[PR]

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

「銭ゲバ」第2話

「愛は金で買えるズラ!!!!」

 家政婦は見た!(いや…見てしまったというべきか…)

土曜(若しくは火曜)サスペンス+昼ドラの様な王道な展開でした。
春子、茜、風太郎…みんな盗み聞きしすぎ(笑)!!

緑はお人好しさんみたいですね。
妹の茜の事もすごく心配してあれこれ世話してあげようとしてるけど、茜はそれが嫌で。
見た目のコンプレックスに加えて、人当たりの良さ&明るい性格と何もかも自分と正反対の姉がいつも自分の傍に居て、茜にとっては苦痛でしかないみたい。
何となく、気持ちわかるかも…簡単に言うと疲れるって事だね。
風太郎も、暗い場所から見ると太陽はまぶしいんだと緑に言ってましたが(本人は正直に言っただけだろうけど)、緑は、自分のした事が相手に知らず知らずに傷つけているなんて思いもしないだろうし、善かれと思ってしてる事だから罪悪感も感じにくいだろうなぁ。
豪華なクルーザーにお友達を呼んで、楽しく談話。
茜と風太郎も誘って二人を気遣い話しかけたりする緑。
でも、それが逆にあの二人には「嫌がらせ?」と感じるかもしれない。
捻くれてるといえばそれまでなんだろうけど、ああも自分と違いすぎる世界を見せられちゃあ…
でも私は、緑は嫌いではないんです。
緑は緑なりに、茜の心配をしてる優しい人。
裏があるわけじゃなくただ純粋に、してあげたい事をしてあげてるだけで…
でも、風太郎の事はちょっと利用してるかな?
茜の話し相手にしたいから家に住んで貰いたいわけだし…全ては茜のため。
そう考えるとちょっと無神経ではあるかも知れない(^^;)
風太郎との過去も何となく覚えてた?みたいだけど、名前は忘れちゃってたみたいですね。

風太郎の嘘の芝居がとんでもなかった(^^;)
芝居をしてる裏で「銭の塊ズラー!」と笑い転げたり(実際船は鉄の塊なんだけどね 笑)
「茜、頼むよぉ…」と苛立ったり(陰ではもう呼び捨て;)…喜怒哀楽が入り交じってましたね~。
緑には、丁寧な口調の中にもちょっと辛口な事(幼少期の例の事やこんな仕事でもお金を貰ってるんですとか)を織り交ぜてましたね。
しかも、どちらについてもしっかり謝らせてました;
風太郎の復讐心、恐ろしい(;´・ω・`)
茜には、どこまでも優しく理解のある人に。
茜は自分と同じ様に外見にコンプレックスを抱える風太郎に恋心まで抱きつつある様ですね。
「僕は身分が違うから…」とまるで「ロミオとジュリエット」のロミオみたいに演じたり、No.1ホストの様に甘く囁いたり…風太郎どこでそんな技術身に付けたんでしょうか。派遣などで食い継がなくても詐欺師としてやっていけそう(笑)
茜はもう掌で弄べる様に虜にしてしまった訳ですが…耳を塞いだ時に本音をぶちまける風太郎。かなりのSですな;
緑達の父親は、まだ落とせそうにないですね。
自分の家にどこのどいつか知らない男を住まわせるなんて、父親として反対するのは当たり前。
風太郎に嫌悪を示すも、茜のために渋々受け入れたという感じ。
これからどうやってあの父親を信用させるのか見物です。
萩野刑事には、潔白な自分を。
荻野の弟、派遣先の同僚とどちらも自分が殺した風太郎ですが、いきなり涙を流せるくらいの名演技。
もう1人の刑事は騙せても、荻野はそうはいかないみたい。
普通の人は傷がある左目を見ますが、荻野は右目を見ていた。
左目が偽りや復讐の心を表すなら、右は無垢な心や真実を映し出す目。
風太郎の弱点といえる部分かもしれません。
荻野…手強そうです。しかし、何故犯人が風太郎だと確信してるのでしょう?
手口が同じだけでは説得力が…指紋とか物的証拠あるのかな?
そして、まだ直接関わってませんが家政婦の春子。
家政婦にしてはかなり若いですね。設定によると19歳。
高校卒業してすぐ三國家に?どんな経緯があったのだろう。
もしかして、風太郎と同じ様に貧しい家に育って、何処かで出会い可哀相に思った緑が「家にいらっしゃい」と誘ったんだったりして?
風太郎の含み笑いを見てしまいましたが、告げ口するんでしょうか?
市原悦子の様に、最後みんなの前で全部ぶちまけて去って行ったりして…(笑)
案外ラスボスはこの人かもしれない( ̄▽ ̄;)

