[PR]

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

「花と奥たん」第6話(前編) ビッグコミックスピリッツに掲載♪

きみのカケラ」最終巻のコミック作業などで一時停止中だった「花と奥たん」。
今回は前後編になって、週刊ビッグコミックスピリッツ50号 (2010年11月15日発売) に第6話 : 仲良しふたつごはん(前編)が掲載♪
巻中カラー3ページ、全35ページです。
奥たんとPたんとうるわしが丘の人たちの2日間を追った、シリーズ初の前後編!

ナタリーで、花と奥たん『エピソードゼロから1年3ヶ月ぶり』と書いていて「えっそんなに前だったかな?」って思いました;
きみのカケラを読んでたからそんなに前じゃない気がしたのかな~。

後編は11月22日発売号 (51号) に掲載されます♪

*花と奥たん♯6が完成しました☆★☆
*高橋しん「花と奥たん」久々の最新話掲載、初の前後編:コミックナタリー
スポンサーサイト

| 花と奥たん | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

「花と奥たん ○ エピソードゼロ」月刊!スピリッツ

月刊!スピリッツ 2009年 10/1号 [雑誌]
550円
小学館 2009-08-27

「花と奥たん」(エピソードゼロ(第0話):夏野菜とヒミツのスープカレー)
感想書くのが遅れてしまった;
「花と奥たん」は巻頭カラーです♪
宇宙空間からの描写が出てきてちょっとビックリ。
日本人が乗り込んでるみたいで、日本の大地に現れた巨大な花を見て驚いていました。
宇宙から見てもあんなにデッカイのか~。
本編は、予想してた通り旦那さんと離ればなれになる前のお話でした。
でも全然ラブラブとかじゃなくてケンカしてて朝の「いってらっしゃい」もせず…
結構ガンコものやな、モモさんは;

都心に現れた巨大な“つぼみ”に、最初は戸惑っていた人々の動揺も幾らか納まり、擁護をする人まで出てくる始末。
あのタクシーのおっちゃんが道に突然現れたみたいな言い方をしてたけど、花に飲み込まれ人々や物が消えて行く様子がテレビの砂嵐みたいな感じだった。
夕方頃、旦那さんがモモさんに謝りの電話してますが自分の身に危険が及んでいるのを知っていたからわざわざ公衆電話?を探して掛けたんでしょうか。
でもモモさんの返事は「ゆるさないけど」。
フツーに「ゆるさない」じゃないのがイイかな。
“けど”が付くことで電話を掛けてきてくれたのがホントはすごく嬉しいのに、口に出せなくて素直になれなくてちょっぴりの抵抗っていうカンジ。
だからそんな風に素直になれない気持ちを、モモさんは精一杯の手間ひまを掛けたお料理で旦那さんに『おかえし』しているのかも?

モモさんの料理にいつも同じ反応を示す旦那さん。
私の経験ですが、自分の体調によって料理の味は変わります。
自分の体が欲しているものに味付けを近づけてしまうんですよ。
だから、肉じゃがでもやけに味が濃かったり薄かったり。
モモさんはそんな旦那さんの反応が不満そうでしたが、彼は『いつも変わらずおいしいモノを作る』ことが何より大切で大変な努力がいるとわかっているので感謝しているという言葉の表れではないかな?と思ったり。

しかし今回のレシピはコスト的にきびしー(・ω・;)伊勢エビたん…
でもでも内容はトマトとかアボガドとか私の好きな具材ばかり。
今度作ってみます♪(伊勢エビは代用するしかない;)
今後はまた週刊の方に戻って続くのでしょうか。
あの花が植物じゃない可能性?なんかも出てきて気になります~。

付録に灰原薬先生が描く「花と奥たん」の別バージョンカバーが付いてきました♪

モモさんがとっても凛々しくて“戦う主婦!”って感じがします。
荒んだ場所に居るのに、長ネギが生活感を醸し出してるとゆうギャップがまたいいです(*`゚∀゚´)
このカバーが出来上がるまでの打ち合わせ、高橋しん先生、灰原薬先生、関善之さん(最終兵器彼女&きみのカケラの装丁を手掛けた方)のメールのやり取りも掲載されています。

そして、今号の表紙になった奥たんのQUOカード&サイン色紙プレゼントがあります♪(しんプレに画像あり
商品:高橋しんサイン色紙…2名、QUOカード100名
応募方法:本誌に付いている応募用紙を官製はがきに貼って下記の宛先に送る。若しくはQRコードをケイタイで読み取り応募。
〒101-8022
東京都神田郵便局私書箱22号


締切:2009年9月26日(当日消印有効)
発表:2009年10月27日発売の月刊!スピリッツ誌面にて

それから「きみのカケラ」7巻が10月16日に発売されるようです!!

