[PR]

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

≫ EDIT

小畑友紀新作『forget-me-not』cookieで連載開始!

すごくお久しぶりですが小畑友紀先生の新作がcookieで掲載開始したのでお知らせです♪

Cookie (クッキー) 2012年 09月号 [雑誌]Cookie (クッキー) 2012年 09月号 [雑誌]

集英社 2012-07-26
Amazonで詳しく見る

タイトルは『forget-me-not』
表紙&巻頭カラー51pです!

紹介文によると、
『いじめが原因で自殺を試みた女子高生・梅乃の物語。
川に飛び込んだが一命を取り留めた梅乃は、ある病院に入院し、同世代の患者たちと交流し勇気付けられる日々を送る。』と。。

僕等がいた」同様、ちょっと重めな展開なのかな〜;
まだ読んでないんですが試し読みを見ると矢野っぽい男の子も登場してますね。
「わすれな草」か…
花言葉は「私を忘れないで」「真実の友情」「誠の愛」
尾崎豊さんの持ち歌にも同名の歌がありますがなにか影響とか受けてのこのタイトルなのかな?
また読んだら感想書きます。(ネタバレあり)





読みました〜!
いじめが原因で自殺を図った梅乃という女の子。
ストーリー展開がタイムリーすぎて怖いですが、連載は数ヶ月前から決まっていたものなのできっと偶然なのでしょう。

梅乃もちょっと自信過剰というか、自分がかわいい事にを持っていて「芸能界入りしたら忙しくなるだろうな」とか…心の中でだけ思ってたらそんなに問題なかったのかもしれませんが、普段からそういう事を周りにも言っていたなら「なにあの子うざい」「調子に乗ってんじゃねーよ」とかターゲットにされてもおかしくないくらいイタイ子だと思います;

いじめは「いじめられる方にも原因がある」と、言う人もいますが(主にいじめている側の主張)私はやっぱりいじめる方が100%悪いと思っている人間です。
自分達と見た目や性格がちょっと変わっているだけでそこをおちょくったり、価値観の違いからグループ内で無視をするとか…体や心がまだ未発達な子供はストレートに口や行動に移します。
まだまだ、相手を思いやる気持ちというものが育ってきていないのかもしれませんね。
大人になったらなったで、本音と建前とか相手の前ではいい人を装うとかイヤな知恵も働いてきますが;

友達いっぱい作って楽しい高校生活を夢見ていた梅乃。
現実は、ものを隠されたりイタズラ書きされたり独りでお昼ご飯を食べている毎日。。
死のうと川に飛び込むも一命を取り留め病院に搬送されます。
そこは小児がんの病棟で、いろんな子たちが全国からきて入院していました。
みんなは梅乃のこれまでの経緯や事情も聞いてこなくてすんなりなかよくなれた。
ひとりひとり重い病気と闘っていて、貴重な毎日を楽しく過ごそうとしている子供たち。
人の痛みとかもきっと同年代よりもわかってる子ばかり。

五体満足なのに死のうとした梅乃と、がんと闘って必死に生きる子たち。
お互いの存在が真逆をついているので、読んでいてこれから梅乃がその子たちと触れ合って意識がどう変わってくのか興味深いです。

それからここに登場する悠聖という少年、身なりから言動までどうみても矢野です(笑)
矢野ファンには嬉しいけど決して同一人物ではないので差別化して欲しい^^;
あ、でも矢野はどちらかというと自分が支えられたいというタイプでしたが、悠聖は相手を支えてあげたいって感じなのかも。
梅乃との会話でそんな感じがしました。
ただ、重いのは覚悟がいるから嫌いとか…なんか過去があるのか?!
そして彼が患ってる病気は「悪性骨形成性腫瘍」
悪性とか腫瘍とか聞くと、ドキッとしますね。。
大宮アルディージャに所属の塚本泰史選手が同じ病気で現役引退しています。
塚本選手は治療とリハビリを受け現在は東京マラソンで完走するほど快復しているみたいです(本当によかった!)
悠聖も同じ様に人工骨を埋めて現在はムリをしなければ生活できるレベルになってるみたいですね。
でも…ちょっと気になるのが、肺に転移する可能性が高く5年経過するまでは安心できないというもの。
悠聖も一旦は退院しても定期的に検査しなくてはならないって事なんでしょうね。
トビラのモノローグが『あの木の下で 待っているから』とかだったので、
あ〜なんだかイヤな予感がしますが。。
実際に物語に病名を出してきてるので、同じ病気と闘ってる人には配慮しなければならない難しいテーマを扱っているけど大丈夫でしょうか!?
どうか未来が感じられる展開であって欲しいです。

そして次回の掲載は〜何も書かれていませんでした^^;
クッキーは隔月発売なのですが11月号(9月26日発売)には情報ナシ、そうすると1月号(11月頃発売)?
いつなんや〜??

余談ですが、掲載作品に水沢めぐみさんがいてりぼん世代だった私には懐かしかったです!
ポニーテール白書の郡司くん好きだったな〜。
あいかわらずかわいい絵柄でお話も初恋モノって感じでほっこりしました^^

『Forget-me-not』第1話 試し読みはこちら

*小畑友紀がCookie降臨!「僕等がいた」終了後、初の新作:ナタリー


p.s.前のコメント返しが追い付かなくてすみません…ゆっくり返して行きますのでもうしばらく待っててください;
スポンサーサイト

| その他 | コメント(1) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

小畑友紀、cookie(クッキー)9月号で読み切り掲載!

obatayuki_yomikiri.jpg
ブログを休止と書いたのに、ニュースが飛び込んできたので更新します^^;

本日、2月25日発売のcookie4月号の「Soul Comic!!!」というコーナーで、小畑友紀先生が岩館真理子「森子物語」についてのインタビューが掲載されています。
これは毎回さまざまなマンガ家が「このマンガに育てられた」と感じる作品を語るというもの。

そしてびっくりしたのが、同雑誌9月号に読み切りを掲載するみたいです!
小学館から今度は集英社です。
9月号…といっても発売は7月末みたいですけどね。

上のイラストが、その読み切りの予告カットみたいです。
ほわわ~とした女の子に見えますが…どんなストーリーなんでしょうね?

*小畑友紀、Cookieで岩館真理子への愛語る。9月号に読切も


************

僕等がいた」最終回の記事にたくさんのコメント頂きありがとうございました。
こんなにも読んでた人がいたのか~と驚きました。
全てちゃんと読ませて頂いてます。
お返事は必ず書きますのでしばらく待っててください!

| その他 | コメント(5) | トラックバック(1)| | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。