[PR]

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

「マイガーデナー」紡木たく

マイガーデナーマイガーデナー
紡木 たく


Amazonで詳しく見る
「自分を捨てちゃだめだ
  さな
 おまえは
 愛されている」


2007年の後半から、当ブログに“紡木たく”のキーワードで来客が多かったのが気になっていました。
大した記事は書いてないのに何故?と不思議に思いつつ、久しぶりにファンサイトRecollectionsを訪れたらなんと!
紡木たくの12年ぶりの『新刊』が年末に出るとのこと。
全く知らなかったので有り難かったです。

そして発売され、すぐに買って読んだのですが早く書いてまだ知らない紡木たくファンにも知って貰おう、きっと喜ぶはずだから。
…と、思ってたのに、後から後から書きたい事が湧いて来てなかなか思う様な感想が書けず。
大分経ってしまいました;

ページ全てをコマ割りされた漫画形式ではなく、どちらかといえば小説と挿絵の様な感じでページ毎に散りばめられていたのが印象的です。
漫画特有の“フキダシ”はひとつしかありません。
出版社は最初は小説があっているんじゃないかと考えていたそうです。
しかし、それでは紡木たくの絵が生かされない。
コミックとして出版してくれてよかったです;
でも、今回紡木さんが描き下ろしてくれたことで新たな疑問が沸き上がりました。
何故集英社からではなく、小さな出版社だったのでしょう。
「描きたい」と考えていた時に誘われたので、タイミングがぴったりとはまったのかな。
今回の件で、編書房というのを初めて知りました。
HPを見て、(失礼ですが)とても小さな出版社だな~と思いました。
編集雑記を読みましたが、色々苦労もあるみたいで…
帯に“たすけたかったんだ”とあるのですが、もうひとつの意味でこの小さな出版社を救う為に一役買ったのかなとか妄想してしまいました。スイマセン(;´・ω・`)
でも、著者の言い分を丁寧に扱って本にしてくれそうな感じもしました。

驚いたのは、当時と全く変わっていない細い線のタッチ。
きっと現役を離れてもずっと描かれていたのでしょう。
馴染みある水彩で描かれた風景。
そして、各々に訴えかけて来る人物たち。
今まで何度も読み返しました。
その都度、喉の奥がキュッてなる。
そして同じところで泣いてしまう。
私は、一気に12年前に引き戻されました。

『ほんものの愛』を知らない15歳のさな。
母親は再婚してその人との子をもうけた。名前はまな。
義父は優しいし、まなはかわいいのになかなか“家族”になれないさなは、沈んでしまいそうになる度「小てつ」の事を思い出し、いつも心の寄り所にしていた。
中学に入ってユキと出会う。
施設育ちの子でみんなから慕われ人気者だったユキが、さなは憧れだった。

紡木たくさんは本当に、中高生を描かせたら上手いですね。
ホットロードの時もそうだったけど、その当時私も同じ年頃で抱いていた心情とか心の揺れとか反発心とか憤りとかやるせない気持ちとかすごくリアルだった。
なんで今もそれを描けるんだろう?
紡木作品には、男女から絶大な支持を得ているカリスマ的な男の子がよく登場する。
その男の子に少し遠くから抱く恋心が、なんともいえない位初々しく「こんな気持ちあったな~」って共感してしまう。
これは紡木さん自身が、そういう男の子への恋を経験してきたからなんだろう。
この人は永遠にティーンエイジャーなのかも知れない。

自我が目覚め始める多感な時期に「今日から一緒に暮らす家族だからね」なんて言われても、きっとすぐには受け入れられないもんだよね。
さなの場合も同じで、小てつ(人)と少し距離を保ってしまっていた。
小さいときから傍にいた小てつ(犬)の方が、さなにとっての実質の親だったんだろうな。
でも、小てつは死んでしまったから支えがなくなった。
さなと家族は未だに距離があいている。
本当は甘えたかったんだろうけど、まなが生まれてそれが出来なくなった。
愛情を取られた様な気がして(ホントはそんな事ないんだけど)、自分は愛されてないのかなって何となく感じて…
家族から距離を置いていたさなも、ユキの前では素直になれる。
ユキが小てつみたいな存在に思えてくる。

さなが熱を出した時に「神さまはいるの?」と訊いたら、ユキは「いる」と答えた。
ユキは小てつ(人)が、さなの神さまだってわかっていたんだね。
でもさなは、その時はまだわからない。
自分は独りで生きている気がする。
「家族だなんて思ったこと一度もないから」
子供に言われてこんなにもショックな言葉はないでしょう。
その時は気付かないけど、大人になって自分が親の立場になって変わったらなんて事を言ったんだろうと気付くはず…

今は幸せな人でも、過去に辛いことを経験していたりする。
それを隠してるわけじゃないけど、何とか乗り越えようと頑張って生きている。
そんな人の姿を知って、さなは自らも歩み寄ろうとする。

シロの事や家族の事が、私の経験してる事、して来た事と重なってしまい、読むとどうしても泣いてしまいます。
これは私の物語でもあるなぁなんて思ったり。
マイガーデナー
どんな人にもきっと心になにか響いてくると思います。

紡木たくさん、ありがとう。
また描いて欲しいです。

*編書房
*編集雑記
*読者からのメッセージ(私が寄せたのも載ってます 笑)
*コラムニストによる書評
*少女まんがアーカイブ「ホットロード」:s-woman.net
シェアブログ1189に投稿
スポンサーサイト

| 漫画 | コメント(6) | トラックバック(0)| | TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。