[PR]

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

僕等がいた(ベツコミ Betsucomi 2011年9月号)

Betsucomi (ベツコミ) 2011年 09月号 [雑誌]
Betsucomi (ベツコミ) 2011年 09月号 [雑誌] もう一度 あの海で会いたい
 もう一度 やり直そう

 幼くて受けとめ切れなかった想いも
 今なら
 きっと 今なら
 今度こそ 失敗しないと


Amazonで詳しく見る

9月号読みました!ネタバレありです。
(今回のあらすじは下の「Read More」をクリックしてください)






betsucomi2011_9.jpg
↑クリックで拡大
今月は、連載とは別に映画の撮影現場レポートまんがも掲載されていました(オールカラー!)
生田斗真さんは矢野と似てる点はないらしい。
吉高由里子さんは撮影の合間に生田さんの鼻に指を突っ込んだりするフシギちゃん?らしいです。。

本編ですが、「ああラストに向かっているな」ってかなり感じました。
矢野が七美へのアプローチを積極的にしだしたのがよかった~!
でも七美が忙しすぎてすれ違い(T▽T)
変に伝言残すより、七美の携帯の番号聞いたらいいのに…って思いましたが(^^;)

今回印象に残ったシーンがありました。
矢野が自分を名乗る時、長倉ではなく『矢野』と言ったこと。
あのシーンはなんか、ジーンときましたよ。。
辛い過去(矢野時代)を切って、長倉として生きていくんじゃなく、過去の自分も含めて生きていくって決意の様にも思えました。

その後の、母親と暮らしていたアパートを訊ねた時の矢野の気持ちの変化も。
もうそのアパートは無くなって、駐車場になっていたんですよね。
以前の矢野なら、思い出の場所がまたひとつ消えてしまう事できっと落胆しただろうなって思うんです。
前の矢野は自分の中の思い出が薄らぐのを嫌がる感じでした。
どうにか繋ぎ止めておきたくて、必死で忘れない様にしてたような。
でもようやく『無くなること』や『失うこと』を恐れないで、前向きになれた。
よかったな~成長したなって思いました。

最後、矢野は関西に行ってまたすれ違いになりそうな。。
矢野が駅でぼうっとしてたのが気になりますが…
七美から連絡が来ないので自分に会いたくないんじゃないかとか感じてそう(=▽=;)

タカちゃんの結婚式が7月にあるそうなので『7月』がキーワードになりそうですね~。やっぱり『7』が好き(笑)
地元でって事はみんな集まるし、そこで矢野と七美も再会とか?
映画で結婚式のシーンがあるらしいですがタカちゃんの結婚式だったのかな?
竹内はアキから紹介したい子とは会うんでしょうか~。
全然乗り気じゃなかったけど、もしかしてその子とうまくいく展開に??
個人的にはアキとくっついて欲しいな。なんでも相談できる仲でお似合いだと思うし♪

betsucomi2011_9furoku.jpg
今月号のふろくです。ノート大小2種。

「僕等がいた」次回掲載は11月号(10月13日発売)です。

「ココロ・ボタン」
古閑くんとニーナ離ればなれになるの!?
でも親が離婚したからって今までもほとんど一人暮らしみたいやったし、高校変えると手続き面倒だしどこかワンルーム借りて住んだら?
それなら転校せんでもいいと思うんやけど、そうはいかないのか(^_^;)


*関連エントリー
僕等がいた(ベツコミ7月号)
僕等がいた(ベツコミ5月号)
僕等がいた15巻
僕等がいた14巻
僕等がいた13巻
僕等がいた12巻
[Blogカテゴリ] 僕等がいた
*僕等がいたデジタルHR

≫ Read More

スポンサーサイト

| 僕等がいた*コミック | コメント(7) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

「花と奥たん」「雪にツバサ」他社雑誌で同時掲載♪

ちょっと遅れてしまいましたが、「花と奥たん」が今週の週刊ビッグコミックスピリッツ35号 (2011年8月1日発売) に掲載されています~♪

第7話 :コトコト秋野菜のポトフ
巻中カラー、全42ページです。

そうそう、作中に出てくる料理を再現してる人を見つけました。
マンガ食堂-漫画の料理、レシピを再現(花と奥たん編)
うちもやってみたいわ(^▽^*)ノ

そして、同じ日に発売のが今週の週刊ヤングマガジン35号「雪にツバサ」の第3話が掲載されています♪

今更ですが第1話、読みました(^_^;)
主人公の男の子のキャラが、目つき悪いし不良だと思ってたのに想像していたのと違ってかなり草食系(笑)
ギャップがあってよかったです。
雪ちゃんとどうなっていくのか気になります。

いつもなら毎号買って感想を書くのですがすいません金欠で(>_<)
コミックが出たら買おうと思っています。


*「花と奥たん第7話」本日公開!:しんプレ
*「雪にツバサ」作品紹介:講談社

| SHIN presents! | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。