今回は他の気になった作品の感想もちょっとだけ書いてみます~。

「青みゆく雪」宇仁田ゆみ
元々女性向けの雑誌で連載している方だそうで作品を読むのは初めて。
中国人留学生と日本人女性の恋のお話。
相手の家に上がっちゃってご飯一緒に食べてる時点で、もうこれは脈アリと言ってる様なものじゃないか~!(私だけの価値観だけど)
言葉がカタコトなせいで幼く見えちゃうってのわかる気がする。
自分からキスしといて「歯ァみがけよー!」のオチ、よかった(笑)

「今日のアスカショー」モリタイシ
このカンジ、キライじゃない。セリフが少ないその分人物の顔で状況がよくわかる(笑)
同性のおばさんとおばあちゃんだけ気付いてないトコロもナイス( ̄▽ ̄*)
天然なのかも知れないけど男性陣を翻弄するあすかになんだかストップひばりくん!を思い出したのは私だけか。

「淀川ベルトコンベア・ガール」村上かつら
淀川の景色が懐かしかった。かつてこの付近で働いていたから。
なのでこの作品に情を感じてしまった。関西弁なのもいいなぁ。
ライン工場という限定された中でのストーリー展開だけど、それが逆にこれからの外への広がりを大きく感じさせてくれそう。

「ミル」手原和憲
個人的にネコの時よりばあさんver(外見は女子高生だけど)の方に萌えた(笑)
あんなおばあちゃん、傍にいて欲しい。

「そんなんだからおまえらは。」葛西りいち
「あしめし」は貰ったので知っていました。
あの新キャラは架空の人物っぽいけどそこんとこどうなんやろ?
一番気になるのはやっぱマック先生。どなたか分かんないけど好きな雰囲気を持っています。

*「花と奥たん◯」エピソードゼロ本日発売!!:しんプレ
*月刊!スピリッツ

| 花と奥たん | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

「花と奥たん エピソードゼロ」が月刊!スピリッツに巻頭カラーで掲載

月刊!スピリッツ 2009年 10/1号 [雑誌]
550円
小学館 2009-08-27


週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の「花と奥たん」ですが、8月27日に新たに創刊される月刊!スピリッツという雑誌に、「花と奥たん エピソードゼロ」(番外編?)が掲載されるようです♪
どんな話だろ~?モモさんと旦那さんが離ればなれになる前のお話かな??

この雑誌はスピリッツの月刊版みたいですね。
作家ごとのページ数が40~70ページと多く、じっくりと読み応えのあるものを目指したそうです。
総ページ数600ページ超にも及ぶという事で結構分厚いものになりそう。
今明かされているのはこんなラインナップ。今後増えると思います。
(また詳細が明らかになりましたらここに追加していきたいと思います)

『花と奥たん エピソードゼロ』高橋しん(表紙&巻頭カラー44ページ)
『逆襲のオレ×ヨメ』北崎拓(58ページ)
『今日のあすかショー』モリタイシ
『黒×羊~12人の優しい殺し屋~』木根ヲサム(74ページ)
『古代ローマ格闘暗獄譚SIN』義凡(原作)、信濃川日出雄(作画)
『そんなんだからおまえらは。』葛西りいち
『Summer Seminar』衿沢世衣子
『Dの魔王』柳広司(原作)、霜月かよ子(作画)
『淀川ベルトコンベア・ガール』村上かつら
『青みゆく雪』宇仁田ゆみ
『ものものじま』野村宗弘
『ピペドン』羽生生純
『Rolly♥婚』ムロ・ゾノフスキー
『絶体生徒会長!!大熊猫さん』岡田有希
『伊藤潤二、大いに挑戦する~社会科大見学』伊藤潤二
『月刊 大ハシ正ヤ』大ハシ正ヤ
『新ダイナマ伊藤!』杉本ペロ
『死神のわけまえ』荒井ママレ(第63回新人コミック大賞青年部門:入選作)
『ミル』手原和憲(第63回新人コミック大賞青年部門:入選作)