今回意外だったのは、風太郎が「大切なのはお金じゃなく心 例え貧しくても正直に一生懸命頑張っていれば絶対に幸せになれる」という母親の言葉を心に留めていたこと。
すっかり忘れて、お金の事しか信じなくなっていたと思っていたんです。
あれは、緑の反応を見る為に言っただけなのかな?とも最初思ったんですが、風太郎の父の健蔵に出会した後の荒れ様を見て、やっぱり自分と闘ってるんだなって感じました。
ずっと善と悪の狭間で、迷いながら葛藤しながら生きてきたんだろうな、って。
父親もかつては優しい人だった。
真っ当に働いていたけど、会社からクビを切られてしまったんでしょう。
再就職先も中々決まらず、荒れていって…
お金があれば、母親も失わず父親もそんな風にはならなかった。
お金を身近に置いているのは安心感を得たい為。
お金は、風太郎の心を支える命綱の様なものなんですね。

風太郎が自分の笑顔の写真を買えないエピソードが悲しかった(´;ω;`)あんなにいい写真。
50円…お金が掛かるならと風太郎は我慢した。
こういう事が続くと、世の中全てお金で支配されていると子供ながら実感せざるを得ないですよね。
ホントに辛く寂しく悲しい。

相変わらず、伊豆屋のシーンがあるとホッとします;
風太郎が自ら立ち寄ろうとしてたのがなんか嬉しかった。
やっぱり人の心に触れたいんですね。
伊豆屋の人達が勝手にベラベラ喋ってるのを下を向きつつじっと聞いている風太郎。
そして頼んでないベラの煮付けを出されたのに文句いわず食べて帰る風太郎。
三國家での風太郎とは別人です。
ここに居る時は、子供に戻ったみたい。
風太郎は由香の兄に似てるらしいんですが、これどう転がってゆくんでしょう。
お金の為ならなんでもするという風太郎ですが、もしこれがオイシイ話だったとしたらこの人達も利用してしまうんでしょうか。
そうはあって欲しくないですが…

来週、風太郎が何かを埋めてましたね…何かの証拠隠滅の為でしょうか?もしかして人…あり得る;
(風太郎的に)要らない子第一候補の春子かと思いましたが、白川が緑に風太郎が危険人物だから気をつけろと警告するみたい……

(((;゜Д゜)))


第一候補は決まったズラ(=ωメ)

*ドラマ「銭ゲバ」公式サイト
スポンサーサイト

| ドラマ | コメント(0) | トラックバック(15)| | TOP↑

≫ EDIT

「銭ゲバ」第1話

「愛をください…金のためなら何でもするズラ!!」

 きっと どこか隅の方で僕も生きているんだ(by ECHOES)

サブタイを見て、ECHOESの「ZOO」が思い浮かびました。
辻仁成氏が作詞作曲と知ってなんで作家さんが…?と思ったら、ECHOESのボーカルだったんですね!
曲自体は昔から知っていたのにこの事は全然知りませんでした;(小説家のイメージが強いです)
改めて聴いてみると、この曲ドラマにぴったりだな~と思いました。

銭ゲバ」観たズラ。
なんというか、観終わった後ズシンと来ますね~。
何処にも救いが無い。
それは私が、今まで救いのあるものばかりを選んで観てきたからでしょう。
自分と風太郎を比較して、如何に自分が恵まれているかを実感します。
音楽がちょっとレトロというか懐かしさを感じました。
あれは原作の舞台が70年代である事を意識してるんでしょうか?
1話のストーリーは、タイムリーな派遣切りのお話。
明日は我が身という決して他人事でない怖さすら感じられます。

