[PR]

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

別冊+act.7号で「僕等がいた」小畑友紀×矢野役 生田斗真 対談

別冊+act. Vol.7 (2012)―CULTURE SEARCH MAGAZINE (ワニムックシリーズ 180)別冊+act. Vol.7 (2012)―CULTURE SEARCH MAGAZINE (ワニムックシリーズ 180)

ワニブックス 2012-02-29
売り上げランキング : 164

Amazonで詳しく見る

2月29日発売の『別冊+act.(プラスアクト)Vol.7』で、「僕等がいた」の小畑友紀先生と実写映画の矢野役を演じた生田斗真さんとの対談が掲載されているそうです。
テーマは、映画『僕等がいた』で主人公・矢野元晴を演じる生田が、原作者に"いま、聞いてみたいこと"

*小山宙哉や小畑友紀が実写化を語る、別冊+act.の特集で


+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2012年 3月号+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2012年 3月号

ワニブックス 2012-01-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

こちらは映画「僕等がいた」特集号です。
【表紙・巻頭特集】
生田斗真×吉高由里子 いつかの風光。
超スペシャル企画!映画『僕等がいた』撮り下ろしストーリーフォトと貴重な対談。
そしてソロインタビューで綴る<ふたりの記憶>。
作品解説:映画『僕等がいた』がたどる道
スポンサーサイト

| 僕等がいた*コミック | コメント(0) | トラックバック(1)| | TOP↑

≫ EDIT

小畑友紀、cookie(クッキー)9月号で読み切り掲載!

obatayuki_yomikiri.jpg
ブログを休止と書いたのに、ニュースが飛び込んできたので更新します^^;

本日、2月25日発売のcookie4月号の「Soul Comic!!!」というコーナーで、小畑友紀先生が岩館真理子「森子物語」についてのインタビューが掲載されています。
これは毎回さまざまなマンガ家が「このマンガに育てられた」と感じる作品を語るというもの。

そしてびっくりしたのが、同雑誌9月号に読み切りを掲載するみたいです!
小学館から今度は集英社です。
9月号…といっても発売は7月末みたいですけどね。

上のイラストが、その読み切りの予告カットみたいです。
ほわわ~とした女の子に見えますが…どんなストーリーなんでしょうね?

*小畑友紀、Cookieで岩館真理子への愛語る。9月号に読切も


************

僕等がいた」最終回の記事にたくさんのコメント頂きありがとうございました。
こんなにも読んでた人がいたのか~と驚きました。
全てちゃんと読ませて頂いてます。
お返事は必ず書きますのでしばらく待っててください!

| その他 | コメント(5) | トラックバック(1)| | TOP↑

≫ EDIT

僕等がいた 最終回(ベツコミ Betsucomi 2012年3月号)

Betsucomi (ベツコミ) 2012年 03月号 [雑誌]
Betsucomi (ベツコミ) 2012年 03月号 [雑誌]


もし
あそこで立ち止まっていたら
道を曲がっていたら
小石につまずかなかったら
寄り道をしなかったら
立ち止まらなかったら

いくつもの選択をして
今いるこの道の上で

正しかった私も
間違えた私も

私はいつも 私らしかった
君も 彼も 誰も みな
これで いいんだよ と





Amazonで詳しく見る

ついに完結、最終話です!

bokura16s.jpg
↑今回のトビラ絵だそうです。
うん、すごくいい感じ…
PCの壁紙サイズでこちらからダウンロードできますよ♪

では最後の感想です~。
最終回のあらすじは下の「Read More」をクリック)

ああ終わっちゃった…というのが本音かな。
竹内やアキ、有里の事までもっと盛り込んでくるのかと思ったんですが、矢野と七美の世界でおしまい。
ただただ、ふたりの世界でした。
今までこのふたりに散々振り回されてきた竹内とアキの『その後』が見たかったなぁ。
そこだけがちょっと心残りでした。
もしかして後日談的な、竹内&アキのエピソードが描き下ろしされるのかなと淡い期待を未だ持っています。
だって、矢野と七美の幸せエンドだけなんてみんな不意に落ちませんよね?
アキが竹内に紹介したい女の子がいるというエピソードもそのままだし(笑)

そして最後に有里も手紙という媒体を通して登場しました。
七美は奈々には会った事もないのに親近感的なものを感じていましたが、有里の事は一切何も触れず(汗)
なんだかわだかまりが残る感じがしたのは私だけでしょうか^^;
いつか七美と有里がばったり出会ったらギクシャクしそう。。
そういう面ではやっぱり、最後は当事者同士で向かい合うシーンが欲しかったです。
ふたり話し合って和解というか、過去を昇華というか…ここもなんかすっきりしない…