 荒川弘×ゆうきまさみ対談
 特別付録:高橋しん×灰原薬「花と奥たん」別バージョンカバー
 封入:ゆうきまさみ作品のキャラクタークリアファイル

(以上、順不同)
getsuspi01.jpggetsuspi02.jpg
B5判、価格550円、毎月27日発売。

*月刊!スピリッツ
* 月!スピ掲載陣に衿沢世衣子、羽生生ら豪華作家続々発表:コミックナタリー
*『ビッグコミックスピリッツ』初の月刊誌『月刊!スピリッツ』が新創刊:オリコン
*月刊!スピリッツ新創刊。高橋しん、モリタイシら参戦:コミックナタリー

| 花と奥たん | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

「花と奥たん」1巻 感想

花と奥たん 1 (ビッグコミックススペシャル)花と奥たん 1 (ビッグコミックススペシャル)
高橋 しん


Amazonで詳しく見る
高橋しん読み切りシリーズ「花と奥たん」1巻を買いました♪
私は4~5話を見逃していたのですが、物語が動き出したのがこの辺りでワクワクしながら読めました((*'▽'*))
感想の前に、まずは全体的な本の仕様からご紹介!
okutan04.jpg 
↑装丁がエンボス仕様になっています♪
レシピや写真などのカラーページがあって漫画というよりエッセイ(ちゃんと漫画ですよ!)みたいな印象。
okutan02.jpg okutan03.jpg
このカラー仕様は本編にもあるんですが、1ページ毎のカラーだけでなく一部分だけカラーという、斬新なもの。
特に食べ物や印象的なシーンに使われていました。

ここから感想です。
東京に巨大な植物が育って花が咲いた日に、旦那たんが帰って来なくなってしまった奥たんの日常。
今度またあの花が咲いた時の事を想定して、周りの人はみな色々な噂や不安に支配されている中、奥たんことモモさんが至ってフツーの暮らしをしている事に、最初は「なんて無関心な人なんだろう(; ̄▽ ̄)」という印象でした。
でも、モモさんもちゃんとわかっていることに気付きました。
見て見ぬフリっていうんじゃなく、その現状に対して上手く付き合っていってるというか。
周りが変化していっても自分を失わないというか…
ある意味、すごく強い女性なんですよね。

そのクセ、旦那たんの事に関してはめっぽう弱く、パン派だった自分に対してご飯派な旦那さんに強く出れなかったり、旦那宛の意味深な手紙を読んで浮気してんじゃないかと気になって気になって仕方なくってフキゲンになったり、住所を頼りに確かめに行ってたり(^_^;)
こういうとこが可愛らしいです。
突然現れた巨大な花のこと、普通ならこっちが一大事で心配事だと思うのですが、奥たんは自分の周りの小さな世界(コロニー)の方を大事にしている。

そんな茫洋としている奥たんに周りの奥様たちは最初付いていけなくて関わりを持とうとしませんでした。
配給が途絶え米不足の現状を討論している中、無ければ作ったらいいんじゃないかというあっけらかんとした奥たんの提案に最初は無理だと笑うものの、実際に苗を育てていく内に彼女等も生き生きとしてきました。
ここらで採れた農作物は危険だからと決して手を出さなかった彼女達も、それを使った奥たんの料理を食べたり笑顔が戻ったり。
閉鎖的に成らざるを得なくなった世の中を、自分達で変えてゆく事によって明るいものにするのは簡単じゃないけど考え方ひとつで全然違ったものになるんだと感じました。

ビックリだったのは奥たんがバイクに乗っっていたこと(笑)
ちょっと色々どんくさそうな彼女が試験をパスしていたなんて……もしや、無免ですかね(;゚∀゚)?
でもどちらにせよ、バイクの乗り方は知っていたんだよね。
この4話のエピソードは好きです(*´∀`*)♪
家と庭とスーパーの行き来だった(いつも迷ってそれなりの冒険はあったけど 笑)奥たんの世界が一気に広がってくカンジ。
心配していた“アサミさん”は男の人だったよう。
でも彼は今自分の店には居ないんですね。どこ行っちゃったんだろう…