風太郎と母親が、貧しくも慎ましく暮らしているのは幸せそうでした。
風太郎に食べさせる為に自分はお腹いっぱいだと嘘を付いたり、有るはずのない薬を飲んだフリをして安心させる母の桃子。
例え貧しくても、母親は深い愛情で風太郎を守ってくれて、風太郎も大きくなれば働いて逆に支えてあげれたでしょうね。
ずっとこのままだったら…
母親が病気で死ななければ…
父親が風太郎を愛してくれれば…
風太郎も今の様にはならなかったでしょう。
あるキッカケで簡単に人は変わってしまう。
お金が無い事が母親が亡くなった直接の原因となってしまい、風太郎はそこに怒りをぶつけるしかなかった。
お金があれば、何でも手に入る。
お金があれば、幸せを掴める。
銀行などに預けず自宅の畳の下に隠している所、風太郎が他人を信用しないってのがよくわかります。
そして、自分から金を取りあげようとする者には容赦なく攻撃する。
金に支配され、乗っ取られてしまってるかの様です。
あんなに親切にしてくれた近所のお兄ちゃんまでを…。・゚・(ノД`)・゚・。
あの時は必死で後で我に返った、という感じでしたが。
もう後には戻れず、ここから“銭ゲバ”としての人生を歩むしかなかったんですね。

風太郎の生い立ちを見て…“同情”とは違うし“共感”も違う。
言い様のない複雑な気持ちにさせられました。
母親が亡くなってしまったのはお金が原因ですが、世話を焼いてくれた近所のお兄ちゃんによって、風太郎も正しい道を歩めたのではないだろうか?と思いました。
自分の為に止めてくれた人を殺めてしまう…ここが同情も共感も出来ない。
…いや、逆にそれでいいのかも知れません。
松山さんが会見で「今の時点では、世の中全て金と言っている風太郎の味方になろうと思ってる。そこからどう風太郎の価値観から離れていくかが大事」と語っていました。
付かず離れずの微妙な距離で、風太郎という人物を見た方がいいのかもしれない。

ベラの煮付けが美味しそうでした。
ベラって魚、初めて知りました。小さい魚だけど捨てられちゃうなんて…“MOTTAINAI”ですよね。(検索してみると結構美味しいらしいです。食べてみたい!)
「ありふれた奇跡」も好きなんですが、食べ物が出てくるドラマはいいですね~。
高価な料理より、子供の頃に食べた料理が一番心に残ってます。
ふとした時に「ああ、食べたいな~!」って無性に思います(^-^*)
風太郎もベラの煮付けを食べた時、感情が溢れそうでした。
母親との思い出の味…
人違いで無理矢理店に引き込まれたのに、代金をちゃんと支払って行ったのは、風太郎の感謝の気持ちでしょうね。
これから、思い出の味の為にちょくちょく伊豆屋に食べに来るのでしょうか?
風太郎の心の拠り所に?
店の人はみんな温かい人だったけど、貧乏って言ってたのが気掛かりです。
あまり経営が上手くいってなさそうな…(アリアケ(by流星の絆)みたいに看板メニューがあればな~)

風太郎と緑は小さい頃に一度会ってたんですが、緑は覚えているんでしょうか?
風太郎がマカロンをこっそり持ち帰ろうとしてたのを見て激怒した事を。
どうぞって出した物だし、あそこまで怒る事ないんじゃないかな~と思いましたが(^_^;)
(そういや私マカロン食べた事ない;カラフル過ぎてお菓子に見えなくて…おもちゃみたいに感じる)
でも、やはり断りも入れず勝手に持ち去るのはいけない事かも。
多分緑は、風太郎の様な貧しい人間に今まで関わった事がないんでしょうね。
食べるのに必死な人がこの世の中には居るって事も。
風太郎は緑の事をどう思ってるんだろう?
造船会社で働く事になった時、手に入れてやるみたいな事を言ってたけど…
車に飛び出したのは、やっぱりワザとですよね(-_-;)
更に目覚めた時ニヤリとして「ひょっとして緑さんですか?」とわざとらしく尋ねる風太郎… (((;゚Д゚)))
これから風太郎は人によって自分を変えて人それぞれに違う芝居をしていくらしいのですが、予告で萩野聡に見せた顔は今までの風太郎とは違う善人の顔を曝け出してますね~…。
緑の妹の茜は頬にアザがあって、それが理由で外に出たがらないみたいだけど、ファンデーションで隠せるってゆーのは突っ込んではいけない所でしょうか(笑)
でも、元々の傷は消える訳じゃないから、女の子としては気になるものですね。
そんな茜に風太郎は何やら持ちかけるみたいで。