でもみせどころはいっぱいで、ふたりの幸せ~な感じ(それを超えてバカップルっぽい)が紙面からも十分伝わってきたのでふたりの物語のラストとしては、最高でした。
ホームで七美の後ろからそっと手を握るところとかね。
さすが乙女の心をつかむ矢野っぽいなぁ~~って(笑)
あれは矢野だからいいんだろうな~(?)
プロポーズもちゃっかししちゃったし、これからは恋人じゃなく夫婦になってくんですよね。
『恋人』は相手を支え切れなくなったら別れればいいだけ。
でも『家族』はそうはいかない。
家族になるって事はそれだけ重い。
七美も「もう愛を「疑わなくていいんだよ」って証明していきたい」と覚悟の上で。
そんな七美がいるから安心できるよ。ね。

最初と最後のモノローグにあったように、
偶然の積み重なりで人は出会い、別れ、また出会う。
その道はもしかして間違っているかもしれない。
でもあなたが決めた道だから。
それでいい。
そのままで。
その先に、お互いの幸せが繋がっていれば…



*******

みなさん、私の拙いブログに今まで訪問そしてコメント頂きありがとうございました。
僕等がいた」でたくさんの方との出会いがありました。とても楽しかったです。
多くの人に愛され続けたこの作品と、休載をしながらも最後まで描いてくれた小畑友紀先生に感謝!
ゆっくり休んで、願わくば新作が読みたいです。

このブログもコメント返しした後は休止に入りたいと思います。
僕いた関連やまた思い出したときにちょろっと更新するかもしれないけど(笑)
そのときまで。

アディオス!

*関連エントリー
僕等がいた(ベツコミ9月号)
僕等がいた(ベツコミ7月号)
僕等がいた(ベツコミ5月号)
僕等がいた15巻
僕等がいた14巻
僕等がいた13巻
僕等がいた12巻
[Blogカテゴリ] 僕等がいた
*僕等がいたデジタルHR


≫ Read More

| 僕等がいた*コミック | コメント(43) | トラックバック(1)| | TOP↑

≫ EDIT

「僕等がいた」16巻(最終巻)&ミニイラスト付き限定版 他関連本 3月に発売!

僕等がいた 16 (フラワーコミックス)
小畑 友紀
2012-03-26


最終巻は3月26日に発売されます!

僕等がいた 16 ミニイラスト集付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)僕等がいた 16 ミニイラスト集付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
小畑 友紀

僕等がいた 16 (フラワーコミックス) 僕等がいた 映画公開記念スペシャル版 3 (フラワーコミックス〔スペシャル〕) 僕等がいた (小学館文庫) 「僕等がいた」公式ガイドブック―Love to Infinity― (フラワーコミックス〔スペシャル〕) 僕等がいた 小畑友紀作品集 (原画集・イラストブック)

そして16巻のミニイラスト集付き限定版も同時発売されます!
『僕等がいた 小畑友紀作品集』未収録のイラストや小畑先生のインタビューが収録。

僕等がいた 映画公開記念スペシャル版 1 (フラワーコミックス〔スペシャル〕)
小畑 友紀
2012-03-02


僕等がいた 映画公開記念スペシャル版 2 (フラワーコミックス〔スペシャル〕)
小畑 友紀
2012-03-02


409134416X僕等がいた 映画公開記念スペシャル版 3 (フラワーコミックス〔スペシャル〕)
小畑 友紀
2012-03-16


そしてこちらは原作全16巻をまとめたもの。
1巻約500ページくらいあるので普通のコミックスと比べてやや分厚い本です。
1~2巻は映画前篇に相当する原作コミックスを収録するそうです。3巻はどうなんだろう?

4094086978僕等がいた (小学館文庫)
高瀬 ゆのか 吉田 智子 小畑 友紀
2012-02-22


映画「僕等がいた」の脚本を原案にしたノベライズ本です。

僕等がいた 釧路篇-出会い- (小学館ジュニアシネマ文庫)
宮沢 みゆき 吉田 智子 小畑 友紀
2012-02-22


僕等がいた 東京篇-運命- (小学館ジュニアシネマ文庫)
宮沢 みゆき 吉田 智子 小畑 友紀
2012-02-22


映画「僕等がいた」のノベライズ本。文庫です。
映画のシナリオと原作をミックスした内容という事で巻頭のカラーページには、映画の数々の名場面の写真も掲載。

| 僕等がいた*コミック | コメント(2) | トラックバック(0)| | TOP↑

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。