一番好きなのは4話だけど、5話もいいですね~♪
モモさんと男の子の関係がちょっと笑えました。
外から奥たんという人間を見ると、きっとこう見えるんですよね…(´▽`;)
ちょっとフシギな生き物(笑)
『東京森』からたった1人帰って来れたという男の子は、実はその手前で怖じ気づいて逃げ帰ってきてただけ…
他の人はどうして帰って来ないんだろう。いや、帰って来れないのか。
学者の推理によると高濃度の酸素が停滞していて、人体に影響を及ぼすからだという。
確かに酸素ってのは人にとっても無くてはならない物だけど、濃度の高い酸素を長時間吸引する事は悪影響だと私も知っていました。(ペットの酸素ボンベを借りているのですが扱いが難しいから気を付けてと注意されています)
あの付近は植物の増大によって、そういう環境になってしまってるって事なんでしょうか。
でも皮肉ですね。酸素が無ければ生きていけない人間がそれによって苦しめられるってのが…
物語を追って行く内、花の蕾も段々増えてきてるんですよね。『花が咲いた時』どうなるんでしょう?
隊員のひとりの話で「高めのビルに「花」みてーなモンが無数についてたらそいつがいっせいに―」と言ってましたが…それ、ありましたよね?
109のビルに巻き付いて花が咲いていた…

やっと物語が動き出し、先が気になります。
旦那さんはいつか帰ってくるんだろうか?

Pたんのうろ覚えレシピは難解です(; ̄▽ ̄)
「白い粉 適量」
「庭の怖いヤツが産んだ 2個」
「すっぱい何か 90cc」とか;
でも、漫画をちゃんと読んでればわかるんですよね(笑)
自分の好きなものにはハートマークを付けてたりしてるのがかわいい(o'ω'o)
いつかこのレシピの中から実際に作ってみようと思っとります♪

*過去の感想*
*第一話:タラのワイン蒸し ミニトマトソース
*第二話:カボチャとゴーヤーのスパイス煮
*第三話:梅干しとごはん

| 花と奥たん | コメント(0) | トラックバック(1)| | TOP↑

≫ EDIT

「花と奥たん」1巻発売&特大書店配布用ポスタープレゼント!

花と奥たん 1 (ビッグコミックススペシャル)花と奥たん 1 (ビッグコミックススペシャル)
高橋 しん


Amazonで詳しく見る

高橋しん読み切りシリーズ「花と奥たん」1巻2009年4月30日に発売になります♪

雑誌掲載時より沢山のカラー演出を含めた、増ページ&リファインです★
更にカラーページでは実際にしん先生が作ったお料理写真を元に、奥たんのレシピをPたんが紹介するコーナーも有り、スピリッツ紙面で読まれていた方も未読の方も楽しめる盛りだくさんな作りになっています!(しんプレより)

大切なひとのために、ごはんを作って待つ。
そのしあわせと苦労を、まとめて召し上がれ。

第1話  タラとワイン蒸しミニトマトソース    46p
第2話  カボチャとゴーヤーのスパイス煮     44p
第3話  梅干しとごはん             46p
第4話  ヒジキづくしごはん           44p
第5話  手間たっぷりのちらし寿司        50p


そして、スピリッツ公式サイトによると「花と奥たん」の書店配布用A2サイズの特大ポスターを、若干名に抽選で贈呈!!
だそうです♪画像など詳しくはこちらも見てね↓
【花と奥たん】特大書店配布用ポスタープレゼント!!
【花と奥たん】ポスタープレゼントについて(追記)

応募方法:
メール件名に「花と奥たんポスタープレゼント
本文に「氏名/年齢/住所/電話番号/職業」を記入
スピネット spi-net@shogakukan.co.jp までメールをお送りください。
締切は5月20日までです。(※当選者発表は発送をもってかえさせていただきます)

ポスター応募しました!当たったらいいな~♪
Pたんのレシピ紹介コーナーが何気に楽しみ(*′∀`*)ノ

*「花と奥たん」第1集 明後日発売!:しんプレ

| 花と奥たん | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

「花と奥たん」1巻 発売!

花と奥たん 1花と奥たん 1
高橋 しん


Amazonで詳しく見る
「花と奥たん」の1巻が、2009年4月30日に発売されますョヾ(*゚▽゚*)ノ♪

雑誌掲載時よりトータルでおよそ14~6ページ増量して、カラーページも全収録+増加だそうです!

| 花と奥たん | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

高橋しん読み切りシリーズ「花と奥たん」vol.5掲載!

「花と奥たん」(第五話:手間たっぷりのちらし寿司)
3月16日(月)発売の週刊ビッグコミックスピリッツ 16号に掲載されます!
センターカラー43Pです♪

約4ヶ月半ぶりの掲載です!
今回の奥たんはどんなお話になるんでしょう?

*ビッグコミックスピリッツ SPINET

| 花と奥たん | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

高橋しん読み切りシリーズ「花と奥たん」vol.4掲載!