風太郎の母、桃子は「大事なのはお金じゃなく人の心」と風太郎に教えていました。
そんな母親が亡くなって、結局は世の中金なんだと思い知らされる。
現実は厳しいもので、今の時代も変わらず心よりもお金の方が大事なのかも知れない。
「金が全て」と風太郎の言っている事は正しい。
お金がなければ、生きてゆけない。
ただ、裕福ではなくともその人の心が満たされているなら、それが幸せなのだと思う。
宝くじが当たって人生が狂った人だっている。
株で大儲けしたのに、その金をまた株に注ぎ込んで使い切ってしまう人だっている。
大金を掴んでも、幸せを感じられない人だっている。
風太郎が母親の言葉の意味に気付く日は来るのでしょうか。

*ドラマ「銭ゲバ」公式サイト

| ドラマ | コメント(0) | トラックバック(20)| | TOP↑

≫ EDIT

銭ゲバ

銭ゲバ
 オレは美しいものが好きズラ。
 美しい人の心が欲しいズラ。
 真実というものがあれば、命を懸けて追い求めるズラ。
 だけど、人の心は美しくないズラ。人間はみんな汚く、いやらしいもんズラ。
 だから、オレが信じるのは「銭」だけズラ。
 「銭」があればなんでも手に入るズラ。
 「銭」こそ正義ズラ。
 「銭」があれば寂しくないズラ。
 「銭」があれば幸福ズラ。
 だからオレは、「銭ゲバ」として生きてやるズラ。


次クールの観たいドラマはコレです!
1月17日スタートの「銭ゲバ」(日本テレビ:土曜9時)!!
松山ケンイチさんが出てるからっていうのもあるんだけど、セクロボの時とプロデューサーが同じって知って絶対観るぞ!と。
「銭ゲバ」という漫画が原作らしいんですが、おおまかなストーリーを調べて驚愕…
聞いてるだけでも耳を塞ぎたくなる様なショッキングなシーンが多いです。
でも、イントロダクションのドラマ化についてのコメントで「本質はそこではない」とあり、私自身もこれは誰が出てようと関係なく観るべきだと思う様になりました。

蒲郡風太郎は、小さい頃の出来事がキッカケで“金”しか信じなくなる。
その後も誰も信用せず心を開かずに大人になっていく風太郎…
ドラマが始まる前に、原作を読もうかすごく迷いましたが、止めました。
原作と違う部分もあるだろうし、何より風太郎の行く末を先に知りたくないと思ったからです。
ドラマ終了後にじっくり読みたいと思います。
これが正しい選択なのかわかりませんが…
ドラマ、楽しみです!

ドラマ「銭ゲバ」公式サイト

原作
ジョージ秋山
銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)
銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)
ジョージ秋山

関連商品
銭ゲバ 下 (2) (幻冬舎文庫 し 20-5)
アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))
アシュラ (下) (幻冬舎文庫 (し-20-3))
武士道というは死ぬことと見つけたり (幻冬舎文庫)
さよなら(初回限定盤)(DVD付)

スタッフ
岡田惠和(脚本)
大谷太郎(演出) / 狩山俊輔(演出)
金子隆博(音楽)

キャスト
蒲郡風太郎野々村真一・二役)…松山ケンイチ
 └幼少期…齋藤隆成
蒲郡健蔵(風太郎の父)…椎名桔平ブログ
蒲郡桃子(風太郎の母)(寛子・二役)…奥貫薫
三國譲次(三國造船社長)…山本圭
三國緑(三國家の長女)…ミムラブログ
 └幼少期…森迫永依
三國茜(三國家の次女)…木南晴夏
桑田春子(三國家の家政婦)…志保ブログ
萩野聡(刑事)…宮川大輔
菅田純(刑事)…鈴木裕樹ブログ
野々村保彦(伊豆屋店主)…光石研
野々村祥子(保彦の妻)…りょう
野々村晴香(保彦の妹)…たくませいこブログ
野々村由香(伊豆屋夫婦の姪)…石橋杏奈ブログ
‥1話ゲスト‥
寺田(派遣社員)…田口トモロヲ
荻野宏(萩野聡の弟)…近藤公園
‥2・3話ゲスト‥
白川正輝(緑の友人)…田中圭
‥4・5話ゲスト‥
枝野良夫(派遣先の同僚)…柄本時生
‥6・7話ゲスト‥
荻野加奈江(荻野の妻)…宮本裕子
袴田(風太郎に出会う老人)…品川徹(7話)

