[PR]

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

僕等がいた 15巻

僕等がいた 15 (フラワーコミックス)僕等がいた 15 (フラワーコミックス)
小畑 友紀

小学館 2011-06-24


Amazonで詳しく見る
発売からちょっと経ってしまいましたが15巻ようやく読みました♪
表紙は矢野と七美のほんわかツーショットでいいですね~。


ちょっとしたモノローグというかシーンがコミックスで改変されていました。
有里の母親危篤のため矢野が有里の元に向かうシーンの七美モノローグ、3月号掲載時はこうでした↓

『本当はね 後悔したよ』
『矢野を送り出す決意をした後 たくさんたくさん けどね 後悔することを後悔しないって決めたから』
『だって何が最善なんてわかんない 今だってわかんない』


さらに4月号に掲載されていたこの部分がまるっきり削除されて違うモノローグにすり替えられていました↓

『ずっと 答えを探してきた 何を間違えてしまったのか どこから間違えたのか』
『多分 一生わからない ただ一生 一生 この思いを抱えて生きてゆく』
『「幸せにできなくて ごめん」』


そしてそしてなんと、代わりに奈々が登場してるではないですか∑( ̄Д ̄;)
顔が見えてないので100%と断定できませんがあれは奈々のはず…
でも思わぬ『あんたを利用した』発言で、奈々は結局矢野の事は遊びで好きという感情はなかったのかという疑問が浮上。。
まぁこれは矢野の心の中なので何とも言えませんが。

このシーンを追加する事で、今まで矢野をがんじがらめにしていた有里と奈々とは綺麗に決別したような気がしました。
もう有里の登場もないかも?(ふたりの結婚式とかでちょっと出てきそうな気もする;)

雑誌掲載時と比べたい方はこちらを参考にしてください↓
僕等がいた(ベツコミ4月号)
僕等がいた(ベツコミ3月号)
僕等がいた(ベツコミ1月号)
僕等がいた(ベツコミ11月号)
僕等がいた(ベツコミ9月号)

先生からのメッセージでは、次の16巻が最終巻になるそうです。
長く続いた連載ですが、あと数話で完結です。
七美と矢野がどんな風に歩み寄り、お互いの想いをどう伝えるのか…心待ちにしたいと思います。
スポンサーサイト

| 僕等がいた*コミック | コメント(13) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

僕等がいた(ベツコミ Betsucomi 2011年7月号)

Betsucomi (ベツコミ) 2011年 07月号 [雑誌]
Betsucomi (ベツコミ) 2011年 07月号 [雑誌]小学館 2011-06-13

 どんだけ高橋が
 守られてきたのか 支えられてきたのか
 支え合ってきたのか
 …見せつけられた感じ

 なあ どうして『おまえ』なの?

Amazonで詳しく見る
7月号読みました!ネタバレありです。
(今回のあらすじは下の「Read More」をクリックしてください)

betsucomi2011_7.jpg
今回のトビラ。
ララ美&矢野の明るい笑顔♪

矢野、なんと転居してました。
東京に行ってからコロコロと場所を転々としてる印象が…(^^;)
勤め先も変わってないし、有里が出てっただけだから今までの家に住んでも問題ないと思うんだけど(もしかして家賃折半だった?)
矢野にとって、住む場所を変える=心機一転、新たな気持ちで臨むってことなのかもしれませんね。

しかし今回も竹内は矢野の引っ越し作業を手伝ってあげたり、七美の電話番号を訊けと言ったり…
矢野の為を思って色々してくれてました。なんていい人!
しかも「オレに消えろって言えば?」と言う矢野に、
「言えるわけねえだろ?オレだってずっとおまえに会いたかったんだから」というツンデレぶり(笑)
その後、なんか矢野も照れてるし…いっそこの二人がくっついた方がうまくいきそうな…(ダメダメ!健全な少女漫画ですから;)

竹内は矢野には勝てない自分がいるとずっと『矢野コンプレックス』を抱いていたけど、矢野も矢野で「あいつには勝てない」と竹内に思っていて。
七美が変わらないままだったのは、竹内がそばで支えてくれていたから…
お互いが、お互いを羨ましいと思っていたんですよね。
矢野に無いものを竹内が持っていて、竹内に無いものを矢野が持ってる。
だから(同性として)惹かれあう部分があって、親友と呼べるまでになったんじゃないかな。
形がいびつな彼等も、お互いがピッタリとハマるとなかなか離れない。
なんか、そういうのってすごくいいなぁって思いました。

そして、あの例の竹内の指輪…出てきました(^^;)
部屋を片付けろって事は、矢野の家の何処かに隠したんだね?
矢野が開けると信じて、七美との思い出のマリモストラップが入ってたあの小箱に入れたのかな~って思ったけどどうでしょう?

竹内に強気な発言してた矢野が、コッソリ七美の勤務先の電話番号を検索してたのには…(=_=;)
連絡したいなら竹内に聞けばいいじゃん!
素直じゃないな~。。(いつもか)
でも、矢野自身も有里と離れたからすぐに…ってのは思ってないみたい。
七美に会う資格、ハッキリいって今のところは無いかも(笑)
これからかなりがんばって挽回していったらいいよね。
それと有里はもうフェードアウトなんでしょうか…気になる。。

実写映画化のサブキャスト陣が発表されてます。
詳しくはこちら

僕等がいた」次回掲載は9月号(8月11日発売)です。

15巻は2011年6月24日に発売(予定)です!

「ココロ・ボタン」
古閑くんがデレたー!
ニーナが他の男の子に名前呼びされたから…ってだけで(笑)
今回は特にキュンキュンしました♪

「イズモがゆく」が掲載されてたヾ(*´∀`*)ノ
サマーカットは大型犬もフツーにするんだね~。
サマーカット後のわんこの手触りはかなりいいよ( ̄▽ ̄+)

*関連エントリー
僕等がいた(ベツコミ5月号)
僕等がいた(ベツコミ4月号)
僕等がいた(ベツコミ3月号)
僕等がいた(ベツコミ1月号)
僕等がいた(ベツコミ11月号)
僕等がいた(ベツコミ9月号)
僕等がいた(ベツコミ7月号)
僕等がいた(ベツコミ5月号)
僕等がいた(ベツコミ4月号)
僕等がいた(ベツコミ3月号)
僕等がいた(ベツコミ2月号)
僕等がいた(ベツコミ12月号)
僕等がいた13巻
僕等がいた12巻
[Blogカテゴリ] 僕等がいた
*僕等がいたデジタルHR

≫ Read More

| 僕等がいた*コミック | コメント(8) | トラックバック(0)| | TOP↑

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。