「花と奥たん」(第四話 : ヒジキづくしごはん)
11月10日(月)発売の週刊ビッグコミックスピリッツ 50号に掲載されます!
四回目となる今回の連載も巻頭カラー40Pです♪

「これ、どこの鍵?」
たとえ世界が
崩壊を始めても…
奥たんは夕げの支度を
欠かしません。

たとえ、旦那たんが
いつ帰るか知れなくとも…
たとえ旦那たんにある疑惑が
もちあがっても…??

謎の疑惑を晴らすため
ウサギのPたんと
アヤシイ列車に飛び乗ります。

でも、奥たん。今日のごはんは何にするの??

約3ヶ月半ぶりの掲載です~!
今回奥たんは列車の旅に出掛けるみたいです。
どんなお話になるんでしょう?

*「花と奥たん」第四話:しんプレ
*ビッグコミックスピリッツ SPINET

| 花と奥たん | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

「花と奥たん」第三話:梅干しとごはん

「花と奥たん」第三話目読みました~

奥たんは25なのか~。いままで説明あったかな?
北海道出身で嫁いだみたい。旦那が帰って来ない今、親からは戻ってこいと催促されているけど…
引き出しの中は出さず(出せず)仕舞いの手紙でいっぱい。

一話目からの印象だと奥たんは『男の一歩後ろを歩く』的な、何も言わず夫に付いていく古めかしい女性だと思ってたんだけど、無理してる部分があったんやなぁ。
ホントはパン派(ちょっと意外)なのに、ご飯派の旦那たんに合わせて夕食を作っていた奥たん。
わかるな~。家族が出来ると自分の好みだけの食事は作りづらい。
私はみそ汁に、じゅんさいとかみょうがを入れたのが好きなんだけど旦那はだいきらい。
それにシチューがあまり好きじゃないらしく、メニューに組もうとすると「やだ」と言われます(ううっ;)
さらに野菜嫌いでお肉大好きで、トンカツだの焼肉だの毎日でもいいと言うんですが、そんな生活してたらメタボになっちまうんで、月2~3くらいで我慢して貰ってます( ̄▽ ̄;)

パン派だったのに、いつの間にか『ごはん』を欲していた奥たん。
品薄状態+梅干しパワー(笑)があったからかも知れないけど、旦那たんから影響を受けていたのかもしれないね。
よく、「納豆が嫌いだったけど、いつも食卓に上がっていたら食べれるようになった」みたいな。
ちょっと違うか…?
でも夫婦は自ずと好みが似てくるものなんです。

『梅干しとごはん』素朴なのに最強の組み合わせですよね。
私もおにぎりで『梅』は一番好きな具材です。というか梅干しが小さい頃から単純に好き。
あと番茶とみそ汁が好きで、年寄りからは珍しいね~と可愛がられていました(笑)
おばあちゃんの漬けたしょっ辛い梅干しが好きでした。
だから私が漬けてる梅干しも少し塩分多め。

今回の奥たんも、梅を漬けることにチャレンジ。
梅干しをつくる作業は簡単なんですが、これほど仕上がりが個々で違ってくるものはあまり無いかもしれません。
人によって塩の種類も量も違うし、住む地域で気温が違うし天日干しの加減も変わってくるしね。

気になる『巨大花』は、過去に咲いた時、東京を死滅?させた程の破壊力があったらしい。
毒があるのは胞子?花粉?
なんか前より蕾が多くなってる気がするんだけど((( ;゚Д゚)))
奥たんの住んでる地域も影響が出始めてるっぽいのが気になる。

*しんプレ
*ビッグコミックスピリッツ SPINET

| 花と奥たん | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

高橋しん読み切りシリーズ「花と奥たん」vol.3掲載!


花と奥たん」(第三話 : 梅干しとごはん)
7月14日(月)発売の週刊ビッグコミックスピリッツ 33号に掲載されます!
三回目となる今回の連載も巻頭カラー44Pです♪

「あ、夕げの時間だ。」

たとえ世界が
崩壊を始めても…
奥たんは夕げの支度を欠かしません。

たとえ、旦那たんが
いつ帰るか知れなくとも…
奥たんは夕げの支度を欠かしません。

美味しいごはんを作るため
ウサギのPたんと
ほのぼの散歩に出かけます。

さあ、奥たん。今日のごはんは何にする??

梅干しとごはん!
最高の組み合わせですね~♪
どんなお話になるんでしょう?

*「花と奥たん」vol.3完成しました!:しんプレ
*ビッグコミックスピリッツ SPINET

| 花と奥たん | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。