主題歌
さよなら かりゆし58(2/4発売)
さよなら
さよなら(初回限定盤)(DVD付)はこちら
かりゆし58 公式サイト

関連ニュース
松山ケンイチDVDオリジナルインタビュー
『銭ゲバ』から『聖書』まで、ジョージ秋山が語る人生の極意(インタビュー)
銭への欲望と満たされない心を描く問題作!
松山ケンイチ「銭ゲバ」インタビュー
主題歌「さよなら」の「着うた®」をレコチョク限定先行配信
「銭ゲバ」制作発表:ホリプロ
ドラマ「銭ゲバ」第426回日本テレビ放送番組審議会(1):youtube
ドラマ「銭ゲバ」第426回日本テレビ放送番組審議会(2):youtube
ドラマ「銭ゲバ」第426回日本テレビ放送番組審議会:文字に起こした物
ドラマ「銭ゲバ」企画意図(あなたと日テレ):youtube
ドラマ企画意図(あなたと日テレ):元動画
ドラマ企画意図(あなたと日テレ):文字に起こした物
“松ケン”が再び異色キャラを熱演!
【制作発表会見】土曜新ドラマ「銭ゲバ」
ドラマ「銭ゲバ」制作発表 写真特集
松山ケンイチインタビュー(銭ゲバ)
松山ケンイチ、「銭ゲバ」の制作発表に出席

ロケ地情報
ロケ裏話~銭ゲバ編~:相模原フィルムコミッション
銭ゲバ 詳細ロケ地情報
ドラマロケ地案内

関連商品
「銭ゲバ」グッズ(日テレ屋web)

銭ゲバDVD-BOX銭ゲバDVD-BOX
松山ケンイチ, ミムラ, 宮川大輔, 木南晴夏


Amazonで詳しく見る
銭ゲバ オリジナル・サウンドトラック銭ゲバ オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ 金子隆博

ドラマ 2009年 04月号 [雑誌]ドラマ 2009年 04月号 [雑誌]
岡田惠和『銭ゲバ』1・2・5回のシナリオ収録
ジョージ秋山WORLD タブーを畏れぬ愛と自由の漫画家・傑作選!
ジョージ秋山
4777110338

| ドラマ | コメント(2) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

あけおめ!&しんプレ情報♪

いまさら感アリアリですが一応
あけましておめでとうございます

いや~、年末は突然義父&義母がこっちに来たりで慌ただしく過ごしました;
去年と同じくまた大量の餅があらゆる所から送られてきて困っとります(^^;)
年始は絶対太ってしまう;;
3年連続同じ神社にお参りしておみくじを引いているのですが、末吉、吉ときて今年は大吉でした
嬉しかった~今年も頑張ろう!!

さて、話は変わりますが…
高橋しん先生から今年も年賀状を頂きました

お忙しいのに、一ファンでしかない私にこうして送って下さるなんて…ホントにありがとうございます
年賀状にお知らせがたくさん記載されていました!
「花と奥たん」の第4話が、スピリッツに3月頃掲載されるとの事です!
そして単行本は4月頃発売になる予定。
「きみのカケラ」は、7巻が6月以降に発売されるそうです。
しんプレによると、8巻と9巻が同時発売になるらしく、9巻が最終巻になるみたいですね。
今回も描き下ろしがかなりあるみたいなので、雑誌で読んでいた方にも新たな気持ちで読めると思います。
そしてそして、前から囁かれていた新連載の情報が!
タイトルは「今日、この小さなチカラであなたが、」
まだ仮題みたいですが、ネームはコミック1冊分以上は完成してるとの事。
こんなにお知らせがあるなんてすごいです~!
去年はあまり動きがなかったので寂しかったのですが、地下ではかなりのハードワークをされていたんですね。本当にお疲れさまです。


2009年、みなさんにとってどんな年になるのでしょう。
世界では色々な事が起こってあまり明るい話題が少なくなってるけど、少しでも明るく楽しく過ごしたいです。
そして…scrap**うわのそらブログ*に来て下さった全ての方へ。
昨年は仲良くして頂いてありがとうございました!
こうして続けられているのもみなさんのお陰です。感謝しております。
本年もよろしくお願いします

追記
BBSやブログのみなさんへのコメント返し出来ていなくてスミマセン(>_<)
今日か明日中には必ずしますので待ってて下さい~!

| SHIN presents! | コメント(2) | トラックバック(0)| | TOP↑

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。