)
■お問い合わせ先:0120-367-518(株式会社 長登屋)



★「僕等がいた」Tシャツ(七美と矢野) →購入はこちら

bokuita_t1.jpg
ストーリーの舞台となった釧路市に実在する橋の上の2人。高校生時代を象徴するイラストをそのままTシャツに…。
販売価格 : 3,500円(税込)


★「僕等がいた」Tシャツ(七美) →購入はこちら

bokuita_t2.jpg
幻想的な色彩の七美をプリントしたTシャツ。矢野を思う淡く、甘い恋心を表すような可愛らしい1枚です。
販売価格 : 3,500円(税込)

*「僕等がいた」コラボTシャツ:ARTIFACT



★「僕等がいた」ジグソーパズル(108ピース)

bokuita_puzzle.gif

*「僕等がいた」ジグソーパズル:エンスカイ
『僕等がいた』大人気のイラスト2種が108ピースのパズルになりました!完成した後はお部屋に飾ってね♪
●サイズ:18.2×25.7cm
販売価格: 1,050 円(税込)
3月中旬より全国劇場でも販売!(※一部取り扱いのない店舗もあり)
■お問い合わせ先:048-932-4992(エンスカイ)



★「僕等がいた」B6リングノート&マイクロファイバークロス(各2種)

bokuita_note.jpg
七美と矢野のB6リングノート、ミニクリアファイル(A7サイズ)、携帯やめがねを拭くマイクロファイバークロスなど、かわいく便利なグッズがたくさん登場!
B6リングノート(全2種)各525円(税込)
マイクロファイバークロス(全2種)各420円(税込)
4月下旬、全国劇場などにて販売!(※一部取り扱いのない店舗もあり)
■お問い合わせ先:0120-118-906(株式会社 エイチ・エヌ・アンド・アソシエイツ)

| 僕等がいた*コミック | コメント(1) | トラックバック(1)| | TOP↑

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。