[PR]

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

僕等がいた(ベツコミ Betsucomi 2010年11月号)

Betsucomi (ベツコミ) 2010年 11月号 [雑誌]

 心は
 どこにあるの?
 心は言うことを聞かない
 心は私なの?
 心と私が別なら
 私は誰なの?
 心は誰なの?
 そんな矛盾を
 きっと君も
 抱えていたのだろうか


11月号読みました。ネタバレありです。
(今回のあらすじは下の「Read More」をクリックしてください)






今回は辛かった。
七美も竹内も、矢野も有里も…みんなそれぞれの抱えてるものの重さ。
何が最優先とか、どれが大事とか、そんな物差しじゃ測り切れない難しさ。
時間が経てばほとんどの事は解決すると言われているけど、時間が経っても未だしこりは消えぬまま。

有里と有里の母親の事をいつも気にかけている矢野。
自分の時間はこの2人に費やされているみたい。
竹内の「全部放り出すわけにはいかないのか?」という言葉。
でも、竹内本人も矢野と同じ立場だったなら彼もきっと矢野と同じ道を選ぶんじゃないかな。

そしてついに、有里の父親登場。
今まで放ったらかしてたくせに!って有里の気持ち、当たり前だよね。
私は今も父親に会いたくもないし、母親が危篤になったとしてもいつか葬式あげたとしても絶対に来てほしくない。
謝ったって絶対に赦せないし、それくらい忌み嫌う存在です。
謝るくらいなら、なぜ家族を捨てたの?って思うから。
でも有里のお母さんはどう思ってるんだろう。
子供からすればそんなろくでなしの父親なんて、他人と扱えるけど母親はかつて愛し合った存在だもんね…
有里の父親は「話を聞いてくれ」と何か訳がありそうな感じだったけど…それでもやっぱり許せないかな。
矢野は、有里の父親と奈々を失った時の自分とを重ねたようにも思えた。
そして、有里が父親と拗れたままだと将来ひとりになってしまう事も考えてくれたのかもしれない。

矢野が『オレどこに帰ればいいの?』って訊くシーン。
七美は即答できなかった。
七美の本心は自分のところ。矢野を独り占めしたい。でも…
自分以外にも『矢野』を必要としている人がいる。
そしていつの頃の『矢野』に帰ればいいんだろう?
何処に帰れば、矢野は幸せになれるんだろう?
初めて本気で恋をした奈々を亡くす前?
愛する人を失った記憶があっても、やっぱり七美と一緒に居た頃?
竹内が「矢野に何度も何度も教えてあげてほしい」と七美に言った。
そして七美は答えを知ってる、と。
七美らしいといえば、離れてても何年経っても連絡つかずでもずっとひとりの人間を想い続けたことじゃないかな。
矢野は、人を信じる事と愛する心が無くなりつつあった。
それは奈々の死から始まりそして自ら命を絶ってしまった自分の母親…
一度人を愛してしまうと、失った時の怖さ。
だからもう誰とも深く関わらないし、感情も入れない。
それが今の矢野。

だから七美が矢野に教えてあげれることは、揺れない強い気持ち、どんな事があっても。
そしてどんなに周りが変わってしまっても、変わる事のない自分の気持ち、じゃないだろうか。

そして七美だけが矢野に教えてあげられること…
ずっと変わらず彼を愛し続けること。

悩んで悩んで考えてること、実はすごく簡単な事じゃないかなって思うんです。



「僕等がいた」次回掲載は1月号(12月13日発売)です。


*関連エントリー
僕等がいた(ベツコミ9月号)
僕等がいた(ベツコミ7月号)
僕等がいた(ベツコミ5月号)
僕等がいた(ベツコミ4月号)
僕等がいた(ベツコミ3月号)
僕等がいた(ベツコミ2月号)
僕等がいた(ベツコミ12月号)
僕等がいた13巻
僕等がいた12巻
[Blogカテゴリ] 僕等がいた
*僕等がいたデジタルHR

≫ Read More

スポンサーサイト

| 僕等がいた*コミック | コメント(8) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

渋谷パルコでスピリッツ30周年記念展

『週刊ビッグコミックスピリッツ』が創刊30周年を記念した企画展示「スピリッツmeets PARCO」が渋谷パルコで行なわれます♪

「スピリッツmeets PARCO」では、スピリッツの歴代作家陣が30周年に寄せたお祝いイラストを展示。
この中に、高橋しん先生による「花と奥たん」のおめでとうイラストも含まれる予定です!

また、「最終兵器彼女」のジークレー版画と呼ばれるものも販売。こちらは限定数30となっています。税込\30,450(サイズ:A3 シリアルNo入り)
saikano_giclee.jpg
「最終兵器彼女」ジークレー版画 ネット販売 ¥32,450(送料、梱包料、手数料込価格)

ジークレー版画とは…
デジタル・リトグラフともいわれ、最新のデジタルカメラとスキャナー技術を駆使して作成される版画の一つ。ジークレーとはフランス語で「インクの吹き付け」を意味し、スクリーンを使用せずダイレクトにインクを版画紙/キャンバスに吹き付ける技法。コンピュータで原画を厳密に解析/測定した上で、1秒間で約400万以上ミクロ粒子のジェット噴射を行い、 色彩は512色のインクの混合によって7万色以上もの微妙な発色が可能といわれ、作画の精密さ・色調の幅ともに 従来の版画複製技法の限界を凌駕している。また、現在最も原画に近い版画製作法ともいわれている。

他関連商品に「最終兵器彼女」のジグゾーパズルなど(紹介記事)も発売予定です。


場所…LOGOS GALLERY ロゴスギャラリー(渋谷パルコ パート1 / B1)
期間…2010年10月7日(木)~2010年10月18日(月) 会期中無休
時間…10:00am~9:00pm(※最終日は5:00pmにて終了)
入場料…無料
お問合せ…03-3496-1287(ロゴスギャラリー)



*parco-art.com
*スピ30th企画展を渋谷パルコで開催、コラボT販売など:ナタリー

| SHIN presents! | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。